« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

*雪室氷点熟成 純米生酒 開封*

~~速報~~~*雪室氷点熟成 純米生酒 開封* 

待ちに待った、雪中貯蔵酒 開封に行ってきました。('▽')

Dscn0937 『ようこそ』とお出迎えしてくださったのは、杜氏さんです。

 開封前の雪室の前でパチリ☆!

Dscn0943 雪室開封のための綱を引くところです。

社長さんを先頭に、天寿ファンや、関係者の方々が綱を持ち、杜氏さんの掛け声で、『せぇ~~のぉ、。。』の綱引き ?・・・・

Dscn0944 ポカッ。。。。と、開封成功 o(^▽^)o

おぅ~~、いとしのタンクさんが、現れましたぁ

Dscn0949 栓を開けて、小さい容器へ『じゅゎ、じゅゎ~~』と移し替えて

第一弾が、運び出される瞬間です!

Dscn0973_1 

皆さんの、待つ元へ蔵人が運びます。

待ち人が多いので、蔵人も急ぎ足、、、、。。。

えっほ。えっほ。えっほ。

Dscn0970

待ち人の、一口目の笑顔です。これを見ただけで、出来栄えが良く分かります(*^O^*)

私は、仕事を抜け出して車で行ったので、試飲できなかったです(>_<。)

Dscn0960 そして、自分で瓶詰め作業、、、(これは、私ではありませんよ(/'O';)/)

こぼさないように。おっとっと。。。

Dscn0962 容器の中を覗いて見ました。い~~っい香り♪♪♪

容器の内側にお酒が、『ひたり』とくっついているのでとろ~り感が、伝わりますよね。

Dscn0986 自分で瓶詰めしたお酒を抱えて、『これから花見だ!』と、言う方がおりました。私は、今晩、お友達と解禁パーティします。(楽しみ~♪)

秋田より遠くで、解禁パーティーを開く方は、4/28~5/17期間限定販売ですからお早めにお申し込みくださいね。(鳥海山の残雪と、ふきのとうが同梱されての発送なので、春の香りお届けですなぁ~)

桜は、本当にGWに咲いてくれました。8分~9分咲きです。気温があまり高くないので、花は長持ちしてくれそうです。みなさ~~ん、ゴールデンウィークに、桜満開の秋田へおいでくださいなぁ~ (^ Q ^)/゛

天寿さんホームページで、最新の蔵元通信がアップされてました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

大吟醸:鳥海:しぼりたてにごり生酒

売り切れましたが、限定酒の紹介をするお約束を、してましたのでご案内させていただきます。

”大吟醸:鳥海:しぼりたてにごり生酒”3月22日発売でしたが、もうすでに売り切れなのです・・・・・・ (>_<) ガーン

Dscn0903 嫁入り前の姿をパチリ☆と、撮らせていただきました。

お味は、大吟醸の上品な香りがあり、口に含むとにごり独特のまったり感があります。口の中に長くとどまるせいか、濃~~~い味がします。

発売を待ってて購入する方が多くいるらしく、約2週間程で売り切れになった。と、いうのが呑んでみてすごくよく分かります。無い!となると呑んでみたいのが、人の本能!?みたいなものですが、こればかりは、『生』なので、長く保存する事ができずに、また、来年まで待たなければいけません。 (グスン)

Dscn0894 このお酒には、アンコウの味噌田楽焼きが、良く合いました。

まったりとした、感覚のお酒が口の中に留まっているうちに、焼きたてのふわっとした、アンコウを頬張ると、味噌とアンコウがバランスよく口の中に広がり、お酒の甘みがアンコウと絡みあい。絶品★★★(^u^)

今日も、おいしく頂き健康な自分に感謝です。

おいしい『にごり生酒』を作ってくれた、天寿さんの蔵人さんに感謝、感謝。

おいしい『アンコウ』を捕ってきてくれた、漁師さんに感謝、感謝。

このしぼりたてにごり生酒 は、生熟成のトロリ感を味わうなら4月 28日解禁の雪室氷点熟成純米生酒  と口当たりが良く似ています。来年まで、待てない方は、この雪室氷点熟成純米生酒  を、どうぞ。。。。

4月28日~5月17日 出荷期間限定です。お取寄せの方には、鳥海山の残雪ふきのとうを同梱してのお届けですよ!~(^O^)/

お ま け 桜 便り ♪開花宣言~

Dscn0916 4月 23日に蔵元近くの公園の桜です。

ひとつ、ふたつ、花開いておりましたので、矢島地区の開花宣言です(^_^;)

他の木はこんな状態です。Dscn0911

GWに合わせて咲いてくれるみたいです。

待ち遠しいなぁ~~  (*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^* )

| | コメント (9) | トラックバック (0)

雪室氷点熟成純米生酒

  ****雪室の雄姿!?****

Yukimuro_1 2月の蔵開放の日に、雪室に酒樽ごと封印された姿です。

この中身は、純米生酒でとろりとした仕上がりになっているそうです。氷点熟成されたのを開封するのは、4月28日 10:00~(待ち遠しいなぁ~) な!なんと!!直接蔵まで行き、自分で瓶詰めできるのです。 

アクセスはこちらです。由利高原鉄道鳥海山ろく線矢島駅を出たらすぐ右手に天寿さんの酒蔵があります。案内がありますので、駅を出て『キョロ、キョロ』していただければすぐに分かります。

この日は、近隣の飲食店で雪中貯蔵酒解禁パーティー が、あるそうです。私は、地元で友人達と解禁パーティー開きます(^^)V  

まだ、若干の余裕があるそうですので、ご予約はお店へTEL連絡か天寿酒蔵へ メール連絡御願いいたします。m(__)m

遠くでこのブログを見てくださって、呑んで見たい方は、予約販売も行っているそうです。

4/28~5/17(出荷期間限定)鳥海山の残雪ふきのとうをセットにして送ってくれるそうな。ちなみに私は昨年、友人に送り、『ふきのとうの春の香りがし、幼い頃を懐かしむ事が出来、とっても嬉しかった~』と好評でした。

4月28日というと、秋田ではお花見の頃ですな~。なんてタイミングが良いのでしょうねっ♪このお酒を片手に、桜の下でのんびりとお花見。。。想像しただけで、ニタニタしてしまいます。ヽ(^。^)丿

Dscn0907 4月18日に近くの桜の様子を見に行ってきましたが、こんな感じでした。

まだまだ、ですが、つぼみがたくさんついていて、花が咲くと綺麗だろうな~と、思いました。秋田の春は遅いのですが、着々と足音が近づいているのを感じます。(きれいに咲いてね!)

蔵元の近くの桜は、ゴールデンウィーク頃が観頃となりそうです。是非、秋田にお越しください。

満開の時は、また、アップさせていただきたいと思いますので、ご期待くださ~い。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

☆限定酒『大吟醸』しぼりたて生酒☆

『大吟醸』しぼりたて生酒 Dscn0880と、いうだけあって、フレッシュな味わいでした。

冷やして飲むお酒なので、手の温度でお酒が温まらないように、こんなグラスで飲んでみました。

香りは、吟醸香の中に麹のふわっとした、懐かしい香り(母が昔、麹を使った漬物をよく作っていたので) 呑み口は『ちょっと』辛いかな・・・でも,喉下すぎると、お米のふくよかな味わいが口の中に残りました。これが、美山錦100%の味なのでしょうね。

酵母は何を使ってるのかな!?と、ラベルを見てみると『使用酵母:自社保存株』とあるではないですか、、、社長に問い合わせたところ、酵母は使い続けるとすこしづつ変化していくもので、良い酵母が出来た時はその酵母を保存して、これぞと言うときに使って仕上げるそうな。。。。

Dscn0820 辛口のお酒には、あま~~い、甘えびが最高(≧∇≦)/

なんせ、名前に甘いとあるくらいだから、どんな甘味かは、皆さんもご存知の通りですが、このえびも当然、今朝、漁港に水揚げされたばかりです。えび味噌を見てください。エメラルドグリーン★★★ 綺麗でしょ!

えび味噌は、新鮮なものしかで味わえないそうです。また、脳の働きに必要な栄養がたくさん含まれているとか・・・「ふむふむ、いっぱい食べよ~~」と、思いましたが、こういう濃厚で、貴重なものは、少しいただく事で、後々までおいしさが残るので、少ししか頂きませんでした。

Dscn0673_1 あとは、お味噌汁にして、いただきました。甘えびと、大吟醸生がとっても合うので、不覚にも『日本酒をちびりと呑む、粋な大人』の枠をはみ出してしまいました。お~~う、うめぇ~~ぞな~~ Ψ(`∀´)Ψ

失礼いたしました。。。。(;_ _;)

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然ですが、カニが捕れましたぁ

カニが捕れました~~と、言っても私が捕ったのではないのですが、(^◇^ ;)

先日、4月というのに雪がちらついた日がありました。その翌日に秋田南部漁港(近い)から、捕れたてのカニを仕入れたお魚屋さんが持ってきてくれました。カニ好きの私には、たまらないご褒美!(季節はずれの雪もおいしいカニを運んでくれる)

いつもは、漁港の近くにある、ゆでカニ専門店から買っていたので、生のカニをゆでるのは、なんせ片手で数える程しかない。今度こそ☆と、慎重に慎重に茹で上げました。カニの甲羅を開けて味噌の状態を確認するまで、ドキドキ.....

あれ!?ちょっと、生っぽい?(T_T;)・・・・・・・・・・

でも、すぐに、『あ、グリルで焼こう♪』と思いつき、焼いたら、味噌がなんと香ばしい。うまいのなんのって.....なかったです。失敗を成功に導き無事完成です。

Dscn0861 カニの身を無言で取り出し(^^;;) カニ味噌を付けていっただきーー、

お燗した。天寿を『グビッ』(´ー`) カニとお燗のお酒が口の中で、優雅なダンスを踊る感じ(彦○呂さんみたい?)近くに漁港があるというこの環境に感謝、感謝です。

日本酒好きな、皆さん!カニと日本酒のお燗は最高(*^▽^*)ですよね。

下の写真はお燗グッズの燗ヱ門です。カニの身を取り出している時間が長いので、ゆっくりとお燗してみました。

Dscn0831

レンジでチンするより、じんわりと暖められたお酒は、やさしい温度になります。

*この画像は、土瓶の中にお銚子が入っていて暖めている状態です。

お銚子は、1合くらい入るかな?の、かわいい大きさです。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »