« お燗酒を楽しむ季節です | トップページ | 秋には、お燗酒に合う食材が豊富です »

大吟醸雫酒「 鳥海の雫 」 10月1日より発売

天寿酒造の技を結集して歓評会へ出品するお酒と同じようにして造られる

大吟醸雫酒「鳥海の雫」 が発売開始となりました。

1.8 L 10,500円 限定80本

720ml  5,250円  限定100本

L130_2

蔵元にとって鑑評会への出品は最も緊張する一つです。

 

「鳥海の雫」はその出品酒と等しく、加圧せずに酒袋から

 

滴り落ちる雫のみを集め、瓶火入れし、静かに低温熟成

 

した超限定の大吟醸の最高峰です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

どんな作業工程で雫取りをするのか、今年の3月2日の作業をご紹介させていただきます。

3月になると 1月に仕込んだ大吟醸が完熟もろみとなり、雫酒は搾りの時期を迎えます。

醪は、発酵が静かになり、発酵した泡が残した跡は、絹のような光沢を帯びております。

2013_0302_130722p3020001

このタンクから大きな桶にホースで送られます。

2013_0301_133530p3010007

それを酒袋に詰めて、槽(ふね)に吊るされます。

2013_0302_131259p3020007


この酒袋から滴りおちた雫を集めて斗瓶に詰めますが、最初の濁った部分は、雫酒とはなりません。

2013_0302_131513p3020014

酒袋の中が静かに落ち着くと、清んだ雫が落ち始めます。

2013_0302_132955p3020030


これが、大吟醸雫酒「鳥海の雫」になります。

今季の造りもそろそろ始まります。

今年も心を込め、技を磨き酒造りに精進いたしますので、天寿のお酒をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

|

« お燗酒を楽しむ季節です | トップページ | 秋には、お燗酒に合う食材が豊富です »

大吟醸」カテゴリの記事

コメント

10月1日に発売になる「鳥海の雫」を分けて頂きたいのですが、どうすれば宜しいのでしょうか?お知らせくださいますと有り難いです。

投稿: 砥上幸一郎 | 2015年9月25日 (金) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お燗酒を楽しむ季節です | トップページ | 秋には、お燗酒に合う食材が豊富です »