« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

落語と天寿を楽しむ会の報告(その3)

今回は、天寿色々とお料理の報告です。

P1010060 ←鳳楽師匠を囲んでの1コマ。手作り料理がた~~くさん(美味しそう)

Dscn1235 Dscn1238 中央が、豚の紅茶煮サラダ 紅茶の香りがするお肉がさっぱりしていておいしいので、純米大吟醸をちびり (にんまり)

右が、鶏肉の唐揚げ甘酢あんかけ 酸味の利いた鶏肉と日本酒の相性バツグン (お猪口でグビッ)

この他にも、お味噌汁を出すところの裏舞台をパチリ★

Dscn1242 100人分なので、スタッフも大忙し!

だけど、いつも笑顔で接してくれ、ホテルの従業員並の接待には、社長の人づくりの信念が浸透してます (=^_^=)

次は、いよいよ天寿色々です。

続きを読む "落語と天寿を楽しむ会の報告(その3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

落語と天寿を楽しむ会の報告(その2)

今回は、落語のお話を・・・

(この写真は、天寿酒造の柴田さんが撮影したものです。撮影禁止だったので、イメージ写真としてお借りしました)

Photo なんと、落語を楽しむ時間は2時間も設けてあって、鳳楽師匠の完成された落語を堪能することができました。

初めの噺は、『味噌蔵』で、ケチな味噌蔵の主人がいない間に使用人たちが、どんちゃん騒ぎをする様子でした。

さすが師匠!酔い姿が一瞬のうちに作り出され、話の中に吸い込まれていくように聞き入っておりました。会場は、笑い声が酒蔵いっぱいにに響き、あっという間のひと時でした。

2番目の噺は、『唐茄子屋』という、大きな商屋の息子が親から勘当され、遊ぶ金を使い果たし行くあてがなく身投げをしようとしていた処を叔父に助けられ、その叔父から生きて行くすべを教わるという人情ものでした。

初めて商いに行く甥の姿を見送る叔父さんが、見えなくなるまで見送るというシーンで、叔父を師匠が演じたのですが、師匠の目線や表情から、見送られた甥の姿がこっちでも見えてくるような、噺ぶりは、さすが!でした。ここは、ほろりとさせられた場面です。 (;_;)

身投げを止められ、引っ張り倒れるシーンは、扇子を使って『バシッ!』と、大迫力 w(°o°)w 

落語って、音響!?も重要なんだなぁ~と感心。

目と耳の世界で、心いっぱいに落語に浸れた時間を作ってくださった『天寿』さんに感謝です。

次の写真は、師匠と社長です。

続きを読む "落語と天寿を楽しむ会の報告(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語と天寿を楽しむ会の報告(その1)

楽しかったぁ~ 楽しい時間は、アッという間に過ぎるものですが、時間の経つのがこれほど早いと感じたのは、久々でした。 (◎_◎)

蔵見学から始まって、落語で笑い、鳳楽師匠との一献でした。

まずは、蔵見学の様子をご報告です。

Dscn1205 第一号蔵です。(案内してくれたのは、杜氏さんです)

ここには、古酒と呼ばれるものが静かに寝ているそうです。温度管理の関係上、中を覗くことはできませんでしたが、荘厳な面持ちの蔵は歴史を感じさせられ、この蔵から出されるお酒を今度飲んでみようと思いました。

Dscn1221 でっかい、精米機!!

昭和40年代のもので、『この精米機が一番いい」と、おっしゃってました。

何がいいのかと言うと、米が壊れないように丁寧に削ってくれる仕組みになっている。現代の精米機はというと、時間を削減することだけを考えて作られているので、お米がきれにに削れないと評してました。

ふむふむ、なるほど、お米一粒。一粒。から、お酒ができているので、丁寧な仕事をしているのだなぁ~と、感動!!!

途中工程は、仕込みがすでに終了しているので、省略です(^^;)

Dscn1216 仕込まれて、熟成されるタンクです。(下から覗きました)

ひとつのタンクで25日間、蔵人と杜氏が交代で24時間温度や熟成具合をたしかめる場所です。少しでも温度が上がり過ぎた場合は、腹巻のようになっている部分に水が入るようになっていて、冷やされるそうな。。。

酒造りって、本当に大変だなぁ~、とつくづく感じた場所です。

Dscn1218 昔、酒造りに使った道具を展示しておりました。

歴史を刻んできた、道具たちもこんなに大事にされてます。

次回、落語と天寿色々の味をご報告させていただきます。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

平成17酒造年度 全国新酒鑑評会

★★★金賞受賞 おめでとう★★★

Dscn1191 第Ⅱ部出品:899点(原料米として山田錦の品種を単独または山田錦の使用割が、原料の50%を超えて製造した吟醸酒)

金賞酒:253点(金賞酒とは、決審において特に優秀と認められたものです)

天寿さんが受賞いたしました。なんだか、自分のことのようにうれしいですね♪

佐藤俊二さん(42歳)が杜氏になって3回目の金賞受賞です。(雪室氷点熟成 純米生酒開封の記事で、雪室の前で撮影写真有り)

杜氏就任初年度から2度連続受賞し、昨年は逃しましたが、今年で3度目の金賞受賞だそうな。。。杜氏になるために生まれてきたと思わせる実績ですね。まさに『天職』
若手でかつ高受賞率!なので、県内ではもちろん注目されていますが、全国でもそろそろ注目される人になってくるのではないでしょうかね。(マスコミ・メディアさん注目ですよ)
佐藤杜氏は、お話が上手で蔵見学の説明の時も大人気です。まぁるいお顔に、えくぼがチャーミングですよ。ヾ(☆▽☆)
お祝いにお花の写真をUPいたします。

続きを読む "平成17酒造年度 全国新酒鑑評会"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プレゼントは、純米吟醸『鳥海山』

5月14日は、母の日でしたね☆

Dscn1120 私は、お花と純米吟醸『鳥海山』をいただきました(^0^)v

すでに、2人の子供が巣立ち寂しい日々を送ってましたが、この日ばかりは、嬉しさ一杯でした。

『お仕事、頑張り過ぎないで!』のメッセージがあり、うるうる。。。

早速、お花の香りと共に『鳥海山』をいただきました。濃厚な味にビックリ☆ ラベルを見てみると、『天寿酒米研究会が作った美山錦の特上米を100%使用し杜氏と蔵人が、その米との対話と伝統の技とで醸し上げた逸品です』と、、、ふむふむ 納得! 100%ジュースではないけど、100%酒と表現したらわかるかな?とにかく濃縮酒でした。 

取れたて、山菜で、天寿さんホームページの『んめものや』で、紹介の

続きを読む "プレゼントは、純米吟醸『鳥海山』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の頒布会

来月から、天寿酒造さんで夏の頒布会が始まりますね。

6月は、利き酒セットみたいな、5種類(特別本醸造・純米酒・大吟醸・本醸造・辛口)です。

7月は、花酵母セット 3本で純米吟醸のなでしこの花分離酵母仕込みと、吟造酒のアベリアの花分離酵母仕込みと、純米酒のマリーゴールドの花分離酵母仕込み という組み合わせ。

8月は、本醸造の[氷結原酒]と本醸造の[花のように]こだわりの[純米酒]の3本セットです。

お申し込みいただかないと手に入らない商品ですので、5月31日までの申し込み受付になってます。お早めにどうぞ(*'‐'*)

地元鳥海山と、山菜料理をUPさせていただきます。美しいですよ!

続きを読む "夏の頒布会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落語と天寿を楽しむ会

Dscn1055_1 GWも終わりましたね。GW中に子供達が帰ってきたので、母校の小学校へお散歩しました。

そしたら、、、、、、お堀に花びらが、一面に敷き詰められていました。

Dscn1067 花びらの絨毯で敷き詰められた、石段です。ここは、天寿さんの正面玄関から道路向かいにある石段なのですが、「天寿坂」と皆さん呼んでます。天寿さんの前にある坂であると言う事と、土地が現在も会長の個人所有だからだと思います。現在も景観保持の為、有志の皆さんで草刈や掃除などをしております。実は昔(明治のころ)、山の湧き水を蔵の洗い水として引き込み使用しておりまして、水路として確保する為この辺の土地を購入したとの事です。(常務談)

桜散り、寂しさ忘れる花吹雪。。。(独り言(^^;;)

Dscn1040_1 家族全員が久々に顔を合わせたので、嬉しくて、ついつい

『純金入 献寿盃』を開けました(≧∇≦)/

Dscn1078桜の花びらを浮かべて、 花見酒です。 口あたりの柔らかい本醸造酒に、純金が舞い桜の散行く姿に似ています。香りも柔らか~~いです。祝い酒として作っただけあって、角がなく味はまろやかでした。まさに、祝いの席にピッタリ☆◎

桜は散り、季節は刻々と過ぎ去り、天寿酒造でも次のイベントが控えておりました。

続きを読む "落語と天寿を楽しむ会"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪室氷点熟成純米生酒 解禁パーティー

雪室氷点熟成純米生酒 解禁パーティーのお食事内容

Dscn0987 待ちに待った、雪室氷点熟成純米生酒です。

開封時に容器を覗いたときの、香りがそのまま瓶詰めされていて封を切ったら、いい香りがしました。ちびりと口に含むと これまた、さわやかな味で、とろり感があるのに口の中に長く残らず、切れ味がいいので、ちびちびと、ピッチを上げて飲んでしまいました。

(ノ*゜▽゜*)

友人達との解禁パーティーは、地元のすし屋さんでした。

Dscn0988 お刺身の甘えび・大トロ・ぶりの盛り合わせ☆ お寿司は、とろ・鯛・蒸しえび・ホタテ・卵焼き・河童巻、おま~~いお刺身と、お酒を交互にお口に放り込み、おいしさを噛締めながらもぐもぐ。。。『ん~~最高!』

お料理は、この他に竹の子の味噌煮込みと野菜サラダ、ごぼうとこんにゃくとさつま揚げの煮物、etc・・・・食べきれナ~~~イ。でも、おいしかったナぁ~~

春の生酒には、他に山菜も合いますよ。

天寿さんでは、『んめものや』という春の企画で、この雪室氷点熟成純米生酒と山菜の『さしぼ』『わらび』をセットにして販売してくれるそうです。

Dscn0930 これは、『さしぼ』の天ぷらです。

外側がカリッとしていて中は、粘りのある とろっとした食感で味は酸味があり、この味が、山菜シーズン幕開けの味なのです。

味噌田楽でもいけますよ。味噌汁やおひたしにしてももちろんOKです (>_<)

雪室氷点熟成純米生酒山菜! 旬の組み合わせで、栄養もバッチリ☆

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »