« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

落語と天寿を楽しむ会(落語編)

第九回 落語と天寿を楽しむ会

5月 26日 満員御礼の中 三遊亭鳳楽師匠をお迎えし

たくさんの笑いをいただき、町中に笑い声が響き渡るほど・・・・

笑顔がこだました 天寿の里 矢島町でした。

午後3時30分の開場とともにお客様が続々とご入場くださり、時間通りの開催となりました。

2012_0526_181126dscn1174

初めに席亭であります天寿酒造社長より、ごあいさつをさせていただきました。

2012_0526_181841dscn1176

本日、9回目の落語と天寿を楽しむ会を開催いたしましたところ、たくさんのお客様にご来場いただき感謝申し上げます。

 この会を持つことができましたのは、地酒蔵元を応援しようという鳳楽師匠と「日本の酒と食の文化を守る会」の村田会長のおかげでございます。

 また、それを9回まで続けてこれましたことは、何よりもご来場いただきましたお客様のおかげでございます。本当にありがとうございます。

さて、私が社長に就任いたしましてから日本酒の消費量は、年々下がり続けており日本酒業界は低迷期に入っており、弊社も同じ状況でした。そんな中、弊社の業績は、昨年は、下がらなかった。という事がおきまして、大変喜んでいるところでございます。

 私共はイベントを開催する事で、天寿の酒蔵に親しんでいただき、酒造りの情熱やこだわり、など理解してもらおうと励んできました。
この地で出来る最高の品質を目指し、厳しい世の中でも一生懸命頑張りながらも、その大変さを笑い飛ばす心意気で、皆様と共に歩んでいきたいと思っております。

ご声援にお応えすべく、この地で出来る最高の品質を目指し、厳しい世の中でも一生懸命頑張りながらも、その大変さを笑い飛ばす心意気で、皆様と共に歩んでいきたいと思っております。

 落語を楽しむには暑からず、寒からずの落語日和であります。ごゆっくりお楽しみください。

本日は、本当にありがとうございます。

2012_0526_182848dscn1178


社長のごあいさつがすみましたら、出囃子が鳴り、鳳楽師匠がお目見えいたしました。

高座に上がる前に、天寿の酒樽とめくりの間からお顔をのぞかせ、にっこりとごあいさつしてくださいました。それと同時に客席からは、「待ってました~」の呼び声があり、鳳楽師匠も気分良く噺始めたご様子でした。

お召し物は、渋い茶のお着物に黒の羽織で、品格のある出で立ちで、おしゃれでセンスのいい鳳楽師匠の呼び声にふさわしいお姿でした。

噺初めに天寿酒造まで来る道のりで、新緑の美しさに目を奪われたことなどを折り混ぜながら、お酒のお噺で、芸者さんが綺麗な訳は、お銚子に残ったお酒を全身に塗るからだとか・・・お酒は、手に付くと初めはべたべたしますが、時間がたつとしっとりとすべすべになる。その効能を芸者さんは知っていたのだと思います。今度みなさんもやってみてください。ですが、ここで一つ注意点を申し上げますと、日本酒がなんでもいいということではございません。天寿のお酒でないと駄目なのです。と言って笑わせていただき、初めの噺に入っていきました。

初めの噺は、鮑のし(あわびのし)

大家さんの息子の婚礼のお祝いにお頭付きを買う予定が、鮑を買ってしまったが仕方なく女房に口上を教えてもらい届けに行く事になった。その口上の練習をしていると「承りますれば」が「うけたたまります」や「うけたたまりますれば」と、どうしてもいえないところなど鳳楽師匠の技の見せどころ、みなさんドッと笑います。同じように、どうしても「若だんな」を「バカだんな」「嫁御」を「おにょにょご」、「つなぎ」を「津波」と言ってしまうあたりなど、笑いが途切れませんでした。

しめの笑いは、今度は言われた通り威勢よく、
「一円じゃ安いや。五円よこせ五円。いやなら十円にまけてやる……ここで尻をまくるとこだけど、事情があってまくらねえ。サルマタしてねえから」・・・で爆笑と拍手・・・・

ここで、仲入り (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2話目は、井戸の茶碗(講談の「細川茶碗屋敷の由来」を元にして作られたとされる噺)

3人の正直者が出てきます。引きとった仏像から50両が出てきて、そのお金を元の持ち主に返すため受け取る受け取らないで、人情と正義と正直が交差する。

その感情を出す鳳楽師匠の人相が人物によって変化するので、見て聞いているほうも自然と噺の中に引き込まれていきます。

仏像からお金が出てきて、受け取った形として、茶碗を差し出す。茶碗も磨かれ細川家で買い取られたまた、そこでまた、お金に変わる。そのお金を届けると、何もやる者がないのでと娘を貰ってほしいと願うと、正直者であったが為に縁談はまとまる。

娘は貧乏なゆえ、身なりが貧しく貧相にしか見えないが、細川様がまた磨いたら見違えるようになるというと、「いや、磨くのはよそう、また小判が出るといけない」・・・

という、最後は綺麗なオチでした。

笑うだけの噺ではなく、こういう人情噺。美談をやっていただくことで、なおさらに人との絆を深めていかなくてはと再認識することができました。

噺が終わると開場からは、鳴りやまぬ拍手が続いておりました。

名人芸を間近で見聞きすることは、どれだけ心に響くかをお客様とともに感じた落語でした。

次回は、鳳楽師匠と天寿を楽しむ会のご報告をさせていただきますheart04

| | コメント (0)

東京都内にて試飲即売会をいたします。

6月 7日~13日

東急百貨店 東横店

地下1階 和洋酒売り場にて試飲即売会を行います。

営業の千島勝則(由利本荘市鳥海町出身)が、売り場にてお待ちしております。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月13日~19日

西武百貨店 池袋本店

地下1階 和洋酒売り場にて試飲即売会を行います。

営業の佐藤博輝(由利本荘市鳥海町出身)が、売り場にてお待ちしております。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

旬のお酒を携えて上京いたします。

天寿ファンの方も、天寿酒造のお酒をご存じない方も

ご来店くださいまして、この機会にご試飲いただければと存じます。

お酒は、毎年同じ行程で造っておりますが、その年によって旨さが若干異なります。

今年のお酒の味を確かめて頂く絶好のチャンスでもございます。

また、日本酒はあまり詳しくないけど、プレゼントにするので・・・という方も、売り場担当の者に、お気軽にお声かけしていただきますと、スムーズにお酒選びもできます。

秋田出身の関東在住の方は、地元の情報も聞く事ができますよsign03

たくさんのご来店お待ちしております m(_ _)m

ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡 ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡 ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡

秋田は、山菜シーズン真っ盛りです。

今回は、わらび です。

わらびが自生しているところ

2012_0513_121449dscn0994

こんな立派なわらびを見つけた時は、うれしくて、うれしくて (o^-^o) o(*^▽^*)o

大地の恵みに感謝しながら、ポキッといただいてきます。

そして、家に持ち帰り あく抜きをします。

あく抜きは、簡単な作業なのですが、あくが出切るまで時間がかかりますので、その日には食べられないのが、辛抱のしどころ(^-^;)

------わらび あく抜き方法--------

 わらびが、すっぽりと入るくらい大きな鍋に、お湯をたっぷり入れ

 沸騰したら、重層を入れます。(わらび100gに対して、重層が5gくらい)

 シュワシュワとお湯が倍の泡をだして沸騰しますが、そこにわらびを入れます。

 わらびを入れると温度が下がりますので、沸騰はおさまりますが、再度ぽつぽつと沸騰し始めたら火を止め、わらびを入れたまま温度が下がるまで置きます。(5時間~8時間くらい)

 すっかりと灰汁がでたら、綺麗な水を何度も替え(流水でもOK)4時間以上置きます。

------------------------------

このように、手をかけるのは、数分ってとこです。

あくが出るまで時間がかかりますので、朝採ってきて重層で湯がいて、流水で4時間以上となると食べるのは、翌日になります。

やっと、食卓に上がる わらび

初物のわらびは、おろし生姜でいただきました

Dscn1121



お酒は、天寿 純米酒 

Dscn2680米作りからこだわった酒造りをしたいという社長の呼びかけに、米作りのプロが集い、二十年以上の歴史ある契約栽培グループ天寿酒米研究会産の美山錦の特上米を100%使用しております。

丹精込めて作ったお米を、精魂こめて酒造りいたしました。

燗上がりするお酒ですので、ぜひお燗してお召し上がりいただければと存じます。

お燗したお酒は、身体に優しくなじみゆっくりとその日の疲れを癒してくれます。

| | コメント (0)

今晩は、ミルシュにしよう!

新鮮な野菜が地元で採れ始めて、太陽と水と大地の恵みをおすそわけしていただいてます。

天寿の里、矢島地域ではアスパラと原木シイタケの生産が盛んです。

新鮮なアスパラは、あまり火を通さずシャキシャキとした食感を楽しめるのも地物であるからこそです。

原木シイタケも年中栽培されており、香りが良く、ふんわりとした肉厚の身は噛んだときにジュワッとシイタケエキスがこぼれ出てきます。

そんな地元の新鮮な食材を使って、今日は、アスパラとシイタケのバター炒めをしました。

食材に、しっかりとうま味があるので、味付けは、塩コショウのみ

simple is best!!

2012_0517_201819dscn1031


Dscn2271


お酒は、天寿 ミルシュ(シャンパン型の発泡酒)

バターを使った料理によく合います。

ミルシュは、ジャージー牛乳から作られたお酒です。ジャージー牛は、ホルスタイン種に比べて栄養価が高く、コクのある味わいが特徴とされる高級牛乳です。

このジャージー牛乳を原料として、脂肪を除き、しかも豊富なビタミンとカルシウムなどのミネラル分は自然のままに醸造した低脂肪、低アルコールのヘルシーなお酒です。

この醸造方法は、世界で初めての方法で珍しいお酒ですよ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

          お知らせ

第9回 落語と天寿を楽しむ会

平成24年 5月 26日(土)

午後 4時 開演(開場3:30)

場所 天寿酒造株式会社

会費 5000円 (先着100名限定、前売りチケット制)

 

タイムスケジュール 

午後 4時~6時  落語 三遊亭鳳楽

午後6:20~8時 鳳楽師匠と天寿を楽しむ会

先着100名限定ですので、お早めにチケットをお求めください。

お申し込み・お問い合わせは・・・

参加希望者の

・お名前

・ご住所

・電話番号

・Eメールアドレス

・参加人数

を明記して、下記にお申込み下さい。

---折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

天寿酒造株式会社

〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地  

電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167

 E-mail info@tenju.co.jp

 

 

| | コメント (0)

天寿純米酒と山ウドとにしんの煮つけ

寒暖の差が激しく、最高気温が10℃~16℃といった日が続いている

秋田、天寿の里です。

これは、秋田に限ったわけでなく全国のあちらこちらで寒暖の差が激しいですね。

でも、山は芽吹きが盛んで、少し遅れ気味ではありますが山菜もちらほらと出ております。

雪が消えて、ふきのとう、さしぼ(イタドリの芽)、わらび、ウド、タラの芽、ぜんまいと春の山は、賑やかになります。

こちらは、山ウドが自生している姿。根元を持って曲げると、ポキッと折れてその後、ウド独特の香りが漂います。

2012_0513_122906dscn0996


この山ウドが出始めると、身欠きニシンとの煮つけが食べたくなります。

昔は、鮮魚が手に入りにくかった山間の町ですので、干物と旬の山菜を一緒に調理するものが、郷土料理になったものと思われます。

ニシンは、春に北日本や北海道に産卵のためきます。ニシンの白子で海が白くなるほど大群が押し寄せた時期もあるようです。

このニシンは、生の状態では日持ちがしないので、内臓や頭を取り除いて乾燥させます。

大量のニシンを全国に流通させるために干物に加工したのが、身欠きニシンなのです。

焼くとちょっと硬くなるので、煮つけにするとふんわりとして、旨さが引き出されます。

ニシンのうま味がウドにしみ込み、ウドの香りがニシンの臭みを消してくれ本当に合う料理だと思います。

2012_0511_201653dscn0986

郷土料理には、やっぱり地酒でしょう。

Dscn3151


天寿 純米酒
は、飲み飽きしない旨口の酒ですので、こういた料理には最高のお供となります。

燗上がりするお酒でもありますので、肌寒い夜にはお燗していただくと、ほっこりと身体があたたまり、寒さで固まった身体をゆっくりとやんわりと緩ませてくれます。

1日の終わりにぜひ、天寿 純米酒をどーーぞ!

2011年全米日本酒歓評会にて、金賞を受賞しております。

| | コメント (0)

今年も三遊亭鳳楽師匠をお迎えし、独演会を開催します


12rakugo第9回 落語と天寿を楽しむ会

 

平成24年 5月 26日(土)

 

午後 4時 開演(開場3:30)

 

場所 天寿酒造株式会社

 

会費 5000円 (先着100名限定、前売りチケット制)

 

タイムスケジュール 

午後 4時~6時  落語 三遊亭鳳楽

午後6:20~8時 鳳楽師匠と天寿を楽しむ会

 

毎年、さなぶりの頃(田植えが終り、ひと段落して祝うことを〈さなぶり〉といいます)

三遊亭鳳楽師匠をお迎えし、円熟味を増した話芸をたっぷりと2時間楽しめます。

江戸時代からの伝統の古典落語を追求した師匠の技は、2時間ですが、30分!かと感じるくらい、噺に引き込まれます。

東京下町に行かないとなかなか聞けない、本物を秋田で堪能できるのですから、この上ない贅沢でしょう。

先着100名限定ですので、お早めにチケットをお求めください。

お申し込み・お問い合わせは・・・

参加希望者の

・お名前

・ご住所

・電話番号

・Eメールアドレス

・参加人数

を明記して、下記にお申込み下さい。

 

折り返し、こちらからご連絡させていただきます。

//////////////////////////////////

天寿酒造株式会社

〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地  

電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167

 E-mail info@tenju.co.jp

///////////////////////////////////

昨年の様子です。

2011_0528_180355dscn8815


師匠との語らい

2011_0528_205952dscn8840

2011_0528_221405dscn8877_2
気さくに、サインに応じてくださる鳳楽師匠

2011_0528_221405dscn8877_3

天寿のお酒は、10種類以上 準備しております。

2011_0528_203716dscn8828

2011_0528_222032dscn8885*2011_0528_222105dscn8887
*

2011_0528_222112dscn8888*2011_0528_222123dscn8889

お料理は、従業員手作りの地元の旬の物いろいろ

この企画は、「日本の酒と食の文化を守る会」のご協力を得て開催されるものです。

よって、日本の酒は、地酒の天寿を楽しんでいただき、食文化については、旬のものをどうやって食べてきたかを追求するものでもあります。

季節感のなくなった昨今の食卓に、日本の四季折々のお料理を並べて、食文化の原点ともいえる大切なことを守り受け継いでいく。

原点を見直し、守って行きましょうとの呼びかけです。

2011_0528_202330dscn8818

2011_0528_202337dscn8819*2011_0528_202341dscn8820_2


2011_0528_202347dscn8821*2011_0528_202405dscn8822


鳳楽師匠と地元産の米を使った天寿のお酒いろいろと、地元の山菜などのお料理を一緒に楽しめる企画は珍しいと思います。ぜひ、ご参加お待ち申し上げます。

| | コメント (0)

好評の雪室氷点熟成 純米生酒とイシモチ

4月28日に開封した雪室氷点熟成 純米生酒は、ありがたいことに大変好評を博しております。

本当にありがとうございます。

ネットでご購入いただきました皆様には、鳥海山の残雪と春の香りのふきのとうが

入って送られました。

下記写真は、鳥海山の麓の残雪を積みこんできた軽トラックです。

2012_0428_131229dscn0885


お手元にお届き、ご賞味いただけましたでしょうか?

2012_0428_130722dscn0880

雪室を開封したてのあのふんわりとした優しい香りは、ビンに入ったのを開封した瞬間も同じように感じられることと思います。

その香り高いお酒には、いまが旬のイシモチが合いましたよ。

イシモチは、頭部に大きな耳石をもっているのでその名がついたとの事です。

また、うろこが薄く、調理しやすく、身は白身で癖のない味ですが、身に水分を多く含んでいるので痛みやすいので、刺身よりも塩降り焼きにすると抜群に旨いです。

2012_0428_205157dscn0925

こんがり焼けた皮もおいしく、身もフワフワで天然塩が魚のうまみを引き立ててくれます。

そこへ、雪室氷点熟成 純米生酒を口に含んでみてください。

さわやかな春の風が、口の中を駆け巡って一気に花が咲くような、豊かな味わいです。

四季折々の風景に、四季折々の旬の食材。

日本人の季節を楽しむひと時に、日本酒は欠かせないものであると感じております。

是非とも季節の味を大切にして、地元の旬のものとの組み合わせを楽しんで日本酒天寿をご愛顧ください。

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »