« 霊峰「鳥海山」と、純米吟醸「鳥海山」 | トップページ | ゴールデンウィーク初日は、天寿蔵で雪室開封式 »

由利本荘ひな街道と天寿蔵見学

3月9日より秋田県由利本荘市では、町中ひなめぐりを開催中です。

天寿酒造の本宅の築180余年の座敷には明治初期の古今雛を展示しております。

予約を受け付けたお客様に限り、天寿酒造の酒造りの現場を見学いただけます。

2012_0315_171515dscn0501*

この日の団体さんは、佐竹知事夫人他50名のお客さまに来蔵いただき、常務がご案内役を務めさせていただきました。

常務が、「ようこそお越しくださいました。蔵案内をさせていただきます常務の大井と申します。分かりやすくいいますと、三男坊になります」との説明に多くのご婦人たちは、「はぁ~、なるほど、男前だね~」などとおしゃべりが始まりました ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

最初の見学場所は、ビン詰工程で丁度青いおしゃれなビンに詰められた純米吟醸でしたので、「このお酒何?ワインのようなビンだね」など、感想がすぐに出てくる所がご婦人方のいいところup

2012_0315_171924dscn0504


麹室

麹は、麹菌というのを付着させこのような麹に仕上がります。

お酒を召し上がらない方でも甘酒は好きな方もいらっしゃると思いますが、麹は

甘みがあり、砂糖なしで作る蔵開放限定の甘酒は毎年完売するほど人気で、人気の秘訣は、麹本来の甘みが柔らかくておいしいということのようです。

「へぇ~そんな甘酒あるの!飲んでみたいね~」など会話が盛り上がります。

2012_0315_172238dscn0505

酒母室

天寿酒造では、花酵母という花から分離された酵母を使用したお酒も作っております。

社長が日本農業大学醸造科卒業で、恩師である中田教授が世界で初めて花酵母を発見しそのご縁で花酵母を使ったお酒を造ることができました。

撫子の花から分離された酵母を使用した純米吟醸「鳥海山」は、複数の賞を受賞しておりますが、最新の受賞は、ワインブラスでおいしい日本酒アワードにて最高金賞を受賞しております。

「すごいねぇ~ワイングラスで日本酒飲むなんて考えつかないよね~」と、またまた率直なご感想が聞こえてきました。

2012_0315_172246dscn0506

醪室

酒母と麹と蒸米と仕込み水で発酵が進みお酒となりますが、ここではその発酵をさせるタンクがたくさんならんでおり、醪室となります。

蔵開放では、ここで試飲していただいたのですが、本日は向こうに試飲コーナーを設置しておりますので、そちらで数種類試飲いただきたいと存じます。

2012_0315_172743dscn0508

ということで、試飲コーナーで蔵訪問祈念のお猪口をプレゼントさせていただき、そのお猪口で試飲いただきました。

2012_0315_173421dscn0512


ほろ酔い気分で天寿蔵を後にいたしました。またのご来蔵をお待ちしております。

佐竹知事夫人は、「矢島のお雛様はすばらしいのがたくさんあって、今回は本当にいい旅をさせていただきました。」とおっしゃっていただきました。

大変光栄に存じます。

2012_0315_174151dscn0516

地元矢島のため

秋田のため

日本のため

に、良質の日本酒を造り続けます。

ありがとうございました。




|

« 霊峰「鳥海山」と、純米吟醸「鳥海山」 | トップページ | ゴールデンウィーク初日は、天寿蔵で雪室開封式 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霊峰「鳥海山」と、純米吟醸「鳥海山」 | トップページ | ゴールデンウィーク初日は、天寿蔵で雪室開封式 »