« 第10回 落語と天寿を楽しむ会---ご報告!(落語の部) | トップページ | 西武百貨店 池袋本店 試飲即売会 »

第10回 落語と天寿を楽しむ会---ご報告!(楽しむ会)

三遊亭鳳楽師匠を囲んでの天寿を楽しむ会の時間となりました。

師匠はお召替えされてご登場すると、先ほどの名人芸に対しての皆さまからの感謝の気持ちで、会場からは拍手喝采sign03

2013_0525_182444p5250022

師匠がお席につきまして、楽しむ会の始まりです。

乾杯のご発声は、秋田県議会議員の佐藤健一郎様にお願いいたしました。

『三遊亭鳳楽師匠の名人芸には人を引き込み感動させてくれて、3話目の噺は、1時間の長丁場で演じていただきましたが、時間の経過さえ忘れさせるほどのすばらしい芸でございました。

 天寿酒造さんを応援してくださるが為に、10回という記念すべき回数の独演会をやってくださる三遊亭鳳楽師匠に地元の者として御礼申し上げます。

 私は、もちろん天寿酒造さんの自称ではありますが応援会会長で、どこへ行っても地元の酒蔵ということで天寿さんのお酒を紹介させていただいております。ここにお集まりの皆さまも天寿さんのファンであると思います。今後も地元の酒と日本の伝統文化である落語が繁栄いたしますことを祈念いたしまして「乾杯」

2013_0525_182948p5250026

場が和み、テーブル酒に舌鼓を打っております間に新杜氏の一関よりお酒の説明をさせていただきました。

2013_0525_183116p5250028

まずは、テーブル酒の説明から~(*^.^*)

雪室氷点熟成純米生酒

蔵開放イベントで、しぼりたての純米生酒をタンクまるごと雪の中に封印し、±0℃の氷温でじっくり熟成させました。とろりとした丸みのある生酒です。このお酒は、「いつ飲むの?」「今でしょ」 (*^m^)

2013_0525_181805p5250018_3


天寿 純米吟醸

なでしこの花から分離された酵母で醸し、清んで華やかな香りと、純米吟醸ならではの、心やすらぐ味わいです。

2013_0525_184755p5250046

清澄辛口本醸造「鳥海山」

日々草から分離した酵母を使用して醸した、軽快でふくらみのあるスッキリした辛口です。

2013_0525_181857p5250020


純米酒 天寿 (お燗酒)
---
2011年全米日本酒歓評会:金賞2013_0525_185416p5250070受賞

二十年以上の歴史ある契約栽培グループ天寿酒米研究会が、丹精込めて育て上げた美山錦の特上米を100%使用した、 飲み飽きしない旨口の純米酒。燗上がりするのも特徴の一つです 

 

燗上がり純米酒(お燗酒)---2012年燗酒コンテスト最高金賞受賞

マリーゴールドから分離した清酒酵母で醸し上げました。酸に特徴があり、それを程よく熟成させて旨みがのり、美味しいバランスになりました。

どぶろく すーっぱーくりんぐ

蔵開放での試験販売も大好評だった限定酒です。華やかな酸味が新感覚の微発泡にごり酒をおためしください。現在天寿蔵内限定販売です。2013_0525_185025p5250052_2

鳥海山自然水

鳥海山に降り積もる万年雪を源とし、年月を経て大地に濾過された美酒天寿の仕込み水です。超軟水のとてもやわらかなおいしい水です。やわらぎ水として、どうぞ。

飲み比べメニューです

ご自分のグラスを持参してじっくりと飲み比べしてくださってました。

2013_0525_185124p5250058

大吟醸「鳥海」 ---2013年IWC銀賞受賞

正統・秋田流とも言える低温長期仕込みにより醸された大吟醸です。蔵人の確かな技と限りない情熱が育て上げた「天寿」ならではの逸品です。華やかな香りと豊麗な味わいをお楽しみください。

2013_0525_185347p5250067

古酒大吟醸---2011年IWC銅賞受賞

優しくきめ細やかな香味に品質の確かさが息づき、大吟醸の華やぎとしっとりとした雪国の情緒を伝えてくれる天寿最高級の風格です。Photo

純米大吟醸 ---2013年IWC銅賞受賞

天寿酒米研究会が丹精込めて育てた酒造好適米を使用し、蔵人の匠と情熱で醸し上げた芳醇な香りと繊細な味わいが自慢です。

2013_0525_185339p5250066

大吟醸生酒

原材料「美山錦」の栽培から酒造りまで、すべて蔵人の手によって育まれたものです。秋田の風土と共に生きる「天寿」の粋を極めた吟醸酒です。豊かな味わいと生酒の柔らかさが魅力です。

2013_0525_185312p5250063

純米大吟醸「鳥海山」 ---2012年ワイングラスでおいしい日本酒アワード最高金賞受賞

天寿酒米研究会が、丹精込めて育て上げた酒造好適米を使用し、杜氏と蔵人が、その米との対話と伝統の技とで醸し上げました。華やかな香りと穏やかなくちあたりのお酒です。

現在、世界31カ国の日本国政府の在外公館において外国の賓客に供されています。

2013_0525_185326p5250064

では、お料理のご紹介 (/ ^^)/

右上から時計回りに....

豚肉のパイン煮、筍のバター炒めバルサミコ酢かけ、人参のたらこ炒め、ちくわのシソ巻き、水蕗のカレー風味、お猪口の中は、鳥海山の山わさび醤油漬け

2013_0525_181444p5250015

煮物、冷や奴、

2013_0525_184051p5250032_3*2013_0525_184044p5250031

おひたし二種(ワラビ、サシ)、紅茶豚サラダ、香の物(ミズの漬物)
2013_0525_184143p5250034*2013_0525_184037p5250030

あおさの味噌汁

2013_0525_184449p5250044

社長の奥様の味付けと女性従業員が手造りしたものです。

三遊亭鳳楽師匠に女性従業員が写真をおねだりしたところ、いつもおいしい料理を作ってくれてありがとうの言葉をマイクを使って会場のお客様に紹介してくださいました。

その時の記念写真がこちらです。

2013_0525_194650p5250115

気配りの三遊亭鳳楽師匠には感動です。ありがとうございました☆

そして、いつものようにサインにも快く応じてくださる師匠ですnote

2013_0525_194137p5250105

毎年、チケットに書いてある整理番号でくじ引きを致します。当選くじを引くのは師匠です。

2013_0525_193222p5250088

天寿のお酒や三遊亭鳳楽師匠のサイン色紙です。

当たった方は大喜びupupup よかったですね~note

2013_0525_193634p5250096_2

くじ引きが終わると楽しむ会も中締めとなります。

ごあいさつを由利本荘市矢島総合支所の佐藤様にお願いいたしました。

「みなさん、今日は楽しい落語をお聞きして、よかったですね。さて、落語の三話覚えてますか~?はい、そうですね「目薬」、「夢の酒」、「柳田の堪忍袋」良い話でした。そして、おいしいお酒をいただき本当に楽しい時間をありがとうございました。日本の酒と文化を育てると言うことは、地元の天寿を育てるということです。今後も天寿酒造さんを応援してまいりましょう」 うれしいお言葉をいただきました。ありがとうございます。

2013_0525_195133p5250117

そして、集った皆さまは、帰路へ

2013_0525_200324p5250136

三遊亭鳳楽師匠、日本の食と文化を守る会の村田様、ご来蔵いただきましたお客様、このご縁があり実現いたしました『落語と天寿を楽しむ会』今年も無事終了いたしました。

お力添えありがとうございます。

今後とも天寿酒造を叱咤激励くださいますよう心よりお願い申し上げます。

|

« 第10回 落語と天寿を楽しむ会---ご報告!(落語の部) | トップページ | 西武百貨店 池袋本店 試飲即売会 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10回 落語と天寿を楽しむ会---ご報告!(落語の部) | トップページ | 西武百貨店 池袋本店 試飲即売会 »