« レア商品を東京:東急百貨店(東横店)で試飲販売 | トップページ | お中元には天寿の冷酒♪(生酒詰め合わせW6本セット) »

天寿無農薬田にアイガモ放鳥

完全無農薬美山錦仕込「純吟天寿」の原料となるお米を生産する田んぼに6月9日アイガモが放鳥されました。

今年も矢島小学校の三年生が放鳥のお手伝いに駆けつけてくれまして、元気にアイガモたちを放鳥してくれました。

P1010207 *

杜氏の佐藤俊二がこの田んぼは、皆さんが知っているお米を作る田んぼなのですが、お米といえばご飯で食べることを思い浮かべると思いますが、ここのお米はお酒になるために作られる田んぼなのです。

虫がついたり、雑草がはえたりしないように一般の田んぼでは、防虫剤や除草剤をかけたりして害虫被害を防いだり、雑草が生えないようにしたりますが、この田んぼは、完全無農薬米を作るためにアイガモにお手伝いしてもらいます。

アイガモは、虫を食べたりするために田んぼの中を水かきのついた足で水をかき回しなたら移動します。すると、雑草も生えなくなり虫の駆除と雑草取りの2つの仕事をしてくれるということです。

P1010209 *P1010211 *

P1010213_2 アイガモの抱き方を教えてもらい、恐る恐る受け取る子どもたちです。

しっかりと自分の手の中に包み、触れ合うことによりフワフワの感触やアイガモの体温を感じ取り、言葉では伝えれない命との対面を感動で受け止めてくれているようでした。

*

*

いよいよ、放鳥ですscissors

P1010214 *

バイバイ、元気でね~~

と優しい言葉をかけて、放鳥してくれました。

アイガモもその言葉に答えるように、元気にスイスイと田んぼの中を泳ぎまわっておりました。

P1010221*

  ありがとうございました。

君たちも元気に伸び伸びと育ってくれることを天寿酒造一同祈っております。

さて、冒頭で紹介しました完全無農薬美山錦仕込「純吟天寿」は、こちらとなります。

Dscn1272東北屈指の麗峰「鳥海山」の麓、生駒藩の城下町として、自然に恵まれ、古い文化を今に伝える矢島町。鳥海山の伏流水と、天寿酒米研究会が丹精こめて育て上げた無農薬米美山錦を原料とし、創業以来百二十年余の伝統の技で醸し上げた純米吟醸酒です。   

水源探索トレッキングにご参加いただいた皆様には、アイガモの田んぼをご覧いただいております。

大手観光会社で回る観光コースとは異なり、地元の人のみ知るレアなコースとなっております。ワクワク、ドキドキとどこに行っても澄んだ空気と澄んだ水が待っててくれます。

コース内容は、1泊2日で回る箇所を簡単に説明させていただきます。

元滝⇒岩の上や間から湧き出てくる滝。ここに到着すると空気が変るのを感じることができる場所です。

獅子ヶ鼻湿原⇒湿原をぐるっと一周する間に出会う、湧き水(出壷)や鳥海マリモ、奇形ブナの数々。澄んだ空気の中を散策するので気分はリフレッシュです。

宿泊は、ホテル フォレスタ鳥海で天寿のお酒の色々で宴会となります。

翌日、釣りキチ三平の映画のクライマックスシーンでおなじみの法体の滝を散策いたします。そのあと、アイガモの田んぼを見学し天寿酒造見学します。

天寿酒造の里は城下町でした。お殿様の重臣のお屋敷で栗林公園を模して創られたとされる庭をみながら昼食を食べて帰路に着きます。

日程は、8月末か9月始めの予定です。

米作りから酒造りに力を注いでおります天寿酒造の姿勢を、ご覧いただけましたら幸いです。

|

« レア商品を東京:東急百貨店(東横店)で試飲販売 | トップページ | お中元には天寿の冷酒♪(生酒詰め合わせW6本セット) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レア商品を東京:東急百貨店(東横店)で試飲販売 | トップページ | お中元には天寿の冷酒♪(生酒詰め合わせW6本セット) »