« 秋田の深山に生息する 夏のきのこ『トンビマイタケ』 | トップページ | 水源探索 ご報告!(第二日目) »

水源探索 ご報告!(第一日目)

9月3日~4日に行われた水源探索の日は、
台風がきているとのことで、前々日ぐらいから
みなさんにメール等で通知をして、最悪予定を変更することや、
キャンセルも考えておりましたが、なんと奇跡的に晴れまして、
行程の変更は考えましたが、前日秋田入りの方もいるので、
中止は考えませんでしたが、大量キャンセルは覚悟いたしました。
予定通りの日程で行なうことが出来ました。(*^ー゚)bグッジョブ!!
Securedownload1
ご参加いただいたお客様が晴れ男、晴れ女だったのかもしれませんね。
晴れたのはいいのですが、フエーン現象でしょうか蒸し暑く汗をフキフキでのトレッキングとなりました。
今回ご参加いただきました皆様は、14名です。社員は、5名。合計で19名。
この水源探索を組み込んだツアーを
考案して、韓国の本社に提出するため、TOUR STYLE SERVICE(日本 秋田事務所) の
朴(パク)さんと朴さんの親戚である県立大学院生も一緒に参加されました。
最初の目的地、元滝です。
2
天寿ファンであります。H様とY様です。
今年もご参加いただきありがとうございます。
2_1
物知り杜氏の説明「誰が測ったのかわかりませんが、この伏流水は60年前の雨や雪が地中深く染み込んで湧き出てきたものです」
3_2
滝から舞い上がるフレッシュ伏流水ミストシャワーに皆さん晴れやかな笑顔です。
自然に抱かれる感覚って、人を元気にするみたいです。
さて、いよいよ、本格トレッキングの獅子ケ鼻湿原です。
出発前の記念撮影です。
1
到着の達成感のある笑顔 (#^.^#) ↓
特に社長の笑顔をご覧くださませ~
開催にあたって台風の進路や交通事情にハラハラしどうしだったので、最後まで無事歩ききった安堵の笑顔です。
188e1
お水が綺麗なので、手を入れてみたくなるのですが、冷たさにビックリw(゚o゚)w
Securedownload1_2
獅子ケ鼻湿原の主とでも言いましょうか、ブナの巨木
あがりこ大王 

幹周   7.62m
樹高     25m
樹齢    300年(推定)
 

300年もの間ここにたたずみ、空と大地から恵をいただき動物を生かし、また動物からも恵を受け生きてきた長い長~い年月を思うと、なぜか私はここの前でひれ伏し拝みたくなります。

『森の巨人たち百選』にも選ばれている奇形ブナ。木道に沿って回ると 幹周り7.62m の大きさかがどんなに大きいのか実感できます。

って、ことで、ここで皆さんと記念撮影

2_2
そして、一路宿泊地のフォレスタ鳥海へ
ひとっ風呂浴びて、美味しいお料理と天寿のお酒で宴会となります。
乾杯の音頭は、遠路はるばる熊本から参加して頂いた
日本名門酒会の加盟店「瀬崎商店」の瀬崎さん。
1_2
乾杯酒は、今年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞した『金賞受賞酒』です。
隠し酒は、秋の鑑評会に出品する『純米酒』。
_11
今年は会の締めに杜氏から余興がありました!
余興は、杜氏のとっておきの[試作品]で、150kg仕込みで作ったお酒(山田錦35%)です。
1.8Lで換算すると170本しかできないという貴重なお酒。
くじを86歳の佐藤様にひいていただいて、見事にお酒を射止めたのは、
岡田さんと神尾さんでした!おめでとうございます。
1_3
中締めは、天寿のある矢島町にちなんで、ご夫婦で参加した
矢嶋(やじま)さんへお願いしました。
1_5
1_4
和気あいあいとしたなかで、無情に時間は過ぎおひらきの時間となりましたが、お部屋でお楽しみいただくために宴会で飲み切れなかったのをお持ち帰りいただきました。
Securedownload2  1_6

|

« 秋田の深山に生息する 夏のきのこ『トンビマイタケ』 | トップページ | 水源探索 ご報告!(第二日目) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋田の深山に生息する 夏のきのこ『トンビマイタケ』 | トップページ | 水源探索 ご報告!(第二日目) »