« やっと、春を告げる旬菜がではじめました | トップページ | ゴールデンウィーク試飲即売会のお知らせ »

《予約受付中》雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便

ゴールデンウィーク初日は、天寿蔵で雪室開封式

秋田県由利本荘市矢島の天寿酒造

~~雪室生酒を酌みに行こう~~

2012年 4月28日(土) 10:00~

天寿酒造 精米所付近(矢島駅出て、右手を徒歩で数秒)

ご参加できない方のために、蔵元より

雪室氷温熟成純米生酒 をお届けいたします。

L163

このお酒は、2月の酒蔵開放でしぼりたて純米生酒の入ったタンクをまるごと雪の中に封印し、±0℃の氷点で熟成させたお酒です。

そのお酒を4月28日に雪室から開封いたしまして、ご自分でビン詰めできるのです。

でも、このイベントに参加できない方のために、春の生酒を鳥海山麓の残雪と春の香りを詰めて蔵元から直送致します。

全国一律送料込みの商品です。

1本入れ 2500円

2本入れ 3500円

///////////////////////////

いつもの季節がやってきて、いつもの旬の魚や野菜が店頭を飾ってます。

でも、身近にどこの家庭でも近所をお散歩すると手に入る「ふきのとう」

ここは、天寿酒造本宅前の矢島城址に続く階段です。

町内の方々は、天寿坂と呼んでくださってます。その坂の右手にもふきのとうが顔を出しているのがおわかりでしょうか?

2012_0406_134132dscn0656

身近な場所から、摘んできたふきのとうをネギのように細かく刻みます。

それを、少しの油で炒って、砂糖少々と味噌で絡めます。

すると、大変おいしい春の香りのする、「ばっけ味噌」の出来上がり~

ご飯にかけて食べてもおいしいのですが、ここはやはり酒の肴としてご紹介させていただきたく、豆腐の味噌田楽にしました。

Dscn0638

 

春の香りとともに、春の生酒の雪室氷温熟成純米生酒も一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。

 

|

« やっと、春を告げる旬菜がではじめました | トップページ | ゴールデンウィーク試飲即売会のお知らせ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと、春を告げる旬菜がではじめました | トップページ | ゴールデンウィーク試飲即売会のお知らせ »