« 三遊亭鳳楽師匠 独演会 in 天寿蔵開催決定! | トップページ | 大多数の方が、好きと答える山菜「タラの芽」 »

ワラビと雪室氷点熟成純米生酒

雪深い天寿酒造の町は、鳥海山の麓にあり雪解けが進むと山が目覚めたかのように芽吹き始めます。

雪が消えると、草木の枯れ葉一色の山肌となり緑といえば、針葉樹くらいです。

前年の草木の枯葉の隙間をかき分けてふきのとうやサシボなどが顔を出します。この色は薄い黄緑で、目に優しい色あいです。

そうこうしてる間にこぶしの白い花が咲き、里ではが咲きます。桜が散る頃に『タラの芽』などが出始めで、木々の芽吹きが始まります。

そして次々と葉物山菜である、「しどけ」「あいこ」「ほんな」など採れ始めるのです。ワラビも葉物山菜とほぼ一緒に獲れます。

山が緑に包まれるまでの間、それは、それは、みごとなまでの力強い芽吹きの移ろいで、定点カメラを設置して早送りしたらどんなに美しい事でしょうね。

そんな自然の美しさを日々眺めながら、鳥海山の恵みである山菜を地元の方以外にも楽しんでいただきたく企画いたしました。

蔵元直接企画『んめものや』

ワラビ(約300g~350g)と雪室氷点熟成純米生酒 720mlのセット販売

Dscn1121

ワラビは、茹でたものをお届けいたしますので、すぐに食べられます。

生姜醤油でいただくも良しsign01

かつおぶしをふりかけていただくも良しsign01

ドレッシング(青じそ、胡麻)などをかけて召し上がるも良しsign01

味噌汁でいただくも良しsign01

ワラビのお召し上がり方は、色々ありますが
お酒は雪室氷点熟成純米生酒でバッチリimpactです。

2012_0428_204916dscn0921

2月16日の蔵開放イベントで、しぼりたての純米生酒を

タンクまるごと雪の中に封印し、雪室で氷点熟成を行いました。

低温でじっくり熟成させる事により、とろりとした丸みのある生酒となっております。

地元の旬の食材と地酒のコラボは、どこか共通点がありしっくりとくるものがあります。

是非とも、秋田の春の味覚をご賞味くださいませ。

※5月中旬ごろの発送となります。採れたての発送になりますので、出荷日は決まっておりません。着日指定はできませんので、予めご了承願います。

お申込みは、こちらです。

http://www.tenju.co.jp/shop/prod.php?act=prod&prodid=166

|

« 三遊亭鳳楽師匠 独演会 in 天寿蔵開催決定! | トップページ | 大多数の方が、好きと答える山菜「タラの芽」 »

雪中貯蔵庫」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 株のetfとは | 2013年6月 4日 (火) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三遊亭鳳楽師匠 独演会 in 天寿蔵開催決定! | トップページ | 大多数の方が、好きと答える山菜「タラの芽」 »