« 天寿 酒蔵開放 イベント広場のようす | トップページ | 日本名門酒会、技術交流会&蔵元見学会 »

ボランティアスタッフに支えられた酒蔵開放

今年のボランティアスタッフの皆様(ブルーのハンテン)天寿社長(中央グレーのハンテン)実行委員長(オレンジのハンテン)

2011_0212_112603dscn7922

このボランティアスタッフの皆様がいなければ成り立たないイベントといっても過言ではありません。

受付から最後のアンケート回収時の記念品交換と、蔵に入ってから出るまでのほとんどの箇所にボランティアスタッフの方々がおります。

2011_0212_113119dscn7923 *

持ち場で、担当部署の責任者の社員から説明や注意事項の連絡を受けお客様を待ちます。

搾りたてをビン詰めして、販売する『朝しぼり』コーナーは蔵の内部にあり

とても寒い場所。社長がねぎらいの言葉をかけに巡回です。

2011_0212_113641dscn7946 *

おしるこ販売は、つきたての餅を丸めておわんに入れあずき汁をかけて、手渡します。

お餅が柔らかい内にさばかなければならないので、集中して忙しいところでした。

2011_0212_143056dscn8106 *

試飲販売コーナーは、毎年多くのお客様でにぎわいます。

会話のやり取りもお酒の種類や、お燗するとどうなるなど、専門的なことも多く聞かれるようになりました。

でも、安心heart04

東京から駆けつけてくださいました。天寿ファンのIさんは、『このお酒は、常温でいただくと、キレのいいすっきりしたのど越しですが、お燗するとふくらみます。』などと、とても分かりやすく、お客さまの好みを聞いて接したりしており、本当に日本酒が好きなんだということを目の当たりにし、大変うれしく、また、頭の下がる思いでした。

2011_0212_130202dscn8033

時間は刻々と過ぎ、午後3時過ぎには、お客様もまばら。

最終の蔵見学はボランティアスタッフのみなさんです。

『28歳、独身の一関がご案内させていただきます』に、みなさん笑みがこぼれました。

2011_0212_173307dscn8139 *

蔵見学を終え、一休みして場所を変えて、打ち上げbottle

社長のご挨拶より、 

『今年も平均的な来蔵者数で、いい感触が残った酒蔵開放ができたと感じております。このイベントを始めた頃は、弊社単独の事業でしたが、今では矢島の冬の中心的な祭りになっており、少しでも地域の活性化に貢献できたことを喜ばしく思っております。数年続けておりますと、慣れというものが生じてきますが、慣れてきても手を抜くことなく最善を尽くすことを忘れず、継続してやっていきたいと思います。そのためには、お手伝いいただきましたボランティアスタッフのみなさんの参加がなければ、継続できない行事でもあり、支えていただいていることを心より感謝申し上げます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。』

2011_0212_193319dscn8144 *

乾杯は、相談役より

『天気予報は、吹雪とのことでしたが、皆様の普段の行いの良さから、好天に恵まれた今日の日を無事に終えることができましたことを安堵しております。この地域は、人口減少に苦しむ地域でもあり、閉そく感が漂って皆元気をなくしております。そこへ、このイベントで多くの人を呼び込み地域が少しでも明るく元気になることに貢献できたことをうれしく思います。ボランティアのみなさなの力を借りながら、社員と一体となり頑張って長く続けていきたいイベントであります。今日はお疲れさまでした。乾杯!』

2011_0212_194029dscn8146_2 *

事故なく無事に終えたことに感謝しながら、一同腹ごしらえ

2011_0212_194528dscn8153 *2011_0212_194543dscn8154 *

和気あいあいと、盃をかわし、労をねぎらいました。

2011_0212_194504dscn8151 *

東京からかけつけてくださいました、天寿ファンのYさんから、本日の感想をいただきました。

『朝しぼりを担当させていただき、配属されてすぐに今日の販売目標を掲げ、去年よりたくさん売ろうと決意いたしました。たくさんのお客様に囲まれた時は、すごく燃えまして、楽しかったです』に社員顔負けの熱意に、会場はドッと、拍手を歓声に沸きましたup

2011_0212_202656dscn8162

天寿酒造を退職されて、OBとしてボランティア参加くださった。事務のR子さんからも、感想をいただきました。

『退職して、1年間は遠目で天寿酒造なるものを見ておりましたが、イベントに行ってくる友人、知人は『あれは、いいイベントだ!』と、聞こえてくるのはいいという感想ばかりでした。

今回は、ボランティア参加で社員の時のように責任というものが押しかからなかったので、とっても楽しく一日を過ごさせていただきました。』

との感想に、みなさんドッと笑いの渦happy01typhoon

2011_0212_203019dscn8163 *

ここ数年、連続参加してくださった、山科建設のSさん

『自分は、有料試飲販売担当させていただき、1杯500円の【鳥海の雫】を試飲後、一升1万円を購入くださる方が多数おり、準備していた分がなくなった時、自分の感覚では『え、えっ!』と思いましたが、自分と同じ感覚の方もいらして、「少ししか入ってなくてもいいから、家で飲みたい」という方もいらっしゃいまして、1000円のボトルもあればいいのではないかと感じました』

2011_0212_203145dscn8164 *

と、ボランティアの皆様からは、貴重な意見も頂戴し、来年も応援いただくとの約束も取り付け打ち上げは、楽しい中御開きとなりました。

お疲れ様でした。本当に、本当にありがとうございました。

ブログをご覧の皆様。

来年は、ボランティア参加くださって、楽しい打ち上げに仲間入りしませんかsign02

お待ちしてますよ~~paper

|

« 天寿 酒蔵開放 イベント広場のようす | トップページ | 日本名門酒会、技術交流会&蔵元見学会 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天寿 酒蔵開放 イベント広場のようす | トップページ | 日本名門酒会、技術交流会&蔵元見学会 »