« 父の日は、天寿のお酒をどうぞ | トップページ | 第7回 落語と天寿を楽しむ会 ご報告[楽しむ会] »

第7回 落語と天寿を楽しむ会 ご報告[落語]

Dscn5452若葉の緑がすがすがしいころですが、ここ2、3日は異常に寒い日を向かえており、この日も肌寒くご参加いただきました皆様には、あいにくの気候となってしまいましたことを天を仰ぎ怨んだ次第です。

ですが、鳳楽師匠の落語が始まりますと大爆笑の渦が巻き起こり、そんな恨めしい気持ちも一気に吹き飛び寒さなどものともせず跳ね除けた師匠の話術には脱帽でした。

今年は、120名の席をご用意いたしましたが、追加申込みが多数ございましてお断りしてしまいました方々には衷心よりお詫び申し上げます。

たくさんのご参加を心よりお礼申し上げます。

さて、開催時刻の4:00になり席は満員御礼となり、席亭の天寿酒造社長から開催のご挨拶をさせていただきました。

Dscn5481 *

『お陰様で今回の落語と天寿を楽しむ会は、第7回目を向かえることができました。これは、ひとえに地元酒蔵を応援しようという鳳楽師匠と「日本酒と食の文化を守る会」の会長村田様の御志でございます。この御志に報いるために、地元の食材にこだわりましたメニューで従業員手作りのおもてなしをさせていただきますので、最後までごゆっくりとお楽しみください。また、昨今WHOでは、たばこに引き続きアルコール摂取の健康被害を取り上げられてきておりますが、笑いと日本酒のコラボレーションによって健康を増幅させることができるものと確信しております。何卒、日本酒を愛飲いただき、百薬の長としてご愛顧くださいますようお願い申し上げます』

また、村田会長様からは、鳳楽師匠の円生襲名について一通りご説明があり、あえてここでのご報告は控えさせていただきたく、詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

Dscn5489 そのお話の後、鳳楽師匠の独演会に入りまして、開口一番の師匠の『そういうことです。』の一言で会場にドッと笑いが起こり、師匠もニコニコしながら『名前ってのは、あればいいんですよ。自分の名をどれほど大きくするかが問題なんです』とすんなりと仏顔でした。

そして噺に入り、ひとつめの落語は、『猫の災難』という滑稽話で酒好きの主人公が友人が酒の肴を調達している間に全部飲んでしまい、おいしそうに呑む姿なんぞ見ている側も喉がなるほどで、序々に酔っていくところなんかは、大笑いもので、自分も酔うとこんな風になるのかと同感の意を込めての笑いが多かったように感じます。

二つ目の噺は、『寝床』これも滑稽話で、旦那様が隠居し趣味で始めた義太夫を長屋のみんなに聞いてもらおうとしたところ、皆さん用事があって来れない。カンカンに怒ってしまった隠居を説得し、また高座にでてもらう為の奉公人の佐兵衛の説得に、隠居がうんうんとうなずくだけなのですが、佐兵衛の言葉が聞こえて来そうな鳳楽師匠の熱演ぶりにはみなさん大うけで、大きな笑い声が飛び出しており、大盛況の二つの落語でした。

会場はみなさんの笑いで暖まり、笑ったお陰で喉も渇き天寿を楽しむ会に入ります。

楽しむ会のご報告は、次回にさせていただきます。

Dscn5487 Dscn5483

|

« 父の日は、天寿のお酒をどうぞ | トップページ | 第7回 落語と天寿を楽しむ会 ご報告[楽しむ会] »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父の日は、天寿のお酒をどうぞ | トップページ | 第7回 落語と天寿を楽しむ会 ご報告[楽しむ会] »