« 蔵開放 報告 イベント編 | トップページ | ~由利本荘 ひな街道~ »

蔵開放 報告 スタッフ編

Dscn8131 今回は、天寿酒造従業員の皆さまやボランティアスタッフの活躍をご紹介です。

まずは、記念撮影 ハイ、バター(≧∇≦)/

*

今年も、青いハンテンボランティアスタッフです。

----総勢32名でした。----

Dscn8125_2 いつものように、控え室で事前打ち合わせです。

担当表をいただき、自分のポジションをチェックします。

社長から『役割はありますが、それぞれの部署には従業員がおりますので、スタッフの皆さんも楽しみながらやって下さい』とのうれしい言葉をいただき、仕事モードでピリピリしていた顔はふんわりと和らぎました(´ー`)

Dscn8137  試飲販売コーナーでは、値段や商品のチェック!

*

*

*

Dscn8139甘酒は、混雑を予想して段取り良く商品補充できるように

事前に準備と打ち合わせ♪

味見も忘れず。。。これをしとかないとセールストークできませんからね~

*

Dscn8156 受付は、混雑を予想してチェック体制の見直し!?

でも、無料列車到着の時刻はどうしても混み合うので多少のお待たせはご勘弁いただき、アンケートやおちょこの渡し方の打ち合わせ。

*

Dscn8153

入り口の内側では蔵人たちが順番を決めて最終チェック。

『まだ、お客さん来ないから写すの早いよ~』と言われましたが、スタッフの頑張りも撮っておかないとね~ (^_-)-☆

心なしか緊張気味の蔵人たちでした。杜氏を除いてね☆ なぜって

杜氏は、話し好きというか人前では楽しそうにおしゃべりしますからね。

Dscn8166_2 蔵内だけではなく、外で案内する方や駐車場案内のスタッフもいます。

この日は、好天に恵まれ天寿酒造皆さんの行いのお陰でしょうか?

『今日は、日焼けするぞーーー』と、蔵人Tさんが言ってましたが、Tさんは日焼けしても気づかないなぁ~と一人言をつぶやいて通り過ぎました(^Q^)/ すんません。。。

Dscn8229 有料試飲コーナーでは、秋田美人さんがお迎えしてくれてて

おじさんたちも、ニンマリ顔でおいしそうにお酒を味見してました。

”鳥海の雫”なんかは試飲コーナーで味見してみるのも自分の舌を試すいいきっかけですよ~♪

Dscn8278 ある時、カモ鍋のおばさん。

ある時、おしるこのおばさん。

お鍋担当のボランティアスタッフは、七変化?----§(^ー^)§

1500名の来客に対応できた皆さん。スゴイ☆ の一言です。

事故もなく大盛況に終えてよかったですね~♪

最後は、ボランティアスタッフも蔵見学をさせていただき終了となりましたが、これで『はい、さようなら。』ではなく、慰労会ということで、場所を替え準備いただきました。

Dscn8432 Dscn8433 社長から『本日は天気もよく昨年に劣らない人出で

事故も無く無事に終えられたことを祝いたいと思います。』

とのことで、乾杯のご発声は、会長さんです。

『何よりも好天に恵まれ、例年の人出があり蔵開放と関連して駅前でも冬まつりを開催しておりましたが、駅からの報告ですと出店した商品すべて完売といううれしい知らせを受け、我が蔵開放も微力ながら地元行事に貢献できたのではないかと感じております』

と、謙虚なお言葉でしたが、私が感じるに蔵開放は矢島の八朔まつりに次ぐ名行事になりつつあることを実感しております。開催する方は大変でしょうが、続けることに意義があり社長が『10年を向かえ開催する方が飽きて来る頃、世間に浸透するものだ』と、おっしゃっておりましたがその通りだと思います。これだけ人を呼び寄せることのできる行事は地元にとって有意義なことであり続けて欲しいものだと懇願いたします。

来年も楽しみにしてますからね☆ ☆ ☆

|

« 蔵開放 報告 イベント編 | トップページ | ~由利本荘 ひな街道~ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蔵開放 報告 イベント編 | トップページ | ~由利本荘 ひな街道~ »