« 限定販売 『壱花蔵』生酒 | トップページ | 無農薬田へアイガモ放鳥 »

ご要望にお答えして『鳥海の雫』720ml

『鳥海の雫』は、今まで1.8Lしか販売しておりませんでしたが、ご要望が多いので720mlを6月5日より販売しております。(¥5250)

720ml 100本限定ですので、ご注文いただいた先着順での販売になります。

なぜ、人気が高いのかというと、金賞受賞した出品酒と同等の造り。つまり、同じレベルのお酒です。繊細で柔らかく、絹の咽越し、香りはお米と米麹とのバランスが絶妙!

技と手間暇かけて作られていて、上品に繊細に感じさせるからではないでしょうか?

お料理と一緒というのではなく、私は食後酒として楽しみたいお酒です。

チビリ・チビリと、城下町である矢島の歴史を紐解きながら、太古の昔に思いを巡らせ呑むというのはいかがでしょうか?

天寿酒造仕込み年と同じくらいの年月が経っている武家住宅をご紹介です。

明治2年(1869年)に矢島に建てられた『旧佐藤政忠家住宅』 築137年(矢島支所向かいにあります)

天寿酒造仕込み年数は、132回だから近い年に、このお屋敷が建てられました。

元々は、江戸家老の加藤退蔵住宅として、江戸から大工を呼んで建てられたお屋敷でしたが、加藤家が東京へ転住するに当たり、佐藤政忠氏(代々、大名主を務めていた家柄)が買取り住んだ家なので、『旧佐藤政忠家住宅』と、なっております。

Dscn1338 Dscn1354

左が正面からの全景写真です。

右の写真が、武士の取次ぎを行う玄関になります。

(左写真の石畳を左へ行くとこの玄関になります)

『御免ください』と、入ると。。。。。

Dscn1341 Dscn1342

左写真が、弐台(ご主人様が客人をお見送りする台)がある玄関があります。普通の玄関は、この低い上がり台がないのです。

(右写真)上がると取次ぎという3畳ほどの部屋があり、ここで用件を聞きご主人様へ通した間です。

その左には、お供の人が待つ部屋も3畳ほどでありました。

取次ぎを過ぎると、、、、、

Dscn1343 Dscn1344 Dscn1346

左が、仏壇と神棚のある部屋、この格子は細かい作業の後があり、すばらしい!

(まさに、いい仕事してますね~)

中央が『中屋敷』という部屋で壁面が板張りの床の間。右が『奥座敷』となっており、床の間の壁は白壁になっておりました。奥の部屋に行くに従って床の間の作りが高価に作られており、ご主人様の重みが伝わってきます。

この他にも、刀を抜けないように、天井が低く作られていたり武家住宅としての特徴がありました。

こんな、矢島の歴史に思いを馳せ、究極の一献『鳥海の雫』を楽しむのは、いいかがですか?・・・・

にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 限定販売 『壱花蔵』生酒 | トップページ | 無農薬田へアイガモ放鳥 »

全国新酒鑑評会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>由紀の酒さん、『鳥海の雫』本当においしいですよね。綺麗なお酒というか・・・飲みやすくスルスルと咽元を過ぎていってしまうのですよね。720mlのご要望が高いのもうなずけますよね。

投稿: ペチママ | 2006年6月19日 (月) 10時28分

 先日、池袋西武の試飲販売で飲ませていただきました。鳥海の雫が試飲であるなんて本当にラッキー♪。何年か前、赤プリ開催の吟醸酒を楽しむ会以来かなぁ。めっちゃ美味しかったです。

投稿: 明@由紀の酒 | 2006年6月16日 (金) 17時16分

>nonnonさん、そうなんですよね。銘柄は凄く多い蔵元だと思います。それだけ、季節のことや、お米の特徴を知っていて、酵母もたくさんいいのを知っているのでできるのだと思います。
蔵人さんが、一番嬉しいのは楽しく美味しく飲んでもらうことでしょうね。
楽しく、日本酒生活を送りましょう!

投稿: ペチママ | 2006年6月13日 (火) 16時48分

こんにちは。
またまた、聞きなれない銘柄本当にいつも驚ろかされる、何種類の銘柄があるのだろう???
日本酒は好きだけれど、拘りの銘柄は無く知人の薦めるお酒に満足している私としては日本全国のお酒の銘柄となると・・・・あぁー気が遠くなる!!(極めること無かれ・・銘柄はともかく美味しければ良し)
一番は楽しみながら飲む酒ですよね。???

郷土の文化財末永く保存して行きたいものですね。先祖の生きてきた証ですから・・・
また、お邪魔します。

投稿: nonnon | 2006年6月13日 (火) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73799/2183993

この記事へのトラックバック一覧です: ご要望にお答えして『鳥海の雫』720ml:

» 天壽「大吟醸」鳥海の雫 [日本酒ブログ(由紀の酒)]
 昨晩は秋田県の天寿酒造さんが醸す、天壽「大吟醸」鳥海の雫をいただきました。平成15年に参加した吟醸酒を楽しむ会以来このお酒をいつか自宅で・・・と思っていましたが、ついに念願が叶いじっくりと味わうことが出来ました。  上立ち香は明確にマスカットの様で華やかに香ります。しかし決して上品さを損なわない香り。含むと、キュっと引き締まった無駄の無いプロポーション。いい辛さ、程好いほのかな甘さ、潔い引き際。この究極の優しさは、やはり押さえ込まれた酸度からか?ん~久しぶりのとびっきり♪さすがに旨いっす。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 06時20分

« 限定販売 『壱花蔵』生酒 | トップページ | 無農薬田へアイガモ放鳥 »