« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

今年の雪はどれくらい?

北海道には雪の便りが届いたようですねsnow

秋田も冷え込んできましたので、冬支度なる冬囲いの季節です。

ここの由利本荘市矢島は、豪雪地域ですので油断してると雪の重みで窓ガラスが割れたりするので、窓に囲いをして雪から窓を守ります。

以前は、木枠を造りそこへ板をはめて家全体を囲っていたのが主流でしたが、それをすると家の中は真っ暗になり昼でも照明をつけなければならなくなるので、いまでは透明な波トタン?(トタンではなくプラスチックっぽいのですがね)で覆っている家がほとんどのようです。

毎年のことながら、この季節は今年の雪の量を心配することになります。

お正月まで雪が積もらない年もあったりしてそんな年は、雪かきの苦労がなく喜んでいるのですが、それも温暖化の影響となれば手放しで喜んでもいられないようです。

Dscn3972寒くなってくれればいいのは、蔵元も同じですよね。

シンシンと雪が降り積もり、蔵が雪に囲まれ室温が一定になると酒造りには最適の季節となります。今年は台風の到来がなく、いいお米ができたということですので、いいお酒ができることも期待できます。

←←←早くこんな搾りたて飲みたいなぁ~lovely

 今年の新酒は 2008.12月15日 初しぼり 発売予定です。

初しぼりにごり本醸造生酒 

1800ml ¥2,100-   

720ml ¥1,050

初しぼり純米吟醸生酒 

1800ml ¥2,625-  

720ml ¥1,313-

新酒ファンのみなさんsign03 もう少しの辛抱ですよ~bottle

 

| | コメント (2)

天寿を楽しむ会 もうすぐです

あまりにも早く告知してしまって、お忘れではないかと

確認のため、今一度ご連絡させていただきます coldsweats01

当日は、たくさんのおいしい天寿酒とイベントが目白押しですよ~

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

チケット購入してなかった・・・という方、まだ間に合いますscissors

--------------------------------------  

maple 年に一度の大イベント maple

  bottle  天寿を楽しむ会 bottle のご案内です。

開催日    平成20年11月8日(土) 午後5時30分~

会 場  矢島町コミュニティセンター(日新館ホール)

会 費  お一人様 3,000円(税込) ※お申し込み時にお願いいたします。

★ ★ ★ 限定 220名 ★ ★ ★です。

★ 当日参加は出来ませんので予め入場券をお買い求め願います。

★ 定員になり次第締め切らせて頂きます。

★ 会場は立食形式となります。

イベント内容としては
 ↓    ↓
*無農薬田のアイガモ鍋・・・いい出汁がでてうまいんだなぁ~happy01
*マッチングコンテストなるきき酒もあります。
*天寿商品が当たるという抽選会もあります。
            

お申し込み・お問い合わせは・・・

参加希望者のお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレス・参加人数を明記して、下記にお知らせ下さい。

 こちらからご連絡させていただきます。

天寿酒造株式会社  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117
               TEL 0184-55-3165 FAX 0184-55-3167
               E-mail info@tenju.co.jp

              URL http://www.tenju.co.jp

|

紅葉狩り

Dscn0408 *

*

*

*

*

*

*

ここは、湯沢市の泥湯温泉郷です。

山が燃えているような紅葉です。こんな色になるともうすぐ葉が落ちることでしょう。

地元の方に聞いたら、今年はあまりきれいでないとのことsign03

これできれいでないというのなら、本当に美しい紅葉って・・・

と、思いますよね。そんな疑問を持った私ですが、実は忘れられない紅葉があります。

10年くらい前でしょうか、なべっこ遠足に行った鳥海山でのこと。運転手さんが今、紅葉が盛りだからと5合目の祓川まで行ってくれました。

祓川は、樹木限界地でそこから上には木々が繁殖しておりません。岩や土だけの山肌になるのですが、その場所から眼下を眺めると、さまざまな樹木が色とりどりに山肌を埋め尽くし、まるでペルシャ絨毯のようでした。その時の景色は今でも忘れられないものとなっております。

Dscn0423Dscn0410 *

*

*

*

*

*

*

720mlこ~~んな景色を眺めながら、ゆったりと浸かる温泉は、至福の時spa

四季を楽しみ、それぞれの景色に心癒され、日本人でよかったとつくづく思いました。

たくさんの紅葉を楽しみ家路についての楽しみは、やっぱり美酒:天寿でしょうbottle

 純米吟醸鳥海山は、常温でいただきました。 

香り高く 温泉で温まった身体は酔いが早くまわるようです。一段とポカポカといい感じであたたまり、しっとりとした旨みがじんわりと体の芯まで染込むようです。

この純米吟醸鳥海山は、ISC金賞受賞、IWC銀賞受賞、全米日本酒歓評会銀賞受賞というトリプル受賞酒です。外国でも認められた日本酒を是非ともご自身の舌でお試しください。     

| | コメント (0)

秋味といえば♪

秋が深まるにつれおいしくなるのが、里芋=『イモノコ』ですよね。

地元でもたくさん収穫されますが、全国的に有名なのが山内杜氏で有名な旧山内村!今で言う横手市になります。

Dscn3280 イモノコ

牛肉とこんにゃく、イモノコ、きのこを煮込みいただきます。

旬のイモノコはまったり、ほっくりとしていて、と~~ってもおいしいのです、そのおいしさを生かす食べ方としては、やはりこのお鍋にかぎりますよね。そのイモノコ汁の味付けもお醤油と味噌がありますが、家ではお醤油ベースです。

もう少し秋が深まってくるとこの鍋にセリや大根など入れるのも有りsign02とのことですが、まだセリはおいしくなく(セリはあられが降る頃一番旨くなる)・・・今回はネギのみの薬味でご了承coldsweats01

ですが、チョビリッチに温泉卵なんかを落としてみましたspa

黄身のまったりとした食感と、イモノコの食感が似ていて、とてもマッチングしていておいしいのですよ。

Dscn1254 肌寒くなっている夜は、お燗した

 純米酒:天寿 がいいですね~

あたためられた純米酒は、香り高く稔りの秋を祝ってくれてるようです。

今年は、台風もなく自然災害なしで収穫を終えることができたと農家の方々は豊作を喜んでおりました。

当然、天寿酒米研究会のお米も豊作で今年の仕込みも楽しみということでしょうnotesnotesnotes

純米酒は飽きがこなく、ちびり、ちびりといけるのでついつい呑みすぎてしまいますbottle

実りの秋に豊作を祝っての純米酒:天寿はおつなものですよup今夜も一献いかがでしょう

| | コメント (0)

紅葉情報

10月13日に紅葉の様子を見に法体の滝まで行ってきましたrvcardash

Dscn0366 *

*

*

*

*

*

*

来週の10月19日の紅葉まつりにはちょうど見頃になるのではないかと推測してきました。が、このブログをご覧のみなさんはどうお感じになられますか?

こんな風に山が色づいて来る頃、きのこも出始めますね。

Dscn0281平茸(ひらたけ)です。

矢島では通称『ワケきのこ』と呼びます。

春から秋にかけて採れると文献には書いてますが、やっぱり秋に採取したのが味がいいようです。

調理するときに大きいので洗ってから裂くようにして食べやすい大きさにしますが、このとき綺麗に分けて裂けるのでワケきのこと呼ぶのかなぁ~なんて自分なりの解釈をしております。

Dscn0285 肉厚でしっかりとした食べごたえがあるので、この1品だけで調理してもボリューム満点です。

note少量の出汁の中へ入れ、ザッと茹で上がったところへ砂糖、醤油、日本酒で味付けをして、とき卵を流し柳川風にして出来上がりです。アクセントに七味唐辛子をちょっとかけるか、ラー油をかけてもいい感じですよ。note

きのこが出汁を含んでて噛んだときにお醤油の香ばしい香りとラー油のピリ辛がなんとも言えず、キノコの香りを引き立て秋味を醸しだしてくれます。

Dscn2693 まだまだ、純米吟醸:ひやおろし がおいしい季節です。

アツアツのきのこ料理を、ハフハフしながらひやおろしをちびりといただいてみてください。

今日見た紅葉の景色が口のなかでも再現されるかのような華やかさのあるお酒です。

それもそのはず、天寿酒米研究会の美山錦と、撫子の花から採取された酵母で醸しあげ、温度の安定したひんやりとした蔵で厳冬期から盛夏までじっくり寝かされて、まろみを帯びてから販売されるという贅沢な純米吟醸なのです。

清らかな天高く澄んだ秋空に似合うお酒ですよね。

秋だけのお酒です。是非味わってみてくださいネmaple

| | コメント (0)

第9回 天寿を楽しむ会

  maple 年に一度の大イベント maple

  bottle  天寿を楽しむ会 bottle のご案内です。

開催日    平成20年11月8日(土) 午後5時30分~

会 場  矢島町コミュニティセンター(日新館ホール)

会 費  お一人様 3,000円(税込) ※お申し込み時にお願いいたします。

★ ★ ★ 限定 220名 ★ ★ ★です。

★ 当日参加は出来ませんので予め入場券をお買い求め願います。

★ 定員になり次第締め切らせて頂きます。

★ 会場は立食形式となります。

イベント内容としては
 ↓    ↓
*無農薬田のアイガモ鍋・・・いい出汁がでてうまいんだなぁ~happy01
*マッチングコンテストなるきき酒もあります。
*天寿商品が当たるという抽選会もあります。
            

お申し込み・お問い合わせは・・・

参加希望者のお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレス・参加人数を明記して、下記にお知らせ下さい。

 こちらからご連絡させていただきます。

天寿酒造株式会社  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117
               TEL 0184-55-3165 FAX 0184-55-3167
               E-mail info@tenju.co.jp

              URL http://www.tenju.co.jp

| | コメント (2)

秋深し・・・

秋田の山もちらほらと紅葉の便りが届くようになりましたが、由利本荘ではまだもう少し先のようです。

なんでも今年は、ブナの葉食性昆虫 ブナアオシャチホコ幼虫による被害があり、9月初旬にブナの葉が赤くなるという報告がありました。(佐藤県議様ブログより)

となると、今年の紅葉は期待できないのではないかと、とっても心配です。紅葉の時期を待ってシャッターチャンスを狙ってるカメラマンも多くいるのではないでしょうかねcamera

紅葉ばかりが秋ではありませぬ。食欲の秋、収穫の秋、読書の秋、みなさんはどのタイプsign02

私は、言わずと知れた『食欲の秋』ですので、秋の代表とも言える野菜?が手に入りましたので初物をいただきました。

Dscn3364 食用菊です。左の紫が『もってのほか』黄色が『阿坊宮』です。

誰が一番最初に食べたのでしょうねhappy01

疑問で調べてみたら、奈良時代に中国から持ち込まれたもので菊はほとんど食べられるそうですが、小菊は香りや苦味も強くてあまり食用としては好まれないようです。

食用に改良されたものは、苦味もほとんどなく、ほどよい菊の香りが心地よく香り、シャキシャキした食感は菊以外の食物には例えれないほど独特の小気味良い食感ですよね。

実は、葉も天ぷらなどにして食べられるそうです。

鑑賞しながら、秋を楽しむのもいいですよね。

Dscn3177 この食用菊にはお燗酒の清澄辛口『鳥海山』

が、お勧めです。

清澄辛口という名のとおり、『天高く馬肥ゆる秋・・・』の澄みきった秋空のような凛としたたたずまいがあり、きりりと引き締まった辛口には、菊のようなシャキシャキ感がありそして香り高いものがすごく良く合います。お互いを尊重しながら口の中で広がり、後味すっきりがなんとも言えず、あれ!?もう消えたの?どんな味だっけ?と、また一口ちびりと・・・

肴がなくなるまで続きます。bottle

| | コメント (4)

鳥海山初冠雪!

9月 27日に 鳥海山に初冠雪が記録されました。

Dscn0241 今年の雪の降り具合はいつもとちょっと違います。

なぜか片側だけ多く雪があります。

こちらは、鳥海山からすると東側で内陸側になります。

西にあたる海側は、あまりつもらなかったのですね。

いよいよ、寒さ到来で蔵も活気が満ちてくる頃です。

でも、まだ稲刈は始まったばかりで、田んぼは黄金色一色ですが、今日の晴天でほとんど刈り取られることでしょう。農家のみなさんには待ちに待った晴天ですからねsun

Dscn2680 日中は晴天で暖かくても晩になると急に冷え込みます。

そんな日は、純米酒:天寿をお燗していただきます。

天寿らしい辛さが、グ、グッと押し寄せた後から、コクがじんわりと、まったりと味わえ、ほんわかと酔いが回り、体がポカポカしてきます。

このお酒で温まった体温は、お風呂上がりも続きふとんについてもず~~とポカポカが持続するので、冷え性の女性にはお燗酒はお勧めですよ。bottle

Dscn9663 秋の旬の味といえば名前に秋が付くくらいの魚

 wave 秋刀魚 wave です。

アツアツの焼きたてにおろしを乗せてポン酢でいただきました。おろしとポン酢が秋刀魚の旨さを引き立て、身のホックリ感は秋だなぁ~~ってつくづく感じさせられ、旬の恵に感謝です。

純米酒のお燗は、こっくりとしたまろみを帯びるので、ポン酢でいただく秋刀魚は格別な味に変身sign03 秋刀魚が安いので週2回でもこの食べ方ならいけますよscissors

------------------

番外編

Dscn0205 Dscn0211

*

*

先日、びっくりさんからいただいた

秋田名物 頑固(ガンコ・カタ) 手焼き!

 鳥海山型 せんべい くるみちゃん

にかほ市象潟町の佐々木製菓店 オリジナルせんべいの新商品です。

秋田県型のお米をちりばめたせんべいもあったのですが、今回は、くるみ入りの鳥海山型です。カリカリに仕上げてあるので、パリンと割れ口の中でモグモグすると、くるみの香ばしいかおりと小麦粉と卵の優しい味が懐かしさを呼び起こします。

道の駅 象潟』では、実演販売もしていて焼きたてを試食できます。

その焼きたては、ふわふわでホットケーキのようです。自宅でそれを再現するとすれば、《炊飯ジャーに入れ蒸らすと”ホッカホカ”の焼きたてのようなやわらかいおせんべいの味を楽しむことができます。》←と外装袋に書いてました。

| | コメント (2)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »