« 水源探索トレッキング 2日目ご報告! | トップページ | 八朔祭りで、天寿酒造の前は大賑わい »

「呑み切り」が行われました!

醸造試験場の先生や酒類卸関係の方、酒販店様など、にお越しいただき

貯蔵タンクの酒の品質検査をしていただきました。

2012_0906_102103p9060067

「呑み切り」とは、聞きなれない言葉かと思いますので、少し説明させていただきます。

貯蔵タンクの底の方には、呑み口という酒をタンクから出す口があるのですが、そこの封を切るということで、「呑み切り」という呼び名がついたようです。

では、なぜに呑み切りを行うかと申しますと、

※貯蔵中の酒質に変化はないか。

※火落ち菌の有無。

※熟成の進み具合。

などをきき酒によりチェックします。

ですので、蔵元にとっては緊張する大事な大事な行事なのです。

2012_0906_095553p9060055


2012_0906_100619p9060056

この日は、酒類卸の本荘支店長様や酒販店様、日本名門酒会の方々がいらしてくださいました。

普段なかなかお伝えできない、天寿酒造の方針または、酒1本、1本に対する酒造りのこだわりなどをお伝えさせていただきました。

また、好みを調査させていただきたく、5種類の酒を効き酒していただき好きな味の順番に番号をつけてもらったりもいたしました。

2012_0906_100645p9060058

緊張の日でしたが、すべて良好との太鼓判をいただき

社長初めとする社員、そして今は休業中の蔵人たちもホッとしております。

品質もバッチリと合格をいただきました天寿のお酒たち

今後ともご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

|

« 水源探索トレッキング 2日目ご報告! | トップページ | 八朔祭りで、天寿酒造の前は大賑わい »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水源探索トレッキング 2日目ご報告! | トップページ | 八朔祭りで、天寿酒造の前は大賑わい »