« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

今年の紅葉狩り

Dscn3805 まずは、神秘的な写真の紹介です。

ここは、仙北市田沢湖にあります抱返り渓谷です。

水の色がとても美しく神秘的で驚きました。

紅葉には少し早かったのですが、ところどころ赤や黄色、オレンジといった色があり時期は早かったのですが、とても美しい景色を堪能できました。

雲ひとつない天気のいい10月25日に行ったのですが、遊歩道は人が途切れないほど歩いており、何万人?の人出だったのでしょうね。

それもそのはず、初めて訪れて案内板を見たら、遊歩道の最終場所までは1:30もかかり、戻ってくるまでは3時間sign02 なので、最初のみどころ回顧の滝(みかえりのたき)まで30分歩きました。

Dscn3823Dscn3807 *

*

*

*

途中、トンネルがあったり美しい山の紅葉があったり、とても揺れるつり橋があってお酒に酔ったみたいに歩いたりしてレンジャラスな散策でした。

目的地の回顧の滝に到着です。

Dscn3827Dscn3815 *

*

*

*

*

*

*

しばし、柔らかい滝の流れに見とれ滝の音に耳を傾けました。

自然って、本当にいいですね。人間を原点に戻してくれる力があるように思います。

  リフレッシュし、復路を急ぎましたrun run run

なぜsign02 って、お腹が空いたからです。 単純でしょhappy01

この遊歩道の入り口にはたくさんの出店があり、味噌たんぽ、きのこ汁、モツ煮込み、牛串焼き、焼きおにぎり、焼きソバ などなど、誘惑が一杯でした。

ここで、嬉しかったのは、焼きソバなんかは、できてパックに詰めてあるのを普通手渡しされ少し冷めていても露天ってそういうもんだと思い、ガマンして食べていたのですが、ここではパックに詰めて並べて置いたのは、あくまでも見世物でお客には鉄板に上がったアツアツを詰めて渡してくれたのです。

焼きソバだけではなく、ハニートーストも買いにいったら油で揚げて、はちみつをかけ熱いまま受け取りました。

おかげで、あたたかくておいしいものをいただくことができ、露天の方たちの商売上手を見せ付けられてきました。

『真心こもったおもてなし』って、ちょっとした思いやりでできるもんなんですねheart04

そうそう、天寿酒造のイベントの《天寿を楽しむ会》もこういう心意気を感じるイベントです。

暖かいカモ鍋は、ふうふうしながら食べなければいけないほどアツアツを出してくれますし、お燗したお酒も湯煎で温められた柔らかい温度のお酒がいただけます。

冷でおいしいお酒は、きちんと冷えてますしねwink

身近なイベントでも、暖かいおもてなしを受けることができます。

皆さんも是非、11月 14日は、矢島町日新館で行われます

天寿を楽しむ会 にご参加くださ~いpaper

Dscn0597 11月14日(土)

午後5時30分より

「矢島コミュニティセンター(日新館ホール)」

会費は3000円(税込み)

| | コメント (2)

おいしい物ぞくぞくと・・・^^

秋においしくなる美しい食べ物といえば、食用菊ですね。

ふんわりと香る菊の香りとシャキシャキした食感が大好きでよく食べる食材でもあります。

Dscn3364 なんと今回は、一度に二種類の食用菊をいただきました。

左の紫色が、《もってのほか》という名の食用菊です。

右の黄色が、《阿坊宮》という名です。

もってのほかは、香りが柔らかくシャキシャキ感もあり、こちらの方を好む方が多いかも知れませんね。

阿坊宮は、香りがきつく歯ごたえも、もってのほかよりは、しんなりしている感があります。

これらにわさび醤油をつけていただくのが、もっとも好きな食べ方です。

モグモグ、シャキシャキと頬ばると鼻から抜ける菊の香りがフレーバー効果をもたらし、心地よい食事ができるひとときを作り上げてくれます。

Dscn2678そこへ、天寿:純米酒のお燗したお酒をちびりといただくと、ほっとする瞬間がプラスされ一日を癒す時間がふだんより倍増されたくらい満足のいく時間を得ることができます。

純米酒は、お燗することによりふんわりと膨らみ

香りがシャキッと立ちupwardright

味が柔らかくなりbottle

背が高く、温和な紳士のようになります。

こんなお酒、滅多に出会うことがありませんよsign03

是非、一度お燗していただいてみてくださ~いappli01

| | コメント (0)

秋田で新米がとれたら、きりたんぽでしょう ^^

前回に引き続き新米の話題です。

Yun_1848秋田で新米がとれると一番初めにニュースになるのが、きりたんぽ作りですupnote

昔ながらの囲炉裏のまわりに杉の木でつくった棒につぶしたご飯をにぎりつけて、焼きます。

ほんのりときつね色がついたところで出来上がり、鍋には比内地鶏、舞茸、ごぼう、里芋、白菜、こんにゃく、が具沢山に入っています。具材が煮あがって味付けも終わったところへきりたんぽを入れセリとネギを入れ、ひと煮立ちしたら出来上がりです。

Dscn0651 このとき、ふんわりと香りたつ比内地鶏の出汁とごぼう、舞茸の香りにセリの澄んだ香りが混ざって食欲をそそります。

和食の基本は、出汁に有りsign03って、ところでしょうか。

比内地鶏の出汁は、コクがあってさっぱりした脂が何とも言えず野菜たちを一まとめにしてくれてて、『うめぇ~~ん』ですよdelicious 主役のきりたんぽはこのうめぇ出汁を含んでいてじゅんわりジューシーで焦げ目がついているところは香ばしくて最高upnote

この記事を読んでて、お腹が『グ~~~ッ』と鳴った方は、きりたんぽの旨さを知っていらっしゃる方ですねscissors

Dscn1254きりたんぽをいただきながら、ちびりとやる一献は、天寿純米酒のお燗です。

きりたんぽの具在は高級なのですが、気取らないお鍋でもありますのでそれに合うお酒も地元の味を代表するような飽きのこない気取らない味の純米酒天寿がピッタリです。

お燗された純米酒は、秋田の素朴さが伝わるようなホッとする味になりご飯の具材であるきりたんぽとの相性いいです。

アツアツのきりたんぽ鍋とふんわりとお燗した純米酒で収穫祭の気分を味わうなんでどーでしょうchick

みなさんも是非、家呑みを純米酒 天寿で試して見てくださいbottle

| | コメント (0)

新米いただきました

春に田植えされ、夏に青々と伸び、秋になり涼しさを増すごとに稲穂を垂れ、黄金色の 田んぼとなり、一年中田んぼをみて過ごすことができるので、田園風景からも四季を感じ取ることができます。

Dscn1288Dscn1652*

*

*

*

Dscn3122 まばゆいほどの黄金色の田んぼからは、おいしいお米がとれました。riceball

新米という響きsign01 大好きな言葉です。

この言葉には、たくさんの手がかかり大事に育てられ種籾から苗になり、田んぼへ植えられ刈り取られるまでの約7ヶ月の間に毎日見守られ、手塩に掛けて育てた思いが詰まっていて、苦労の証という意味ではなく、とても明るいおめでたい響きがあるように感じるからです。

Dscn0100 そんなめでたい新米shineを先日いただきました。

真っ白で、つやつやと光っていて、ふっくらと炊き上がったご飯は、見た目からも食欲をそそりました。

一口、ごはんだけ頬張りました。

大好きなご飯の味です。噛むたびに、ひと粒ひと粒のご飯の味がしっかりと伝わってきて、おいしい笑顔がこぼれました。delicious delicious delicious

ご飯を噛みしめていて、ふと気づきました。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

ご飯の味が大好きだから、日本酒も好きなんだと・・・

今年も酒米として生産されたお米が天寿酒造の精米所に届いていることでしょうrvcar

また、蔵が活気を取り戻し蔵人が蔵の中を行き交い、お米をふかしたいい香りが漂う季節になりました。初仕込みの際は、蔵におじゃましてみなさんにご報告したいと思っております。お楽しみにお待ちくださいpaper

| | コメント (0)

10月10日に鳥海山、初冠雪!

天寿酒造の里、我が町の自慢の鳥海山ですが、平成21年は、10月10日(旧体育の日)に初冠雪を記録しました。10月10日は晴れの確立が高いので、1964年の東京オリンピックの開会式の日になり、今では祝日ですね。

それはさておき、雪化粧と呼ぶにふさわしく、ほんのりと頂上付近に雪の白さを見せてくれました。

この鳥海山は標高2,236mの独立峰で、四季がはっきりしていて、気象が激しい山でもあります。地元にいながら、晴れ渡りすっきりと一日中鳥海山を眺めることができる日は、年に数えるほどしかありません。晴れていてこの写真のように姿を現していても、数時間後に雲に覆われてしまうことがほとんどです。

また、降り積もった雪が溶けて豊富な沢水となり、麓の田や海に栄養を与え人間をはじめとするたくさんの生命を育んできました。

天寿の仕込み水もこの鳥海山の伏流水を使っておりますので、おいしいお酒をも作ってくれる山でもあるのです。

Dscn3787

*

*

*

*

*

*

*

美しい姿だと思いませんか~heart04

矢島から見る鳥海山は、独立峰と呼ぶにふさわしい姿なのですが、日本海方面から見る鳥海山は、頂上付近が峰で連なっているように長く見えます。なぜかというと何度かの噴火で海側の方がズレ落ちた形になっているからなのです。鳥海山の色々な角度から見た美しい写真のサイトがありました。ご参考にどーぞeyeglass

この時期になると、天寿酒造では秋のイベントに心忙しくしていることと思います。

それはsign03

「天寿を楽しむ会」 が あるからです。

Dscn0597 11月14日(土)

午後5時30分より

「矢島コミュニティセンター(日新館ホール)」

会費は3000円(税込み)

無農薬田んぼのアイガモ鍋や利き酒マッチングコンテスト、お楽しみ抽選会など盛りだくさんの内容です。

チケットは事前販売のみ220人限定ですので、お早めのご購入をお願い致します。
皆様のお越しをお待ちしております。

↓↓↓お申込み・お問い合わせは天寿酒造まで↓↓↓

===========================
☆天寿酒造(株) 電話 0184-55-3165
               FAX 0184-55-3167
http://www.tenju.co.jp/documents/tanosimukai_10_000.pdf

| | コメント (0)

そろそろ、お燗酒の時期ですね

秋田の平均気温は、10月の10日体育の日を過ぎると最低気温が10度に満たなくなるので夜は冷え冷えとしてお燗酒が恋しい季節に入ります。

寒がりの女性には特にお燗酒をお勧めします。

ゆっくりと温められたお酒は、胃を中心に体全体に暖かさを届けてくれ、ほろ酔い気分のころは、手足が冷えて『私、冷え性なの』と、言っている方でもポカポカと温まりいい気分になりますよ。

S149S150 *

*

*

*

*

*

おいしくお燗するには、電子レンジなんかより湯煎でじっくりと温めるとお酒もやさしくホットになりますよ。そのやさしくホットにするアイテムが 湯かんセット 燗ヱ門(上)と蓋付き錫チロリ ミニかんすけ(下)です。秋の夜長に日本酒をじっくりとゆっくりと燗をつけ、まったりと味わってみてはいかがでしょうbottle

お燗酒には奥深さがあり、温度によって味が変化するお酒があったりしてとても楽しい発見ができるのも魅力のひとつです。

Dscn2678特に純米酒天寿など、燗上がりするお酒だと思います。

常温でいただくと、渋みとか辛さが目立つのですが、お燗することによって旨みが花開き、あでやかさを見せてくれます。

どこにこんな広がる旨みが隠れていたのだろうsign02

と、不思議に思うほどです。

お酒の材料はお米とお水が主ですが、この二つの融合とその架け橋になる酵母菌で色々な味に仕上がる日本酒ってすごいと思いませんか?

もろみがフツフツと音を立てて発酵している姿なんぞ、

あっぱれsun いい仕事してますなぁ~

なんて声を掛けて拍手でも贈りたくなる気分になりますscissors

Dscn1327 そんな姿を思い浮かべながらいただく肴は、イカのワタとゲソをショウガ、ニンニク、キャベツ、タマネギ、ニンジン、シイタケ、などを柔らかくなるまで煮て味噌で味付けをした我が家オリジナルレシピです。

ちょっとつまんで、お燗した純米酒天寿をちびりといただきます。『ん~~旨い』合うよsign01合うheart04

純米酒天寿とイカ味噌煮

納得のいく組み合わせで晩酌ができ、満足顔の私ですbottle

| | コメント (0)

秋から連想するもの

秋の食べ物といったら何を浮かべますか?

Eyes0317 私は、が一番先に連想されます。

秋晴れの日に、子どものときに栗拾いをした思い出があり、長靴をはいて、棒で栗を支えイガを広げて栗をひとつぶひとつぶ取り出す。

この一連の作業がなんとも楽しくまた、イガが手に刺さらないようにそっと取り出したのですが、いくら注意してもチクッと刺さってしまうのが痛い思い出として残ってます。

その日は絵に描いたような秋空で、空気が澄んで空が高くなる秋=栗拾い。

として私の心の中にあります。

夏に栗の花は満開を迎えますよね。栗の花を見つけてここに栗が落ちるのか~と目星をつけるのですが、最近は拾いに行く前にたくさんいただくので、もっぱらお料理して食べるのみです (=゚ω゚)ノ

今年はネットで調べて、渋皮煮を作ってみました。

Eyes0325 注意すべき点soon一度目の重曹で煮た後に、荒い渋皮をとるために栗が空気に触れないように水の中で丁寧に洗って、渋皮の固い部分を取ることsign01

私は、この作業(水の中で洗う)としか書いてなかったので、どういう意味なのか分からず手抜きをしました。出来上がったのは、硬い渋皮の筋がついた渋皮煮ができてしまいましたcrying

来年sign02 は、もっと上手に渋皮煮を作ることができることを期待して失敗は成功の元にしますscissors

Dscn1272この渋皮煮を食べていてどこかで味わった何かに似ているsign03

と、考えてたら、そうです。大好きな日本酒の後味に似ているとこがあるのです。

完全無農薬美山錦仕込「純吟天寿」の味わい深い中に栗の渋皮煮のようなまったりとした旨みが詰まってるんですね~note

無農薬の土から育った自然の恵みには共通点があるのでしょうかeye

秋の恵に感謝しながら、読書の秋にちなんで宮沢賢治の銀河鉄道の夜 なんか読んでみました★ 読み進む内にまるで鳥海山の花立高原で星空を見ている気分になりました。この花立高原は、星がきれいに見える場所として全国で2位になったところです。

皆さんも、花立高原で星のシャワーを浴びて見てください。

Hosi11_2きっと、美しい星空に癒されることでしょう...

  ↑

フリー かわいいイラスト集 より
   

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »