« 山菜の第二弾は、『さしぼ』 | トップページ | 好評の雪室氷点熟成 純米生酒とイシモチ »

雪室氷点熟成純米生酒 開封式

このイベントのために晴れてくれたかのような清々しい晴天に恵まれて

『雪室氷点熟成純米生酒』の開封式が行われました。

天寿酒造のぼり旗と鳥海山が青空に映えていますね。

2012_0428_121527dscn0820

雪を補充することなく、2月の封印から本日までにこれだけの雪が残りました。

気温の高い日があまりなかった事もありますが、数年この雪室封印をしておりますので年々知恵を出して雪が溶けないよう断熱材で覆ったりなどの工夫をして、ここまで残るようになりました。

2012_0428_121741dscn0823

白い紐のようなものが出ておりますが、これがタンクの呑口の近くを覆っている板に直結しており、これを開封式にいらしたお客様と一緒に綱引きのようにして曳いて外します。

開封式にあたり、社長よりごあいさつをさせていただきました

『本日は、好天と桜に囲まれた開封式となりまして、大変喜ばしい日となりました。

 たくさんの皆様にお越しいただき感謝申し上げます。

 本日は、おばこ号での宴会列車を始めとし、ホテルまさか様、秋田市の酒楽亭うみひこ横町店様、たつみ寛洋ホテル様、寿司竹様で雪室解禁パーティーが行われます。

 本日開封したお酒を楽しんでいただく会となっております。

 酒蔵開放にしぼった純米酒をタンクごと、この雪室に封印しております。

 雪に囲まれておりますので、温度の変化が無くぴったりの0℃で生熟成されております。

 氷温による熟成は、ゆっくりと進みますのでとろりとしたお酒に仕上がっております。

 毎年同じ作業工程で造っても、毎年違う味に仕上がります。

 今年の雪室氷点熟成純米生酒を楽しんでください。ありがとうございます。』

雪室に封印する時は、お酒の神様である松尾様を祭り祈祷いたしました。

開封する時も、松尾様にお礼を伝えてから開封させていただきたいと思いますので、皆様も社長に合わせて柏手をお願いいたします。との事で一礼をしているところです。

2012_0428_123808dscn0832

いよいよ、綱を持っていただき開封作業となります。

あまり強く曳きますと尻もちをついてしまいますので、加減をしてひいてください。

では、『せ~~のsign03

2012_0428_124003dscn0839

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;; 開封  :+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2012_0428_124017dscn0841_2

スコップで綺麗に雪を取り除き、呑み口が見えました。

栓を開け桶に流している最中にふんわりといい香りが漂ってきます。

2012_0428_124250dscn0848

満タンになった桶をビン詰め会場へ運びます。

2012_0428_124508dscn0854_2


必要本数のビンを購入していただき、ご自身で詰めます。

2012_0428_124615dscn0860

お車でない方へは、試飲していただきました。

うわぁ~~、おいしい~heart04 
2012_0428_124553dscn0857_2

社長も、真剣な面持ちで利き酒中bottle
2012_0428_124850dscn0864_2

その、数秒後・・・

この笑顔で、どんな味だったかはご想像にお任せupnote

2012_0428_124854dscn0865

みなさん真剣にビン詰め中

従業員が、「もっと入るよ。もっと入るよ」と促すので、ビンの口すれすれまで詰めます。

これで、お客様が笑顔になってくださいます。生産者と消費者が直接触れ合う場を楽しいものにしなくては、来ていただいた意味がありません。

従業員も笑顔でせっせと「もっと入るよ。もっと入るよ~」happy01 wink 

2012_0428_124609dscn0859*

酌むsign01

2012_0428_125652dscn0872_2

酌むsign01

2012_0428_125835dscn0873

酌むsign01

2012_0428_125854dscn0874

みなさん笑顔でお持ち帰りしていただきました。

2012_0428_130906dscn0882

ありがとうございました。

|

« 山菜の第二弾は、『さしぼ』 | トップページ | 好評の雪室氷点熟成 純米生酒とイシモチ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山菜の第二弾は、『さしぼ』 | トップページ | 好評の雪室氷点熟成 純米生酒とイシモチ »