« 夏に行くのは、海? 山? | トップページ | 早くも秋の気配! »

水源探索の2日目は・・・

ホテルフォレスタ鳥海を出発し、一番初めに探索する場所は映画『釣りキチ三平』の撮影地になった法体の滝です。

Dscn1390ここは、地元で多くの方に愛され続けた観光名所であり写真に写っている滝は、落差57.4m、滝幅3m~30mの末広がりの滝で日本の滝100選にも名を連ねております。

私は疲れたときなど、時々訪れて癒される場所でもありますが、映画『釣りキチ三平』を映画館で観たとき、いつも見ている場所が、大きなスクリーンに映し出されたときは、感動でした。

滝が発する大きな轟音を体で感じ、ミストシャワーを浴び深呼吸をして体の中にも滝の偉大な力を感じると大自然に癒されている自分がいることが発見できます。

Dscn2765次の到着地は、天寿酒造の酒米研究会の完全無農薬田です。

この写真は、7月初めの写真ですので、今は稲の穂が出たのでアイガモたちは役目を終え自分達の家に引っ越しております。

このアイガモたちの働きのお陰で雑草が生えず、害虫の被害もない元気な稲をみることができるはずです。

Dscn1264この田んぼで育てた米で醸されるのが、完全無農薬美山錦仕込「純吟天寿」です。

とても深い味わいのあるお酒で、いただく度にその深い味わいは、お米の育った環境が訴える味という趣があり、まったりとまとわり着く味かとおもいきや、突然風が吹いてきてその味はあとかたもなく消え去ったり、と・・・・そのときの自分の感性で自然を味わいとることができる不思議なお酒なんです。

完全な無農薬という貴重なお酒ですので、是非とも味わっていただきたいお酒です。

アイガモたちに別れを告げ、天寿酒造酒蔵を見学します。

Dscn9611 ビン詰め工程から始まり、釜場、仕込みタンク、精米所、最後は利き酒をしていただきます。

このときに昨夜いただいたお酒のお気に入りを見つけていただき、『あ!これ。おいしかったんだよ』『私は、これがお気に入り』といった会話が生まれます。

仕込み水も試飲しますが、水源探索で回った元滝や獅子ケ鼻湿原の出つぼの湧き水や法体の滝の水などと比べていただくと、フレッシュな水と天寿の伏流水の柔らかな味の違いを実感できます。仕込み水は、軟水でも超軟水というくらい柔らかく、このお水を使って作るお酒ですから、柔らかく優しい味わいになり天寿ファンの方からは『ホッとするお酒』とよく言われ親しまれるほどです。

Dscn9644 最後は、八森苑での昼食です。平成16年に国登録有形文化財に指定された建物で、元々生駒(矢島)藩の重臣だった佐藤氏が江戸時代の武家屋敷の様式に習い建てられたもので、武家屋敷でもありながら明治大正期の近代和風的要素もあり当時の生活を垣間見ることができる空間でもあります。

おいしいお弁当をいただいた後は、館内を見学していただきます。

以上のような日程で行われる 8月29日と30日の映画「釣りキチ三平」ロケ地を巡る 2009 水源探索です。

参加申込みいただきました皆様、お会いできる日を楽しみにしております。

|

« 夏に行くのは、海? 山? | トップページ | 早くも秋の気配! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏に行くのは、海? 山? | トップページ | 早くも秋の気配! »