« GW酒蔵 イベント 天寿酒造 | トップページ | 秋田空港にて試飲即売会 »

雪室氷点熟成純米生酒:開封式

朝から雨と風があり、4月29日の雪室開封式は大変だな~

と、意気消沈してましたが、なんと!

開封式の20分前には晴天に早変わり・・・

日ごろの行いの良い御蔭でしょうか(≧∇≦)

お天道様ありがとうございます。

2011_0429_120636dscn8615 *

お客様が、ぞくぞくとおいでくださいました。

いよいよ開封式の10:00となり、社長がワイングラスでおいしい日本酒最高金賞表彰式で出張中のため、常務がご挨拶をさせていただきました。

この雪室氷点熟成純米生酒の行事は、平成12年(2000年)より行なっており、今年で11回目を迎えました。

やり始めたきっかけは、ワインのボジョレヌーボに負けない旬の飲みごろ日本酒のお祭りを皆様と祝いたいという思いがありました。

極寒の2月にしぼられた純米生酒を雪の中にタンクごと封印し、氷温の0度で2か月ほど熟成させたものです。氷温熟成は熱しやすい生酒であってもゆっくりと熟成が進むため非常に繊細でまろやかな口当たりになります。香りもおだやかな純米らしい落ち着いた香りです。

今夜は、4か所の飲食店で雪室解禁パーティがございます。

東日本大震災で自粛自粛で、被災しないところも元気がなくなってきております。被災地を助けるのは、被災しない地域の経済だと思います。ここで、この雪室氷点熟成純米生酒を飲んでいただき、元気を取り戻していただきたいと思います。本日はありがとうございました。

2011_0429_121747dscn8620*

常務のあいさつの後は、さっそくいらしていただいたお客様とともにタンクの呑み口開封のための綱を引きます。

タンクの呑み口付近を板で覆っており、それを外すことによりお酒を桶に、酌み取れるからです。

杜氏が「では、みなさん綱を持っていただいておりますが、一斉に引きますので合図までお待ちください。あまり強く引きますと尻餅をつくことになります。だからと言って、弱いとなかなか外れません、いい塩梅の力でお願いします。」

と、初めて参加の方には、???

まず、やってみて分かることですね

2011_0429_122126dscn8623 *

では、「せ~~のsign03

2011_0429_122145dscn8625 *

パカッup

一回でいい感じに外れてくれました。

ここで、どこからともなく 拍手が沸き起こりましたgood

呑み口を綺麗に出すために雪をどかします。

2011_0429_122256dscn8630

そして、蔵人:佐藤が桶に注ぎ入れます。

2011_0429_122346dscn8632 *2011_0429_122438dscn8633 *

そのあいだ中、お客様がアマチュアカメラマンとして囲んで撮影です。

そして、手酌み会場へ運び出されます。

2011_0429_122511dscn8636 *

待ってましたと、まずは試飲です

満面の笑顔をとくとご覧あれ~~

2011_0429_122602dscn8638

2011_0429_122634dscn8642   

2011_0429_122611dscn8639

会場は、フレッシュなお酒の香りとお客様の笑顔で

一杯になりました。

2011_0429_122830dscn8646_2 2011_0429_122842dscn8648_2 *

2011_0429_123054dscn8654_2 2011_0429_124341dscn8672_2 *

宅配便でのご注文いただいた皆様の分は、鳥海山の雪とふきのとうを入れて本日発送いたします。

2011_0429_132138dscn8692 *2011_0429_132317dscn8695 *

今少しお待ちください。

解禁パーティーに参加する皆様。

思いっきり楽しんでくださいね~~

なんてったて、お酒は明日へのエネルギーの素ですからheart01

|

« GW酒蔵 イベント 天寿酒造 | トップページ | 秋田空港にて試飲即売会 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW酒蔵 イベント 天寿酒造 | トップページ | 秋田空港にて試飲即売会 »