« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ミルシュ

今回は、前回お約束いたしました、ミルシュの紹介です。

Dscn2270 Dscn2271 花立高原のジャージー牛乳からつくられたお酒です。

まずは、見た目で味わってください。草原のような淡いグリーンのお酒です(この色は天然のビタミンB2の色です)。アルコール度7%未満の軽いお酒で、シャンパンのように軽い炭酸があります。味はヨーグルトのような酸味があり、後味がバニラアイスクリームを食べた後のような感じです。バターやクリームを使った料理とのマッチングは抜群です。爽やかで美味しい♪

このお酒は、平成13年度に優良ふるさと食品中央コンクール国産畜水産品利用部門において農林水産大臣賞を受賞しております。

外装袋には、『英国王室御用達として知られるジャージー種の牛乳は、栄養豊富な美味しい高級牛乳です(スーパーでも普通の牛乳の倍の値段!!)。ミルシュはその脂肪の大部分を除き、しかも豊富なビタミンやカルシウムなどは自然のままに醸造した低脂肪、低アルコールのヘルシーなお酒です』天然のビタミンB2は紫外線に当たると壊れてしまいますのでアルミの袋に入っています。そのまま良く冷やして、飲むときに袋から出してくださいね。

矢島では、7月29日.30日『Mt.鳥海バイシクルクラシック』 20回大会がありまして、心配された天候もレース直前には晴れるというラッキーな条件で開催されました。

Dscn2164_1 Dscn2161_1

矢島からエントリーの佐藤さんと小川さんのタイムトライアルのスタートシーンです。

真剣そのものの姿には、観客が思わす声援を送ります。

『ガンバレーーーー』 (^O^)/~~

29日の夜には、矢島夏祭りが開催されたくさんの人出でした。

Dscn2181 Dscn2184

写真左:矢島スマイルのよさこいの踊りと、鳥海町の前の沢太鼓の競演です。

写真右:私が応援している地元のミュージックグループ『ホットライン』の演奏です。中休み期間はあったものの、結成30年になるグループです。リーダー茅野さんの作詞&作曲で、すばらしいオリジナル曲多数です。そのオリジナル曲を携えて、今年の仙台定禅寺ストリートジャズフェスティバルへ参加いたします。

Dscn2224 Dscn2218

写真左:大会の目玉である豪華景品が当たる抽選会で、『天寿賞』を仕留めた方です。金賞受賞酒を手にして喜びのポーズ『俺に当たったよ(^^)V』と、ガッツ!

写真右:漆黒の夜空に映える花火です。(うっとり)

20回を数える夏祭りは、商工会を始めとする多くの皆さんの尽力の賜物です。

このような大きな行事を行う事は、大変でしょうが今後も継続されますことを、御祈願致します。関係者の皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。また来年、大勢の方が楽しみにしてますからね   (^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吟醸酒とチーズ

Dscn1893 天寿 吟醸酒【アベリアの花分離酵母】

この、濃い口のお酒には、チーズ系も合います。

チーズと言っても、あまり濃い味のないカッテージチーズ

矢島町の花立牧場には、ミルジーという搾乳工場があり。その隣には、乳牛が飼育されております。牛乳を使ったお酒 ミルシュ(天寿酒造)もあるんですよ!次回は、このお酒をお伝えしますね。

Dscn2012 *****本日の花立牧場*******

牛さんが食べる牧草地です。

綺麗な空気で育つ牧草は、鮮やかなグリーンです。

Dscn2000

ジャージー牛です。何かくれるの!? モウ~~~~

と、こちらを見てくれたので、すかさずシャッターチャンス☆

Dscn2010 この牛から搾られた、濃~~い牛乳(ジャージー牛乳)です。

後味が、キャラメル味がするんですよ!!

後を引く美味しさです。

Dscn1865 ジャージー牛乳で、即席カッテージチーズを作りました。

ジャージー牛乳を100cc沸騰させ、酢を5ccほど入れかき混ぜると分離してカッテージチーズになります。ざるに空け固まった部分だけを冷やしてトマトの上に乗せて頂きます。ドレッシングは、もちろんイタリアン☆

 にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の頒布会 吟醸酒

Dscn1896 天寿 頒布会 7月 吟醸酒 【アベリアの花分離酵母仕込み】 500ml

爽やかな吟醸香があり、口に含んだ瞬間、おいしいお米がいい具合で溶け出したという雰囲気の濃い旨みが広がる味わいでした。

夏のお酒にしては、濃い味わいでしたが、切れ味爽やかなのが、夏向きですね。

Dscn1536_1 由利本荘市特産の*『由利牛』です。

鳥海山の麓の由利高原で育ちました。サシの入り方なんかは、他のブランド牛と比較しても遜色がないでしょ!(調理する前に写したいほど綺麗なお肉です)

Dscn1579 一種類の肉で二度のおいしさを味わいたいので、醤油ダレと、塩コショウの味付けで楽しみました。

こんがり焼けたお肉が口に・・・・お醤油の香ばしさと肉の絡み具合がなんとも美味しい。2~3度噛んでいるうちにお肉が溶けちゃいます。

塩コショウは、シンプルで肉の旨みが一層引き立ち口の中でお肉がとろけます。

ここに旨口系の吟醸酒をちびり! 口元から全身に由利高原の風が、吹きます♪

*由利牛について⇒鳥海山麓に広がる高原では、良質な水・牧草により黒毛和種「秋田由利牛」が飼育されています。農家の熱心な健康管理のもと、自然豊かな環境でのびのびと育った秋田由利牛は、きめ細かくサシ(霜降り)が入った肉質の良さなどから、銘柄牛の中でも新たなブランド牛として、県内はもとより首都圏からも注目されています。

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頒布会 純米吟醸

Dscn1861  天寿 『夏の頒布会:純米吟醸』 500ml

一晩で飲みきるのは、もったいないので、2回に分けていただきました。

封を開けたら、フルーティーな香りがして、またいただける喜びに浸りました。飲んでみると、なんだか前日より、まるい味になってました。

切れ味爽やかで、後味がフルーティーおしゃれなお酒です。

社長談:純米系はディキャンティング(空気に触れさせる事)した方が良いものが結構あります。口を切ってから二三日たったほうが旨い事が良くありますよ。

との事。日本酒って奥深いですね~。

Dscn1787 地元から車で、30分程で海岸に出ますが、金浦漁港(秋田南部漁港)近くの海です。

この青のグラデーション、すっばらしい~~~

こんな綺麗な海で育った海草の『クロモ』を肴にいたしました。

Dscn1836_1クロモの酢の物』

クロモは、塩水で3回くらい洗います。塩水で洗うと砂が落ちやすいです。沸騰したお湯の中へ洗ったクロモを入れ全体が緑になったらすぐに上げ水を掛け冷やす。粘りと栄養が流れ出すので水の掛け過ぎに注意!

酢3:砂糖1で作ったタレのなかへクロモとキューリの輪切りを入れ、混ぜ合わせる。

クロモに粘りがあるので、つるつるした食感と噛むとシャキシャキした食感を味わえます。

そこへ、純米吟醸をちびりとな。。。(≧∇≦)

磯の香りが口一杯に広がり酢の爽やかさと、フルーティーな純米吟醸の香りが、疲れた胃を元気にしてくれます。

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の頒布会 7月分 1本目

Dscn1844 天寿 夏の頒布会 7月分が到着いたしました。

花分離酵母仕込みの、3本セット!(500mlx3本)

彩りも美しい夏のお酒ですね。右から、純米吟醸・吟醸酒・純米酒

始めの1本は、、、、

Dscn1859 純米吟醸の『なでしこの花分離酵母仕込み』を、味わってみました。

フルーティな香りで、天寿世界へ誘います。

口当たりが柔らかいのですが、しっかりしたお酒の味があり、後味が辛口。切れ味がまた、フルーティな香りで締めくくる。なんとも上品な味でした。

Dscn1841 このお酒には、『カレイのムニエルきのこソースかけ』

カレイは腹をとり、塩コショウし小麦粉を振ってフライパンで焼きます。

ソースを風味よく仕上げる為に、オリーブオイルでガーリックをじっくり炒めます。香りが出てきたらカレイを入れ狐色になるまで、焼きます。

カレイを取り上げて、きのこを入れ白ワインで少し蒸し、塩コショウで味を調えて、焼きあがったカレイにかけて出来上がり♪

香り高いお酒ですが、香りがお料理をじゃますることなく、カレイの旨みとガーリックの奥深い味が、純米吟醸との相性もいいですよ。日本酒と洋食もマッチでグ~です☆☆☆

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若鮎セット

天寿 『天然若鮎セット』 100セット限定

Ayu_1 子吉川で育った天然の若鮎です。

釣れたその日に発送してくれますから、新鮮さこの上ないのですが、発送日が指定できないのが、玉に瑕・・・

天然なので、香りが良く、身が締まっていて、塩振り焼きや、甘露煮なんかが、うまいですよね。意外とお刺身もいけます。ふぐのようなシコシコした歯ざわりが、なんとも魅力的!☆

Dscn1742 天寿『純米生酒』『清澄辛口:鳥海山』をセットにしてのお届けになります。

『純米生酒』は、心地よい酸味と清々しさがあり、鼻から抜ける精米した時のお米のふわっとした香り(私の好きな香り)のようなものがありました。お米の味とおいしい水のハーモニーですね☆☆☆

『清澄辛口:鳥海山』は前回の記事でご案内してますので、ご参考にしてください。

鳥海山から流れる雪解け水が、Dscn1829 子吉川になります。

子吉川の鮎釣りが、7月1日解禁になりまして、鮎釣りを楽しむ方です。県外ナンバーの車でいらしてました。

何匹釣れたのかな~~♪

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お中元は、『雪の詩』 300ml

Dscn1797 天寿 純米吟醸生 『雪の詩』 300ml ¥578

封を開けた瞬間、吟醸香の華やかな香りがし、グラスに注ぐと黄金色でした。見た目も香りも、早く飲みたいと思う気持をそそります。

味は、米麹の旨みと酸味が折り重なって、交互に味わいが生まれてくる不思議な味でした。

Dscn1726 肴は、殻付きホタテのでっかいやつが入ったので、バター焼きにしました。塩コショウを振って、白ワインを少々かけ、両面が焼けたらバターを落としてできあがりです。

ホタテの紐がカリカリで、香ばしくてもぐもぐしているところへ『雪の詩』をちびり!うまい!!そして、厚さ5cm近い貝柱は表面がカリカリで中はふわふわでジューシー~~またまた、雪の詩をちびり、ホタテの旨みが一層引き立ち、鼻から抜ける吟醸香の心地よいこと。。。この上ない幸せでした。

Dscn1813 色が変化していく様子が分かる紫陽花です。

すばらしい自然の色で、じめじめを忘れて、美味しい日本酒を飲んで鬱陶しい季節を乗り切りましょう  (^ O^)/゛

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お中元に最適 天寿 生酒 300ml

Nama300ml_w 天寿:蔵元直送 ギフト便:6本セット

今回は、写真の真中の『本醸造生酒』の紹介です。

ラベルのの文字が、今までのラベルデザインと雰囲気が違いますね!

Dscn1741 天寿 本醸造生酒 300ml ¥418-

爽やかな香りのある このお酒は、口に含むとパイナップルのような酸味があり、その後、本醸造特有の米のマイルドな旨みが口の中を包みました。

初めに口に含んだ瞬間のパイナップルのような香りを味わいたくて、何度もおかわりしちゃいました  (^ー^* )

Dscn1632_1 こんなお酒には、秋田名物『じゅんさい』の*三杯酢です。

じゅんさいは、すぐに使えるように下ごしらえされて、袋詰めされたものを使いました。(ちょっと手抜き!?いえ、一般には袋詰しか販売されてません)

*三杯酢=お酢3:砂糖1:お醤油1の割合でひと煮立ちさせ、冷ましたものに、10分くらい浸したら食べれます。

若菜を包む透明なゼリー状のものが厚いほど高級品で、つるつるとした咽越しは、他の食材では滅多に味わえないたまらない食感です☆

秋田県山本町のじゅんさいは日本一の収穫量を誇っていて、山本町のホームページによると→ ”じゅんさいは100g当たりのカロリーが6.0kcalと他の食物と比べて大変低くヘルシーな自然食品といえます。古くからじゅんさいは抗がん作用や解熱、解毒、胃弱を治す、腫れを消す、などの効果があるといわれています。 ”

ほうほう、旬の食材は、その時期に流行しそうな病気予防になるのですね☆

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お中元に、こんなの頂きたいな!

Photo_3 天寿蔵元直送ギフト便 300mlの6本入りと12本入りの中身を自分で選べます。

全部違うのにしてもいいですし、予算に応じてチョイスできるのもいいですよね。

1本目は、清澄辛口「鳥海山」 300ml ¥399-

Dscn1178_1 香りが爽やかで、澄み渡った森林を思わせる感じでした。

清澄と、名づけられたのがうなずけました。

味は、日本酒度「+4~+6」とかなり辛口かな!?と思ったのですが、他の生酒よりアルコール度が13度以上14度未満と、低い為かそんなに辛さは感じませんでした。

でも、肴は甘口を用意してみました。

Dscn1022_1 カレイの煮付けです。

身が締まったカレイは、旨みとホクホク感があって辛口日本酒とよ~~く合いました。カレイは、秋田では今が旬でおいしいですよ~。

追伸!嬉しいニュースです。

ブログ友達のユキ猫ちゃんが、9/2~9/3に天寿酒造企画の『水源探索トレッキング』を自分のブログで紹介してくれてます。綺麗なお水を眺めて癒されたい方や、健脚自慢の方は、ご参考にどうぞ!

先着40名限定ですので、お申し込みはこちらから御願いします。

当ブログでは、「元滝」「獅子ヶ鼻湿原」の様子を写真付きでご案内させていただきますので、写真を撮り次第ご報告させていただきます。(-^〇^-)

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お知らせ~!

天寿』さんのホームページがリニューアルされました。

Photo_10 隅々まで読んで見たら、なんと下記のプレゼント企画がありました。

ホームページリニューアル記念キャンペーンプレミアム倶楽部にご入会頂き(無料)、メールニュースにご登録頂いた方の中から、抽選で10名様に「金賞受賞酒」をプレゼントさせて頂きます。当選の発表は発送を持って替えさせて頂きます。抽選日平成18年7月20日

金賞受賞酒が飲めるなんて、滅多に無い機会なのでみなさん!応募してみてください。プレゼントが外れても、プレミアム倶楽部にお申し込みいただくと、送料が格安になります。(詳しくはホームページにて・・・)

金賞受賞酒は、言うまでもないのですが、大変美味しいです。澄み渡ったお酒です。なんと言ってもバランスのいい、非の打ち所が無いとはこの事ですね。

人生一度は、口にしてみるべし。。。

そして、天寿ファンになって、メールニュースを読んで私と情報を共有しようではありませんか。。。(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)-(^^)

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »