稲刈りが始まりました

9月24日 快晴の中、黄金色に染まった田んぼでは稲刈り作業が始まりました。

由利本荘市では大洪水のあった8月、9月でしたが、天寿の町矢島では大きな被害もなく無事収穫できることを心から感謝しております。

Img_2332


稲の穂が実り頭を垂れています。

今年も順調に成長し、豊作となりました。

あと数日しか見れない黄金色の景色をもう一度ご覧ください。

Img_2334


天寿酒造のガランとした精米所には、あと少しで米俵ならぬ米袋が天井近くまで積み上げられることでしょう。

恵まれた環境に甘んずることなく、今期の酒造りも誠心誠意、技を磨きながら取り組んでいきたいと心新たに誓っているところです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2017 天寿の特別頒布会~Award Selection~

お申込み締め切り9月30日です。

期間を設けて、テーマに沿ったお酒を毎月1回お客様にお届けします。お客様にとっては、いつも飲んでいるお酒とは趣が異なる新しい味と出会う機会になります。頒布商品の一括お届けや、ご希望の商品のみのお届けはお受けいたしかねますのでご了承ください。

呑み比べ満喫コース

お届け期間 平成29年10月~平成30年2月
4,900円(送料・税込)×5回
清酒1.8L詰 各2本×5回

こだわり吟醸コース

お届け期間 平成29年10月~平成30年1月
5,800円(送料・税込)×4回
清酒720ml詰 各2本×4回

17aki_hanpukai

| | コメント (0)

「ひやおろし」好評発売中です

ひやおろしは、厳冬期に仕込んだお酒を一度火入れして貯蔵します。

一定の温度を保つ蔵で暑い夏を越すことにより、まろやかに熟成され穏やかで落ち着いた香りとなめらかな口当たりになります。

蔵内のお酒の温度と外気温が同じくなる頃に、出荷される秋が旬のお酒です。

秋には旨みののった食材が豊富にあります。その食材とも相性抜群のお酒です。

ひやおろし---名前の由来は、通常のお酒は貯蔵タンクから出す際に再度火入れをしますがひやおろしは、2度目の火入れをせずに貯蔵タンクからひやのままおろすので、「ひやおろし」とよばれるようになりました。

天寿のひやおろし 9月1日から発売中です。

旨みののった「ひやおろし」を是非、ご賞味ください。

720ml 1,350円(税別)

1800ml 2,700円(税別)

720

秋の食材を代表するものは、やはり秋刀魚(さんま)ではないでしょうか。

こんがり焼けた皮は香ばしく、身は締まって旨みがギュギュっとつまってますよね。

大根おろしにお醤油をたらし、秋刀魚の上にあげて身をほぐして食べる瞬間!

たまりませんね~

天寿のひやおろしをちびりと口に含むを秋の風が口の中を駆け巡るようです。

Dscn2477

| | コメント (0)

矢島八朔祭りが賑やかでした

9月9日~10日は、矢島八朔祭りがあり天寿のある町なかはとても賑やかでした。

9日の宵宮では、町の高台に鎮座する神明社の祭神の稲をつかさどる倉稲魂(うかのみたま)に豊穣を願い人々の安全を祈願する祭式が行われます。ご神体がお神輿にうつされ、高台から町中の弁財天を祭る宇賀神社へおくだりし神宿となります。翌10日正午、神宿を起ち町を巡行し再び神明社へ着座します。

八朔とは一日のことでかつては八月の一日に行われていたので八朔祭りと呼ばれております。

お神輿の巡行がある町内の家々では神様をお迎えするため、通りに面した座敷にお神酒と海の物と山の物、そして季節の果物などを段飾りにお供えしおもてなしします。

こちらは天寿本宅のお供え物です。

Img_0066


10日の神輿巡行とは別に6丁から趣向をこらした山車と踊りが披露されます。

天寿酒造の前では6丁の山車が止まり、踊りを披露してくれます。

Img_0393

Img_0249

踊り終わると、天寿のお酒がふるまわれます。

Img_0258

Img_0267

Img_0316


本日用意したお酒、気温がたかかったのでキンキンに冷やしてます。

Img_0069

古酒大吟醸720ml

純米大吟醸「天寿

「純米吟醸ひやおろし」720ml

純米大吟醸「鳥海山」

などなど、いろんなお酒を飲んでいただきました。

楽しい祭りを堪能させていただきました。関係者の皆様御苦労さまでした。

そして、ありがとうございました。

| | コメント (0)

呑み切りが行われました。

8月21日に県醸造試験場の研究員が天寿酒造に来蔵され呑み切りが行われました。

呑み切りとは、貯蔵中のお酒の品質をその年に初めてチェックする蔵元にとっては重要な行事です。

Photo


「呑み切り」の語源は、貯蔵する際、タンクの呑口を厳重に殺菌消毒し密封状態でお酒を保存します。その封を切るので呑み切りと呼ばれるようになりました。

造りのすぐ後に貯蔵する際も厳重に呑口を殺菌消毒し、火落菌に感染しないよう気を配るのですが、この呑み切りの時も封を開けたらまた厳重に殺菌消毒し封をし完全な状態で貯蔵します。ですから、この作業はとても緊張する作業でもあるのです。

呑み切りの検査は、県醸造試験場の審査官から全てのお酒において「異常なし」というお墨付きをいただきました。

Photo_2

28BYも天寿の酒蔵で徹底した品質管理のもと保管されて出荷の時を待っております。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

7月5日 新発売の純米吟醸「鳥海山」はご賞味いただけましたでしょうか。

300ml 450円(税別)

 

麹米に天寿酒米研究会産酒造好適米美山錦・掛米に秋田県産米

めんこいなを用い、なでしこ酵母で醸した純米吟醸酒です。

香り豊かでふくらみのある味わいです。

2017300ml_2


| | コメント (0)

窯場の改修工事

今年の春から窯場の改修工事が始まっており、9月末の完成を目指し急ピッチで進んでおります。

36年前に改築された窯場はまず解体作業から始まります。

窯場だけの改修のつもりが、窯場と造り蔵との間の防火壁が怪しいとのことで、はがしてみると改修せざるを得ない状況となり当初の計画より工事の増加に社長のこめかみはピクピクし、工事現場の監督の表情は強張ってたのが解体を終えた頃でした。

現在は、新しい鉄骨柱と壁板が貼られている状態にまで進んでおります。

現場の入り口には、壁材が準備されております。

Img_9835

新しい壁材が貼られた壁と天井の一部です。
Img_9834

古い釜があった場所は、こんな感じです。

Img_9830

9月末には完成し、ピカピカの窯場が出現することでしょう。

古い釜は存在感が大きく残せなかったのは残念ですが、新しい釜場で今年の新米が蒸されふんわりと優しいお米の香りが漂う事を想像するとワクワク致します。

工事関係者の皆様御苦労さまです。

無事故で安全な工事をお願い致します。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

身体を使うお仕事をされている方にお勧めのお酒は、呑み飽きしないスタンダードな純米酒がいいと思います。

日本酒は、疲れた身体を中からほぐしてくれるのでふんわりとした酔い心地です。

純米酒

1800ml 2,300円(税別)

720ml  1,150円(税別)

2017年度 ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞

2016年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銀賞受賞

2015年度 スローフードジャパン燗酒コンテストプレミアム燗酒部門最高金賞受賞
 

1800ml


| | コメント (0)

«稲の穂が出始めました