« 満員御礼の天寿を楽しむ会でした! | トップページ | 蔵元直接企画んめものや「とら河豚かやき」 »

13回 天寿を楽しむ会 ご報告(その2)

第二部のご報告!

満員御礼のお客様たちのお腹が満たされた頃

「天寿を楽しむ会」恒例のマッチングコンテストが始まりました。

各テーブルから1名の代表の方に参加していただきましたので、20名の方がお揃いです。

Pb100078


最初は、マッチングではなく天寿酒造やお酒に関するクイズから・・・

例えば、「初しぼり生酒の発売予定は、何月何日ですか?」

答えは、12月10日です。

「今年2月の蔵開放の来蔵者は何名か?」

答えは、1600名でした。

そんな、こんな質問なので味覚に自信のある方だけではなく、天寿ファンで『蔵元通信』をよくお読みになっておられる方、酒造りに関心のある方が最後まで残ります。

難問をクリアされた方は、4名様でした。

この方々で、マッチングをしました。はてsign02 どなたが優勝したのでしょう~

Pb100085_2

発表いたします。みごと優勝されたのは、地元の方でした。

もちろん、社長も顔なじみの方です。

おめでとうございます (*^∇^)/☆;:*:;☆Congratulation☆;:*:;☆

Pb100090

マッチングコンテストが終了し、飲み比べコーナーが人気ですupPb100058_3

若い男性たちは、ラベルをご覧になり真剣に利き酒してますね
Pb100060

飲み比べコーナーのお酒たちheart04

L36大吟醸「鳥海」

2012年度ワイングラスでおいしい日本酒アワード金賞受賞 他

精米歩合35%の山田錦を秋田流低温長期仕込みによって

醸した大吟醸酒です。芳醇な味わいと華やかな香りに「天寿」

ならではの風格が漂っています。

*もともと大吟醸は、その蔵元の酒造技術を競うためにだけ醸された特別なお酒なのです。

Photo_3
純米大吟醸

2012年度インターナショナル・サケ・チャレンジ銅賞受賞

霊峰鳥海山の万年雪から生まれる伏流水を仕込み水に、

天寿酒米研究会が丹精込めて育て上げた、秋田悲願の

酒造好適米「酒こまち」を使用し、蔵人がその持てる匠と

情熱で懸命に醸しあげた、芳醇な香りと繊細でやわらかな

味わいの純米大吟醸です。

大吟醸

S39_22012年度インターナショナル・サケ・チャレンジ銅賞受賞 

天寿酒米研究会産美山錦で醸した大吟醸酒。お酒から

立ち上がる果実のような吟醸香と、口に含んでから広がる

豊かな香味が別格です。

*

12720純米大吟醸「鳥海山」

2012年度ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞

全米日本酒歓評会金賞受賞 他

契約栽培酒造好適米を使用し、東京農大花酵母で醸しあげた

純米大吟醸。芳醇な香りとジューシーな酸味で料理を引き立てます。

*

Photo_6天寿純米吟醸

2012年度インターナショナル・サケ・チャレンジ銀賞受賞 他

東京農大の中田教授により、撫子の花から採取された

清酒酵母を使用しました。天寿酒米研究会契約栽培の

美山錦で醸しあげた、清んで華やかな香りと飲みごたえの

ある味です。

Photo


天寿純米吟醸「壱花蔵」

アベリアの花から分離された清酒酵母で醸した、艶やかな

香りとまるく膨らみのある味わいです。

*



Pb100126ミルシュ(ジャージー牛乳発泡酒)

平成13年度優良ふるさと食品中央コンクール
農林水産大臣賞受賞

ヨーグルトのようなほのかな香りで

シャンパンタイプのおしゃれなお酒です。

*

【本日の限定酒】


Pb100063_2純米吟醸無濾過生原酒(今だけやNo.36)

美山錦とナデシコ酵母で15度台に発酵を

抑えて醸し上げました。洋ナシのような吟醸香が

豊かで、-5度で1年かけて熟成された生原酒は

生来のジューシーな酸と相まって熟成した

生原酒ならではの濃醇な旨さが出ています。

*

*

【お燗酒コーナー】

精選

燗上がり純米酒

スローフードジャパン燗酒コンテストぬる燗部門2012年度
最高金賞受賞

米どころ秋田の米を100%使用し、マリーゴールドの花から分離した酵母を用い、ぬる燗部門でも特徴であるおだやかな香りと爽やかな酸味を感じさせます。

Pb100100

これからの季節にお燗酒は、冷え症の女性の味方ですよ~scissors

お燗酒で体を芯から温めて、ホコホコでふとんにつくとぐっすり眠れますup

一度お試しくださいませ~heart04

色々なお酒をお楽しみいただいているうちに、全員参加の大抽選会のはじまり、はじまり

社長の奥様が幸運の女神diamond

Pb100104

当選された方が続々と続きます。

Pb100105

社長は、最後の一番高価なお酒の当選者を選んでくれました。

Pb100120

おめでとうございます。こちらの方は、お隣のにかほ市からおいでくださいました。

遠いところお越しいただきました甲斐がありますね。よかったです

Pb100122


抽選会の合間には、社長がお客様と歓談

Pb100080


Pb100065


Pb100094


楽しむ会のサブタイトルとして謳われております「人、水、米にこだわり、酒造り一筋に歩み続けて130余年」

人(お客様)を大切に思うからこその社長のこの笑顔です。

これからも天寿酒造は、人とのご縁を大切にして、鳥海山からの恵みの水に感謝しながら仕込み水に使わせていただき、天寿酒米研究会の方々と共に米作りを探究し続けて、酒造り一筋に励みます。

なにとぞ、叱咤激励の程よろしくお願い申し上げます。

第13回天寿を楽しむ会にご参加いただきました皆様ありがとうございました。

また、参加された事の無い方、またはご都合により参加できなかった方、来年のご参加お待ちしております。

heart02ありがとうございましたheart02

|

« 満員御礼の天寿を楽しむ会でした! | トップページ | 蔵元直接企画んめものや「とら河豚かやき」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

ビックリさん。
そうでしたか~!
それは、残念でした。
「雪ごよみ」私も大好きです。
早く12月10日にならないかな~~(笑)
 
蔵開放では、お会いできますことを祈ってます!

投稿: ペチママ | 2012年11月30日 (金) 09時44分

ご無沙汰でした。
行きたかったなあ (泣)
すっかり行く気だったのに、急遽決まった会社のイベントと重なってしまいました。
来年の蔵開きまでお預けです。
それまで、せめて初しぼりの雪ごよみで我慢か?

投稿: ビックリ | 2012年11月29日 (木) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満員御礼の天寿を楽しむ会でした! | トップページ | 蔵元直接企画んめものや「とら河豚かやき」 »