« 造りが大詰めを迎えております。 | トップページ | この時期の蔵は・・・ »

春のお酒♪~

天寿酒の醸造元では、生酒の出荷が最盛期を迎えております。

関東地方では桜の開花宣言がなされて、待ちに待ったお花見シーズンの到来ですcherryblossom

天寿酒造の地元秋田では、桜のつぼみはまだ固く開花には程遠い様相です。

この時期は、酒造りに心血を注いだ総仕上げの作業が真っ盛りです。今回は、しぼりたて生酒がビンに詰められるまでを追ってみました。

Dscn4863 Dscn4862

タンク内を覗くとふんわりと優しい香りがします。タンクに繋がれたホースをたどって・・・

Dscn4865 Dscn4868

ビン詰め工程の作業場に到達です。

Dscn4873 *Dscn4876

一升瓶に光を当て、ヒビや汚れがないかを最終チェックして、合格したビンは自動注ぎ口のついた機械で一升詰められ流れ出てきます。

Dscn4880 *Dscn4881

人の手で下ろされカートンに詰められ、フタをして運ばれます。

お酒の顔でもあるラベルを貼り、商品としての姿となります。

Dscn4903 *

お花見用に最適の春の生酒が誕生しました。

あいにくプライベートブランドですので、見つけた方はラッキー☆ですね。

Dscn4950 その他、お花見用として今年の蔵開放で完売するほどの人気者だった壱花蔵がこの時期に適したラベルに衣替えして登場です。

その名のごとく、花の蔵とも言っても過言でないほど華やかな香りが特徴です。味わいは、口の中で花開く感触の旨みがあるお酒です。

ピンクのビンで春らしく、柔らかい印象のお酒もあります。オーダーメイドラベルで結婚式の引き出物などとして喜ばれております。

ご結婚のお二人も幸せそうです。天寿を全うするまで、お二人仲良く人生を歩むことでしょうheart04 桜の開花に合わせたような結婚式になりますね。お幸せにheart01

Dscn4839 *

天寿酒造ではお祝いの席にもピッタリのお酒をご用意できますので、これから、ご結婚や喜寿を迎える方々にはお礼の品としてご参考にしていただければ幸いです。

|

« 造りが大詰めを迎えております。 | トップページ | この時期の蔵は・・・ »

生酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 造りが大詰めを迎えております。 | トップページ | この時期の蔵は・・・ »