« 『ひろっこ』が、出ました! | トップページ | 雪室氷点熟成純米生酒 -開封式のお知らせ »

春のお酒

Dscn0903 大吟醸『鳥海』 しぼりたてにごり生酒(3/26発売)

生おりがらみ原酒の大吟醸:鳥海は、毎年3月の末頃発売になり、大吟醸ファンは春の訪れとともに楽しみしている1本なんですよね~cherryblossom

Dscn4682この大吟醸『鳥海』は、あの袋吊りの製法ですのでとても手間がかかっているお酒なんです。

⇒この写真は、2007.3.1に撮影したものですが、袋吊りの日に合わせて見学に行かせていただき「このお酒は何になるのですか?」と聞いたら出品酒の他に『鳥海の雫』や『大吟醸:鳥海』になると聞いて、印象に残ってました。

こうやって製法を見学したことのあるお酒には愛着が湧きますよね。heart04

大吟醸鳥海しぼりたてにごり生酒は、生おりがらみ原酒とあって始めはまったりしたにごり独特の風合いがあるのですが、最後にキリッと締まる感じですが、普通の辛口とはまるで違う辛さです。

辛さという言葉そのものがあてはまらないかもしれない、切れがよく口の中がすっきりし柔らかい舌触りだけが感触として残るようなpouch 上品なお酒です。

Dscn0628 上品なお酒には、やっぱり上品な白身魚のお刺身

 ヒラメですfish

下置きをワカメにして、白身のお刺身を引き立たせてみました。

ふぐ刺しのようにコリコリした食感は、リーズナブルなお値段で高級魚を食べているかのようbleah 味に癖がなく淡白なのでお酒をメインに味わいたいと思うときにはいい肴だと思います。お酒が一層おいしくなります。

自分へのご褒美として、たまには高級なお酒を味わって心満たすのもこれからの頑張りに必要ではないでしょうかnote

ribbon限定300本ですので、お早めに手に入れることをお勧めいたしますribbon

|

« 『ひろっこ』が、出ました! | トップページ | 雪室氷点熟成純米生酒 -開封式のお知らせ »

生酒」カテゴリの記事