« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

秘蔵古酒 2009.IWCで銀賞受賞~

L134_000

 shineおめでとうございますshine

2009IWC銀賞受賞

    【年度別】秘蔵古酒大吟醸

7年以上冷蔵貯蔵した大吟醸のうち、2001年醸造秘蔵古酒大吟醸が
インターナショナル・ワイン・チャレンジ2009SAKE部門古酒の部SilverMedalを受賞しました。

昨年の純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部で銀賞受賞した『純米吟醸鳥海山』に引き続きの受賞になります。

6月1日より発売開始ですが、数に限りがございますので、ご注文はお早めにお願いします。

*

*

*

このお酒は、2001年から天寿の蔵で、一定の温度を保ちながら静かにゆったりと8年間寝かせられました。大吟醸を古酒にするという豪華な品ですので、味わいも深く一口で感じる味は、8年と言う歳月を含んだ熟成香があり、こんな日本酒もあるのかと驚くような深い味です。

*

天寿酒造で企画している9月のトレッキングで訪れる獅子ケ鼻湿原には《鳥海マリモ》が生息してますが、水の中でグリーンのビロードのようなツヤを持ち、美しくつややかで幾年も同じ水温で育った姿は、秘蔵古酒大吟醸の味わいを表現するとこの鳥海マリモと同じように年月をかけて美しく仕上がったという共通点を感じます。

*

数に限りの有るお酒ですので、特別な日の1本のためにお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

父の日のプレゼントにもピッタリのお酒ですよ。

 

~東京にて試飲即売会のお知らせ~

6/10~6/16 

西武百貨店(池袋店)

地下1Fの和洋酒売り場にて試飲即売会があり、

天寿酒造営業担当の佐藤博輝さんが出張販売いたします。イケメンですので女性の方はイチコロならないよう、いえいえ、婚活中の女性必見です。イチコロになって秋田にお嫁さんに来てくださ~いvirgo

6/11~6/14 

東急百貨店(東横店)

和洋酒売り場にて試飲即売会があります。

bottle父の日の贈答品も準備してまいります。お話好きな杜氏の佐藤俊二さんが出張販売いたします。酒造りの熱い思いを受け止めて下さる方、時間を忘れ聞き入ってください。

| | コメント (0)

6月6日、矢島観光いかがでしょ

平成21年 6月 6日 (土)

第6回 落語と天寿を楽しむ会

●開場 天寿酒蔵株式会社  午後3時~(蔵見学希望者のみ)

●落語 午後4時開演~午後6時

●鳳楽師匠と天寿を楽しむ会 午後6時20分~8時中〆

●会費 5,000円 (お申込み時にお願い致します)

午前中、矢島に到着し秋田県で最古の民家であり17世紀後半に建てられた、土田家住宅を見学しませんか?

この土田家の祖は、木曽義仲の四天王の一人。根井小弥太親の末裔であります。 
中門造り》の系統を持ちながら武士住宅の系譜を引く《主殿造り》の要素を持ち合わせた学術上貴重な住宅建築です。

特徴として建物はほぼ南面し、大きく三区にわけられた形式になります。
建物の構造として柱は部屋の境界においても一間ごとに建ち、柱数の多さをもって屋根を支える構造となってます。使用材は柱が「栗」、横材が「ぶな」、板壁・天井などに「カツラ」、などすべて雑木が使われているのは、この時代、針葉樹の杉などはお城やお寺に使われていた為と思われます。

Dscn2238Dscn2229 

*

*

*

*

八重桜が終わり、門のところはピンクのじゅうたんを敷いたかのように美しい光景を作り出しておりました。

日本人は桜が大好きという理由は、散る姿も好きだからでしょうね。

風に吹かれてちらちらと舞う花びらは、何年もの間繰り返し咲き、そして散る事の趣を幽玄さという一言では表現しきれない深い思いが桜の木から伝わり、また一抹の寂しさやはかなさもありますが、この当たり前のように繰り返す植物の生命力の強さには人間の寿命もかなわぬと感じます。

Dscn2231 今は、藤の花が満開を向かえており、これも道路まで甘酸っぱい香りを放っておりなんともいえない情緒という目には見えない感動がありました。

その香りのするほうへたどり着くと、棚に支えられ美しい紫色した花がこぼれんばかりに咲き誇っておりました。

その昔、楽しみの少ない時代この花々たちは、人々をどんなに励まし、勇気づけ、心の支えとなったことでしょう。

なんて、ことを感じながら見学していただき、せっかくなのでいい温泉のあるフォレスタ鳥海に昼食を食べながらへ行き、入浴してから、天寿酒造までおいでいただき落語と天寿を楽しむ会に参加するという、矢島と鳥海を楽しんでいただく観光をお勧めいたします。

フォレスタ鳥海は、宿泊が断然お勧めです。いい空気と心地よい風に鳥のさえずりで目を覚まします。窓のカーテンを開けると晴れた日は、目の前に鳥海山がどーーんと横たわってます。また、温泉に浸かり贅沢な朝風呂を楽しんで午前中ゆっくりしてチェックアウトsun

リフレッシュできる良い企画だと思いませんか?落語と天寿を楽しむ会のチケットは残りわずかとなっております。お早めにどうぞpaper

Dscn6957

| | コメント (0)

山菜のウドが旬です

この時期に葉物の山菜で、アエコ、ホンナ、しどけ、などが旬を迎えておりますがウドも深い緑色をした葉をつけ茎は太くたくましい物が出揃ってきております。

Dscn1127 この時期に矢島方面では、昔ながらの料理となっております、身欠きニシンとウドの煮付けが多く食べられます。身欠きニシンとは、ニシンの干物のことで、北海道から広まったようです。昔、ニシンは漁獲量が多くあり、生のままでは流通できないために干物にして山間地まで運ばれ食べられたのが、今ではこの地区の郷土の料理にまで成長したようです。

身欠きという名の由来は、磨くという意味ではなく生のニシンでは身が繊維状に細かく箸でほぐすとつまんだ分だけほぐれてくるのですが、干物にしたニシンは、身がワンパーツずつほぐれるように欠けて食べやすくなるので、身が欠けるということで身欠きニシンという名が付いたようです。

昆布出汁とお醤油ベースでニシンを煮込みもうちょっとで出来上がりというタイミングでウドを入れます。ウドは太いわりに煮えるのが早いので、煮すぎると箸で持てないくらい柔らかくなりますので、煮込み過ぎないようにするのが、このお料理のポイントです。

Dscn1254 ニシンは、脂身の多い魚ですが干物にすると脂もいい具合に身に溶け込み深い味わいがあります。

飾らない郷土の料理には、飾らない旨みがある純米酒:天寿がお勧めです。

海の寒風にさらされ旨みがギュッと詰まったニシンは、かむほどに海の風が染み出てくるような味わいで、そこへ純米酒天寿をちびりといただくと山の田んぼの風の香りがするようです。口の中で、海の物と山の物が風に乗って舞い上がるそんな風景ができあがります。

煮詰めたウドは、ほろ苦さがあり胃袋にパンチを食らったような感触で、冬の間ぬくぬくしていた身体を目覚めさせてくれるかのようです。

ウドと純米酒天寿との相性もよくウドの苦味を旨みに変えてくれる天寿純米酒は、魔法の調味料とでも言いましょうか?お料理に溶け込むお酒なので、酒の肴をつまんでは呑み、つまんでは呑みと互いに引き合ういいセットメニューです。

地酒と山菜&身欠きニシン 最高ですよclover

| | コメント (4)

落語と天寿を楽しむ会

 6月 6日 三遊亭鳳楽師匠をお迎えし

鳳楽師匠の独演会を約2時間、たっぷりと落語が楽しめます。

昨年は、『替わり目』『百年目』のふたつの落語を楽しませていただき時間を忘れ聞き入ったのを思い出しました。

磨きのかかった落語を楽しめるのももちろんですが、衣装持ちと落語界でも評判の鳳楽師匠の高座でのお着物を拝見させていただくのも楽しみのひとつです。

年々参加者が増え続け6回目となる今年は、増席したそうですが、チケット完売も早くなりますので、参加ご希望の方はお早めにご購入ください。

●開場 天寿酒蔵株式会社  午後3時

●落語 午後4時開演~午後6時

●鳳楽師匠と天寿を楽しむ会 午後6時20分~8時中〆

●会費 5,000円 (お申込み時にお願い致します)

※先着100名様限定・ 定員になり次第締め切らせて頂きます
※当日参加はできませんので予め入場券をお買い求め下さい

申し込み・お問い合わせは下記のとおりとなります。

参加希望者のお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレス・参加人数を明記して、下記にお申込み下さい。

 こちらからご連絡させていただきます

天寿酒造株式会社  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117
  TEL 0184-55-3165 FAX 0184-55-3167
 E-mail info@tenju.co.jp

 URL http://www.tenju.co.jp

------------------------

昨年の様子です。

Dscn8989 高座を写真に撮る事はできませんので、鳳楽師匠と天寿を楽しむ会の時の様子です。

落語を聴いて感動した方が、自分のポロシャツの背中にサインをいただいているところです。

師匠もおメガネを掛け、書きづらい場所に懸命にサインしておりました。

Dscn8980 会場の賑わいを感じていただきたく・・・

天寿社長の奥様の味付けでお料理が並びます。

地元でとれた旬の食材を使った料理ですので、味付けよしsign01素材良しsign01おいしさは、太鼓判を押しますgood

県外に行かれていてゴールデンウィークに帰省できなかった方は、このイベントに合わせて帰省してみてはいかがですか?

また、落語と日本酒が大好きな方は、小旅行を兼ねて秋田の蔵元を訪ねてみませんか?

アクセスは、JRで羽後本荘まで来ていただけましたら、由利高原鉄道がありますので終点までお乗りいただき矢島駅下車です矢島駅からは、徒歩1分と超近い場所にあります。

ホテル ホレスタ鳥海にお泊りいただければ、送迎もしてくれますよ。

昨年のお料理の数々cherry

Dscn8955Dscn8956Dscn8963 *

*

*

昨年のお酒の数々bottle

Dscn8968

Dscn8961Dscn8951*

*

*

*

落語を聴いて楽しく笑いhappy01

おいしいお酒とお料理に舌鼓を打つdelicious

最高のひとときを過ごせますよ。たくさんのご参加お待ちしております。

   

| | コメント (0)

春爛漫

Dscn2216天気のいい日にちょっと近辺をドライブしてみました。

そしたら、道路沿いに綺麗なお花の咲く家を見つけ、思わず車を止め写真に収めました。happy01

いいですよね~芝桜heart

芝桜だけではなく、チューリップや水仙も咲き誇っておりました。お花を愛する方のセンスが、めちゃめちゃいいので感激でしDscn2218た。

この芝桜って長く楽しめるのでいいですよね。

芝桜の名前の由来は、桜の花に似た花をつけるのでその名がついたと言われておりますとおり、近くで見ると桜のようです。

本当にかわいいお花です。

芝桜って検索したら、観光名所としてたくさんの場所があるので驚きました。

みなさんのお近くには、桜意外のお花の観光名所ありますか?

由利本荘市で思い浮かぶ花の名所は、本荘公園ですね。

桜が終わってから、つつじ祭りが行われます。

尾崎小学校側の石垣には赤いつつじがちらほら見えてました。

5/16~5/17あたりは、見頃を迎えることでしょう

つつじまつり

由利本荘市:本荘公園

問い合わせ:本荘総合支所産業課 0184-24-6349

日程:5月中旬~6月上旬

交通:JR羽後本荘駅より徒歩8分

概要:12,000本のつつじが咲き誇る。期間中各種イベントが開催されます。

Dscn1154 *

*

*

*

*

*

お花が満開に咲き誇る姿って何よりも例えがたい豪華絢爛さがあります。

本荘公園のつつじも、とっても綺麗ですので、お勧めスポットですよ。

と、お花の話題でしたので本日は、花酵母で仕込んでありますお酒

L41  大吟醸 秋田酒こまち仕込「天寿」 です。

 このお酒は、秋田県酒造組合の長年の思いが作り出した秋田にふさわしい酒造好適米をと15年の歳月を費やして稔らせた「秋田酒こまち」で醸し上げた大吟醸酒です。

それを40%まで磨き、秋田流・花酵母で澄んだ上品なお酒に仕上がってます。

日本酒度+3~+5と辛口の数値なのですが、口に含むと香りとともに軽やかに広がる旨みは華やかな満開のお花を思わせます。

  暖かくなって外でお酒をいただくには最高の気候です。

豪華絢爛な満開のつつじを眺めながら、贅沢な1本を仲間と共に味わって見てください。

きっと、会話がはずみ、楽しいひとときとなることでしょう。

spadespade イベント予告 spadespade

第6回 落語と天寿を楽しむ会 

開催日   2009年6月6日(土) 

       

開場 15:00~

       

落語 16:00~18:00

       

鳳楽師匠と天寿を楽しむ会 18:20~20:00中〆

会 場    天寿酒造株式会社 0184-55-3165

会 費   お一人様 5,000円

★先着100名様限定・ 定員になり次第締め切らせて頂きます

★ 当日参加はできませんので予め入場券をお買い求め下さい。

お申し込み・お問い合わせは・・・

参加希望者のお名前・ご住所・電話番号・Eメールアドレス・参加人数を明記して、下記にお申込み下さい。

 こちらからご連絡させていただきます

天寿酒造株式会社  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117
  TEL 0184-55-3165 FAX 0184-55-3167
 E-mail info@tenju.co.jp

 URL http://www.tenju.co.jp

| | コメント (0)

GWは、いかがお過ごしでしたか?

Dscn2190 ゴールデンウィークに入ったとたん、ポカポカ陽気になって秋田では珍しく穏やかな天気が続き行楽日よりでした。

写真は、GW突入初日の4/29の満開の山桜と矢島中高連携校の校舎です。

4/29からのお休みの方もいたようで、の~~んびりできたのではないでしょうかね。

天寿酒造さんにおいては、5/2~5/5の期間中近隣の道の駅や秋田市の県産品プラザ、空港などで試飲即売があり、それに携わった方はお休みでなかったようでご苦労様でした。

きっと、たくさんの方々に試飲いただき、おいしい笑顔をもらえたことと思います。

Dscn2173

Dscn1091 家でも帰省した子ども達(すでに成人しております)が、郷土の味に舌鼓を打ちおいしいを連発しておりました。

雪室氷点熟成 純米生酒をいただき『こんなすがすがしいお酒って東京にはないな~』とか、『グイグイいけちゃうねbottle』なんて言いながら

あっと言う間に1本空けちゃってました。

それと山菜のタラの芽ですが、いつもだとGW中は終わってしまっているのが今年はgood timingの最盛期で、思う存分食べて『おいしい~』の連発でした。山菜はオーガニックもいいところ野生の食物ですからね。肥えた山の土や太陽と雨と風が造りだした自然の恵だからおいしくないはずがないsign01

これからは、アエコやホンナ等の葉物も盛んになります。山菜を食べて冬に溜まった老廃物をデトックスするぞーーーpunch

天寿酒造では、旬の地酒と旬の山菜をセットにした 《んめものや》があります。

山菜好きな方は是非どうぞclub

--------------------------

GW期間中は県内のみでの試飲でしたが、5/11は東京の有楽町にある東京交通会館12F ダイヤモンドホールにて2009吟醸新酒祭が行われますので、お近くにお住まいの方は是非ご参加ください。天寿のとびきりおいしい吟醸酒が味わえますよsign03

会費は、お一人様 2000円(前売り)で、当日券は2500円となります。

第一部が 14:30~16:30

第二部が 18:00~20:00

GW明けにお休みをいただく方にはうれしい企画ですよねheart01

それと、、、、

6/10~6/16 西武百貨店(池袋店)地下1Fの和洋酒売り場にて試飲即売会があり、天寿酒造営業担当の佐藤博輝さんが出張販売いたします。イケメンですので女性の方はイチコロならないよう、いえいえ、婚活中の女性必見です。イチコロになって秋田にお嫁さんに来てくださ~い。

6/11~6/14 東急百貨店(東横店)和洋酒売り場にて試飲即売会があります。父の日の贈答品も準備してまいります。お話好きな杜氏の佐藤俊二さんが出張販売いたします。酒造りの熱い思いを受け止めて下さる方、時間を忘れ聞き入ってください。

お待ちしておりますnote

 

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »