« 酒和从さんの酒造り | トップページ | 今年もやります。「立春朝しぼり」 »

小正月行事の「どんど焼き」

小正月の行事である「どんど焼き」は家内安全・無病息災を願うお祭りで、1月15日の小正月にやっていたのですが、今では成人の日に合わせた日曜日にやっている所が多いようです。

藁を積み上げて、正月飾り、注連縄、書き初めを家々から持ち寄り、一緒に燃やします。燃やした火で餅やするめを焼いて食べると一年健康に過ごせるなどの言い伝えがあります。

お正月飾りとは、歳神様をお迎えする目印としての役目や意味があるため、その飾りの扱いを粗末にすることはいけないと考えられており、このような清浄なる火でお焚きあげをして、その煙と一緒に天にお帰りになると考えられているようです。

田んぼの真ん中に積み上げられた場所へ行くには、このように入り口を造り、そこへ行くまでの道を踏み固めておかないとぬかるんで危ないのです。
2014_0112_175803p1120066

道の両側には、このように灯篭が立ててあり、明るく歩けます。

2014_0112_175843p1120067

150束の藁が積まれた場所では、点火作業中

2014_0112_180512p1120076

日中準備中、藁を積んで「やれやれ。」とホッとした時間に雨が降り藁が湿ってしまって、なかなか火がつきませんでしたが、無事に燃え上がりお餅やスルメを焼く事ができましたscissors

2014_0112_182329p1120088

この画像から神聖な火を感じていただき、ご覧頂いております皆様が今年一年、健康で過ごせますように(祈)

夜になると冷え込みが厳しくなりますので、家に帰り本醸造 あきたこまちお燗酒で身体を温めました。

冷えた身体の五臓六腑にしみわたり、徐々に身体がほぐれてくるのが分かります。

日本酒は身体を温める特徴がありますので、厳しい寒さにはお燗酒が一番ですね。

本醸造 あきたこまち

1800ml 2,039円

720ml 1,121円

L123

秋田の大地で育まれた銘柄米「あきたこまち」の特徴を生かした

ふんわりた美味しい甘味がある淡麗旨口のお酒です。

お燗でいただきますと、冷えた身体をやさしく包んでほぐしてくれます。

寒さ厳しいこの時期に天寿の本醸造 あきたこまちのお燗で今宵をお過ごしくださいませ。

|

« 酒和从さんの酒造り | トップページ | 今年もやります。「立春朝しぼり」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒和从さんの酒造り | トップページ | 今年もやります。「立春朝しぼり」 »