« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

蔵開放見所案内 その2

1月も終わりを迎えまして、蔵開放の2月9日まであと少しとなりました。

今回は、イベントのご紹介です。

時間の一番早いものから-------

☆郷土芸能『猿倉人形』☆

Dscn4256 上演11:00~12:00

13:30~14:302回あります。

これは人形芝居なのですが、『三番叟』・『鑑鉄和尚』・『岩見重太郎ひひ退治』・『鬼神のお松』などのオリジナル公演があります。中でも人形同士の会話は秋田弁まるだしなので、おかしいのですが、他県の方は???かも知れませんが、秋田弁分からなくてもじゅうぶん笑えます。

*

Dscn4281☆マグロ解体ショー☆  

12:00~1回だけです)

地元の魚屋さんの『鳥海水産』さん企画の国産マグロを目の前で解体し激安価格での販売になります。解体と同時にパック詰めして販売となるのですが、即座に売り切れるという超人気イベントです。賢い主婦は必ず参加して買い求めてお帰りになります。

(注意)国産の本マグロが入荷しないとカジキマグロになります。

*

*

☆餅つき大会☆

Dscn4249 11:00~12:30~14:30~3回あります)

昨年は、モチコメのふけ具合を待っていましたので時間通りになりませんでしたが、そこはおいしい餅を食べるため

じ~~っとガマンで待ちました。

臼と杵でぺったん、ぺったん。餅つきします。

足腰に自信があって『我こそは!』と、いう方飛び入り参加自由です。

出来上がった餅は、おしるこにして皆さんに無料でご提供♪これが、旨いのなんのって、つきたてのお餅はこしが違います。

☆酒造り体験☆

10名様限定で、14:30~定員に達しました

酒造りを見ているだけではつまらない(><)

という方にお勧めのコーナーです。

~~~~~~~~~

朝からおいでの方には、お昼の心配いりませんよ♪

この日だけのそばがき入りの百宅(ももやけ)そば(有料)や天寿酒造酒米研究会の無農薬田で活躍してくれた合鴨がねぎを背負って参加してくれるのでアイガモ鍋(有料)もあります。

Dscn4168 Dscn4339

*

*

*

一日いても飽きない盛りだくさんのイベントです。

☆試飲販売☆

Dscn4169 天寿のお酒が一同にお目見え♪

何十種類も試飲できるので、この機会に自分の好みのお酒を探すのもいいのでは!?

ほとんどが無料試飲ですが、1升1万円のお酒はおちょこで一杯300円か500円で試飲できますよ。プレミアなお酒を是非味わってみてください。

たくさんの皆さんおいでくださいね~。(≧∇≦)/

私は、今年もカメラを持って参加いたします。

みなさんとお会いできることを楽しみにしておりますよ~~。

(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^* )   (*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^* )

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

| | コメント (8)

蔵開放見所案内 その1

蔵開放に訪れる皆さんは、やっぱり搾りたて生酒を味わいたいがために訪れる方がほとんどだと思いますが、お酒がしぼられたところへ行くには、受付を済ませてプラスチックのおちょこをいただいてから蔵見学となり最終工程の搾りたてにたどりつく・・・ということになります。

なので、受付でおちょこをいただいて蔵人の案内を聞いて見学くださいね。

Dscn4221_2 と、言いつつ....入ってすぐの、築170余年のお座敷で今年はお抹茶ではなく甘酒がいただけます。

大井家代々受け継がれてきたお雛様も飾られるそうです。

社長曰く『大した物ではありませんが、明治から大正の物が混ざっています。一度にそろえた物ではなさそうです。』

古い物はめったに御目にかかれませんので、『近かづいて見てこよっ!』って、今から楽しみにしてます。-( ^^)-(^^ ))-ワーイ

Dscn4175 Dscn6903

通路を渡ってすぐがビン詰め工程ですので、ここでビンに詰める時の作業工程を説明されると思われます。

※この寒いのに半袖!?それもそのはず、これは昨年の水源探索トレッキングでのビン詰め工程の説明写真です。2升ガールズさんご一行も蔵解放にいらっしゃいます。楽しみにお待ちしておりますよ~♪

*

Dscn4202 釜場や麹室・もろみと徐々にいい香りがしてきます。天寿蔵では女人禁制の麹室。。。

どーして???と、疑問が経ちますが、昔からそうだからそうしてるという。これも伝統の一種で守らねばならぬ事なのでしょう。でも、いつか女杜氏が現れてあっさり解禁ということもありそう(^^)かな

ぶくぶくと発酵している様や音を見るとお酒って生きているんだな~

と、改めて思います。いよいよ近づいてきたかな♪♪♪

Dscn3727 Dscn3724

*

*

*

*

*

残念!!まだですよ。精米工程を見学です。お酒の味を決める大事な工程ですから機械を良く知った蔵人が自在に操り精米します。上右のお米クリックしてみると拡大されますからよ~くみてください。お米がま~~るくなって可愛い形になってるでしょ☆この削り具合でお米の味が左右されるから肝心要な工程なのです。

Dscn4324 Dscn4211 Dscn4314

*

*

*

は~い、メインの搾りの工程に到着です。

搾りたてを汲んで蔵人が待っていてくれます。

ここで、受け付けていただいたおちょこが登場!となります。

画面右端が搾りたて生酒になります。色がついているのは、ビタミンが生きている証。

これをいただいたら、日本酒のイメージが変ること間違いなしです。(きっぱり)

だって、搾りたて生酒をいただいて日本酒ファンになったのが、この私ですから・・・

ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃

にほんブログ村 酒ブログへ ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

| | コメント (4)

冬イベント

 ~~天寿酒造:酒蔵開放のお知らせ~~

開催日:2月9日(土)10:00~16:00(最終受付15:00) 

参加無料

今年も無料列車が走ります⇒本荘発10:50と11:52  

矢島発14:55と15:50

遠くからお越しの方にはお得な宿泊プランもあります。

1泊2食付に秋田駅より送迎バスがあります。(秋田駅から天寿酒造まで車で1時間ちょっとかかりますので、電車を乗り継いでくるよりお得で、早く到着しますよ)

な、なんと驚くなかれ! このコース¥8,400也

たつみ寛洋ホテル(にかほ市にあり、4つの宿泊では唯一の海岸沿いです)⇒アンコウ・寒たら料理

ホテルフォレスタ鳥海(皇太子様がお泊りになったちょっぴりグレードの高いホテルです)⇒ミニ懐石膳コース

ホテル まさか(温泉が子宝の湯とされ、温まる温泉です)⇒おまかせ和食コース

休養宿泊施設 鳥海荘(とろりとした温泉がすべすべのお肌にしてくれます)⇒会席膳コース

---------------------------

と、お泊りを確保したら、イベント内容です。

Dscn4191 まずは酒造りの工程を見学しましょうね。蔵人が秋田弁で案内してくれます。(秋田弁予習の事)工程ごとの驚きや、事実が発見できてお酒ができるまでの?を紐解いてくれますよ☆

酒造りを見学だけでは物足りない方は、『酒造り体験』があります。事前にお申込みが必要となりますので、こちらへメール連絡ください。

この日しか入れない、築170年のお座敷で今年は甘酒を召し上がれます。

Dscn4281 マグロ解体ショー⇒目の前でどでかいマグロがプロの手によって捌かれます。そして格安価格での販売☆アッという間に売り切れるのでこのときは黒山の人だかりになります。見学&マグロゲットには解体ショーの時間を要チェック!

Dscn4257 郷土芸能『猿倉人形』2回上演(11:00~12:00・13:30~14:30)伝統ある郷土の芸能に子供からお年寄りまで満員御礼の上演です。

餅つきを見学&参加できそのお餅でおしるこを作ってすぐに食べられます。

Dscn4249 Dscn4332

*

*

*

*

お腹がすいても大丈夫♪ 天寿名物のアイガモ鍋と手打ちの百宅そばがあります。

お土産は、天寿のお酒をすべて試飲でき自分の好みを探す事ができます。見つかったらお土産にどうぞ。日本海側の金浦町の海産物のお土産もあります。

Dscn4169 Dscn4162

*

*

*

*

昨年は、受付をして入場いただいた方が1540名でした。今年もたくさんの方との出会いを楽しみにしております。

(写真は昨年の蔵開放の様子です)

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

| | コメント (2)

明けましておめでとうございます♪

Eyes09991_2 Eyes09931 今年も、ブログにおいでいただきありがとうございます。

皆さまにとって、良いお年でありますようお祈り申し上げます。

地酒:天寿&地元話題を飽きないように連載させていただく所存でございますので、本年もよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

~~~~~~~~~~~~~~

気づいたら、もう七草の時期です。のんびりとお正月を過ごしてしまいました。

  (」゜ロ゜)」 w(°o°)w

今年もこうやって、1年がアッと言う間に過ぎてしまうのでしょうか!

天気予報は、年末年始にひどい大荒れで、東北北部には大雪の恐れ・・・

とのことでしたが、んなことはなく!!

穏やかな年末年始を過ごしました。苦にしていた雪かきもせずに・・・

L481 穏やかなお正月を過ごせた時は、めでたさも倍増です。

とうことで、献壽盃

純金入りなので、お正月の御呼ばれに持参していくと

とっても喜ばれるので、いつも手土産は献壽盃なのです。

みんなで開封していただきます。

白い盃にトクトクと注ぐと、キラキラと輝く金☆

見た目で楽しませてくれ、いただくとまろやかな口当たりの

おせちに合うお酒です。

Dscn3867 で、今年も作りました。

秋田県南部地方には欠かせないおせち料理のひとつ

『子炒り』 生たらこを使ったお料理で糸こんにゃく、人参、ごぼう、薄揚げと一緒に炒ります。味付けは、昆布だしを少々と塩、醤油、みりんです。にかほ市では、『掛け魚祭り』が、2月にありますが、15kg以上の大きな生鱈を棒に掛けて神社に奉納します。漁師さんたちの漁の安全と大漁を祈っての祭りです。

祭られるほどの鱈ですので、この辺では大漁で鱈というと50cm以上の大物がほとんどです。生たらこも大きい訳です。

大漁の魚を使った、古くからある秋田のおせちです。

にほんブログ村 酒ブログへ←今年も酒ブログ:ランキングに参加いたします。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m 応援よろしくです。

| | コメント (3)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »