« 根強い人気商品! | トップページ | 落語と天寿を楽しむ会 落語編 »

山菜が盛んです

Dscn8886 新緑cloverがまぶしい季節になりましたね

天寿酒米研究会の田んぼも田植えが終わり、アイガモ放鳥を待つばかりになりました happy01

あと、数週間して苗がしっかりと根をつけた頃にアイガモが田んぼに放たれることでしょう。

アイガモが田んぼに入ると、水かきで懸命にかいて田んぼをところ狭しと駆け巡ります。その、足に負けないよう苗はしっかりと育って欲しいものです。

天寿酒米研究会の田んぼは、生活廃水の入り込まない自然の水で育つお米です。

無農薬でアイガモから草を食べてもらい育つ稲は、農薬で育った稲にくらべ根が多く長く付きたくましく育ちます。収穫できるまでは、雨が続くと心配したり、低温に悩まされたり、害虫や稲の病気に気を配ったり、台風が押し寄せたりと様々なが困難がありそれを乗り越えて収穫の時期に見る光景は、実に美しい黄金色の光景です。

Dscn1264 そうやって大事に育てられたお米は 純吟:天寿 完全無農薬米』 になります。

お米ひとつぶ、ひとつぶになるまでに愛情いっぱい注いでいたのをお酒にするにはこれまた愛情込めて造られます。

丁寧に磨き削り、蒸し、発酵させ、寝かせ、搾る。

そしてこの一本になるのです。味は、一言で表すなら深みがあるお酒です。

口に含んだ瞬間に感じるまろやかさとコク bottle 

身体に染込んでいくようなしっとりした味わい アイガモのいる光景を思い出しながらいただく一杯は、一段とおいしさが増します。

Dscn8828 突然話しは変わって、この葉っぱ、観葉植物ではありませんよ~

『しどけ』という名の山菜です

おひたしにしていただくのですが、ゆでてまとめてしまうとどんな葉なのか分からなくなるので、コップにさして撮影してみました。

こんな、みずみずしい葉は見ていても楽しいです。

Dscn8848 でも、やっぱりおひたしにして食べましたdelicious

茎の部分ですが、空洞になっていて土からの栄養分がぎっしりつまった水分をたくさん吸い込むことができるようになってるんですね。

味は、ほうれん草の根に違い部分を想像してみていただくと分かりやすいと思うのですが、土の香りがし苦味もほどほどにあるのが特徴です。この苦味sign03癖になるんですよ。

春になると食べたくなる山菜のひとつであります。

これから、さまざまな山菜がでてきて食卓を楽しませてくれます。菜食主義とまではいきませんが、お浸しやサラダが無いと物足りなく満足できない私ですので、これからの季節はうれしい時期です。

|

« 根強い人気商品! | トップページ | 落語と天寿を楽しむ会 落語編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根強い人気商品! | トップページ | 落語と天寿を楽しむ会 落語編 »