« 山菜シーズン到来☆ | トップページ | 雪室氷点熟成純米生酒 &お花見 »

雪室氷点熟成純米生酒:開封式

Dscn5174Dscn5183_1 4月 27日 桜満開の矢島で、天寿蔵の雪室に蔵開放の日に封印されていた純米生酒が開封されました。

この開封を待ちに待ってた私は、朝からワクワクしながら午前10時を待ち、10分前に天寿蔵へ到着!

Dscn5119 準備万端で、開封時間を待つ社長です。

タンクの手前に封じてある板をはずすための綱が準備されております。これを集まった皆さんで綱引きのように引きます。

Dscn5128 Dscn5130

『では、みなさんよろしいですか?』

そーーれっ!!

パカッ☆ ニャハハ (*^▽^*) いとしのタンクさんのお目見えです。

Dscn5131 タンクの注ぎ口がきれいに出るまでには、スコップで余分なDscn5137_1 雪を取り除かなくてはいけませんので、杜氏さんやら蔵人やらで、雪を掻き掻き。。。

雪は、数分で取り除かれ 右写真のようにタンクから桶にじゅわじゅわぁ~~っと、注がれるいい音がして、思わず、ゴックンと喉がなります。

Dscn5139 Dscn5142

『お待ちどぅさんで~す。』

と、蔵人が運んで来た中身を覗くと、ほうぅ~ら、いい色でしょ。香りも爽やかなフルーツ系の香りが漂います。

*

Dscn5153 Dscn5154

あっち、こっちで利き酒タイム (^0^)/~~

左のおじ様は、『いい酒です』と、にっこり。

右のお嬢様は、普段日本酒を召し上がらないそうですが、『これは、いただけます。メロンのような香りがして、とってもおいしいです』また、ひとり、日本酒ファンができたようです。

Dscn5146 Dscn5144 Dscn5148

  *

*

*

*

その場で買え、持ち帰る分を自分でビン詰めできるので、みなさんビンの注ぎ口ぎりぎりまで、詰めます。トクトク、トクトクと、いい音とともに、甘酸っぱいようなフルーティな香りがその場を埋め尽くしてました。

Dscn5120 Dscn5122

☆☆☆今年は特別☆☆☆

NHKさんが取材に来ておりました。

本日の夕方のニュースになるのかなぁ~?

プロのカメラ目線とプロの記者の視点は、どこなのか、同じ記事を書く身としては、興味津々というかニュースを拝見して勉強させていただきます。m(__)m

*

Dscn5157 会長さんも今日は、自前のビデオを抱えて記録を撮っておられました。

この後、試飲しており、『ん~~、いい出来上がりだ』とおっしゃっていたのが印象的でした。

*

*

Dscn5159 Dscn5167

遠路はるばるいらっしゃったのでしょうか?

クーラーボックスや発泡スチールの箱に雪を詰めて持ち帰る様子です。おいしくいただいてもらうには、こうやって準備していただき、大事に持ち帰ってもらうことは、天寿酒造の皆さんの心を熱くしたのではないかと思います。

私の試飲報告は、次回にさせていただき、今回は開封式の様子を伝えさせていただきました。(今晩いただくのが楽しみだな~♪ルンルン・・・)

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

|

« 山菜シーズン到来☆ | トップページ | 雪室氷点熟成純米生酒 &お花見 »

イベント」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>arubeさん。
好天の中の雪室開封で、たくさんの方々が見えて一人で数本ずつ買い込んでいらっしゃいました。これでは、3日で完売もうなずけるなぁ~、と、感じたしだいです。

飲んだ感想ですか?
次回ブログ報告でいたしますので、少しお待ちください(><)

投稿: ペチママ | 2007年4月29日 (日) 09時19分

先の名無しのコメント、私のものです。名前を入れたつもりでが、抜けお落ちていました。
すみません。

投稿: arube | 2007年4月28日 (土) 17時43分

天気のも恵まれてさぞ賑やかだったんでしょうねえ?
参加できた方々がうらやましいです。
で、ペチママさんが飲まれた感想はいかがでしたが?

投稿: | 2007年4月27日 (金) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山菜シーズン到来☆ | トップページ | 雪室氷点熟成純米生酒 &お花見 »