« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

雪室開封いたしました。

2月7日に雪室を作り、断熱材で覆い約3ケ月間封印されておりました雪室です。

シートが剥がされた姿を見た時、よくここまで踏ん張ったsign03と誉めてあげたい気分でした。

今日は開封式です。

Img_2783 

お客様が2~3人、7~8人と続々とご来蔵くださいまして、開封式の時間となり社長よりごあいさつ申しあげました。

「ようこそお越しくださいました。今年は晴天に恵まれ、また桜も満開という日よりのいい開封式となり、喜んでいるところです。

今年で11回目の雪室開封を迎えます。雪に囲まれたタンクは、0℃ぴったりの温度で三ヶ月間熟成されました。ゆっくりと熟成することにより、とろりとした口当たりのお酒に仕上がります。今晩は、このお酒を主役にしての酒宴企画もあります。

開封式は皆さんで、タンクの呑口をふさぐ雪を取り除くための板を引っ張っていただき開封となります。試飲もしていただけますので、運転手以外の方は一足お先に味わっていただけます。それでは、よろしくお願いいたします。」

Img_2814

みなさんに紐を持っていただき、スタンバイOKです。

Img_2819

いち、にの、さんup  開封いたしましたnote

Img_2823

皆様からは、思わず拍手が湧きあがりました(≧∇≦)

Img_2825

ジャーーと勢いよく、樽へ移され第一便試飲会場へ到着です。

Img_2843

Img_2841

とろりとした仕上がりが、伝わりますよね~

Img_2875

試飲会場には、フレッシュなお酒の香りが漂います。

Img_2846

Img_2847

社長も満足の笑顔です。

Img_2860

そして、ご自分で瓶詰め ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Img_2867 Img_2871

Img_2904 Img_2943

Img_2900 Img_2933

みなさん、今晩は雪室氷点熟成純米生酒を楽しんでくださいね~heart04

開封式に来れなかった皆様、お近くの酒販売店でも取り扱っておりますので、ぜひお楽しみください。

ネット販売もしております。

雪室氷点熟成 純米生酒(単品) 720ml 販売価格(税込): 1,404

***********************

鳥海山麓の残雪に詰めて蔵元から直送するセットもございます。

こちらは、出荷日が5月2日・5月9日になります。

雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 1本) 
         販売価格(税込): 2,700円 ・・・クール料金も含みます。 

雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 2本)
         販売価格(税込): 3,780円 ・・・クール料金も含みます。

イメージ写真

Photo_3 

| | コメント (0)

明日、雪室開封いたします。

今年の蔵開放前日に雪室に封印いたしました雪室氷点熟成純米生酒開封式を行います。どなた様もこの機会をお見逃しなく、天寿酒造までお越しくださいませ。

平成26年 4月 26日

時間 AM10:00~

天寿酒造精米所付近(矢島駅を背にして右手駐車場奥)

天寿酒造で準備する空き瓶(720ml)に、開封したての香り高い純米生酒をご自分で手詰めできます。雪で囲い、±0度を確実に保ったまま80日間ゆっくりとじっくりと醸されました。とろりとした口当たりのお酒に仕上がってます。

▽写真は昨年の雪室氷点熟成純米生酒です。

2012_0428_130722dscn0880

開封したての雪室氷点熟成純米生酒を持って、矢島のふれあい公園でお花見なんぞいかがでしょうか。ふれあい公園の桜は、土日が見ごろになりそうです。

一見すると満開に見えますが

Img_2548 

ズームしてみると、蕾がたくさんついてます。

Img_2556

ここに来て、近日の気温は17℃~19℃と桜が花ひらくには申し分ない気象状況ですので、土曜日の雪室開封式には満開になること間違いないです。

由利高原鉄道では、マンガ家の松山せいじさん作、「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部」のラッピング電車が今月の19日から走ってます。かわいいラッピング電車に乗って終点の矢島駅で降りると、駅を背にして右手駐車場奥が天寿酒造の雪室開封式場です。

Img_2586

Img_2463

ラッピング列車はお子様に喜ばれるでしょうし、お父さんお母さんはおいしい日本酒をゲットできます。

それに、ふれあい公園では24日からこいのぼりが泳いでいますよ

Img_2552

ぜひ、桜満開の天寿酒造へ、雪室氷点熟成純米生酒を酌みに来てください。

| | コメント (0)

天寿坂の桜が見ごろです

天寿酒造本宅向かいの八森城址へ登る石段で通称天寿坂と呼ばれるところには、桜の木があります。

ここは、日当たりが良く桜の開花が一足早いです。

Img_2511

八分咲きといったところでしょうか。今日、明日中には満開になることでしょう。雪深い秋田では、長い冬を越して木いっぱいに花を咲かせる桜は、気持ちまで満開にさせてくれます。

Img_2514

駅裏の公園の桜の木々は、咲き始めたばかりのようです。

Img_2538

桜並木の方へ目をやると、蕾が重なりあってピンク色を濃くしてました。

Img_2539

今週の土日は、この公園の桜が満開になることでしょう。

丁度、土曜日は、雪室を開封する日です。桜を愛でながら、雪室氷点熟成純米生酒を天寿酒造へ酌みにきてください。その雪室氷点熟成純米生酒を持ったまま公園でお花見をしてみるのもいいかもしれないですね。

雪室開封式は、

平成26年 4月 26日

時間 AM10:00~

天寿酒造精米所付近(矢島駅を背にして右手駐車場奥)

雪室氷点熟成純米生酒 720ml 1,300円(税別)

天寿酒造で準備する空き瓶の720mlに、開封したての香り高い純米生酒をご自分で手詰めできます。低温でじっくり熟成させる事により、とろりとした丸みのある生酒となっております。

2012_0428_204908dscn0920

ネット販売も致します。

《予約受付中》雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 1本) 
         販売価格(税込): 2,700円 ・・・クール料金も含みます。 

《予約受付中》雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 2本)
         販売価格(税込): 3,780円 ・・・クール料金も含みます。

(写真はイメージです)

Photo

発送予定日は下記の通りです。

出荷日=4月26日・5月2日・5月9日

※ご注文の際は必ずご希望の出荷日を備考欄にご記入ください。

※クール便でお届けいたしますが、天然の鳥海山の残雪の為、まれに溶けることがあります。ご容赦ください。

| | コメント (0)

ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞!

純米酒「天寿」ワイングラスでおいしい日本酒アワードにて金賞を受賞いたしました。

2014_0418_145013p4180054

2011年から開催されている「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」コンテストですが、毎年200蔵から300点以上の応募があり、国内では最大規模のコンテストです。

このコンテストのコンセプトは、日本酒をワイングラスで頂く事により、お猪口では発見できなかった繊細な香りや、底面まで見えるグラスにより微妙な色あいや粘性を感じることができました。日本酒をお猪口からワイングラスに代えただけで、「香り」と「見る楽しさ」を発見できたのです。

Photo

ですから、品質が良い点だけに焦点をあてたのではなく、ワイングラスによって引き出された日本酒を若年世代に受け入れてもらう事や、日本酒の文化を継承し発展させる。という趣旨に賛同した審査員よりブラインド形式で審査されたコンテストです。

この純米酒「天寿」は、ワイングラスでおいしい日本酒アワードの他に

2013年にはISC(インターナショナル・サケ・チャレンジ)銀賞受賞

2011年全米日本酒歓評会:金賞受賞。など、多くの賞を受賞しているお酒です。

契約栽培の酒造好適米を使用しており、県産米の酒米も高評価されたということでしょう。特徴としては、飲み飽きしないタイプですので、晩酌には最適です。

また、お燗してもおいしいので、ぬる燗にしてワイングラスでいただいてみるのもおススメです。日本酒は、温度によって味が変化する繊細な飲み物です。

じっくりと日本酒に向き合って、香りや見た目の美しさを楽しんでいただけましたら、ワイングラスでおいしい日本酒アワードで金賞を受賞した風格を感じる事ができることでしょう。

純米酒「天寿」

1800ml  2376円(税込)

720ml   1296円(税込)

1800ml

| | コメント (0)

「さしぼ」が出たよ~

北国秋田にもようやく芽吹きの季節がきました。

春は土の温かみが上昇し、太陽の光も温かさを増し、地上の植物たちは一斉に芽吹き始めます。ちょっと葉先だけ出てたものが、翌日には葉が広がって茎が数センチも成長したりと、ものすごいエネルギーを感じますね。このエネルギーをいっぱい吸収して育った山菜を頂くと、人の体にも力が湧いてくる感じがします。

雪が消えない内に雪と土の間に生える「ひろっこ」が終わって、ふきのとうが出て「ばんけ味噌」を作ったりしてたら、「さしぼ」が顔を出す季節になりました。

「さしぼ」が出始めると、次々と山菜が顔を出します。

Dscn5071

まずは、「さしぼ」を堪能しましょうか(*^-^)v

「さしぼ」とは、特殊な山菜ではなく、「イタドリ」の芽なんです。え~、それを食べるの?とか不思議がられますが、由利地方の「さしぼ」は、酸味が少なく粘りがあるので特においしいと評判です。海岸沿いに生える「さしぼ」は酸味があってあまりおいしくないそうで、その地域に住んでいる方には好まれないようです。

天寿酒造の里の「さしぼ」は、社長おススメのバター炒め、事務の金子おススメ酒蒸し、天ぷら、おひたし、味噌田楽、etc・・・

写真は、味噌田楽note

粘りのある「さしぼ」に、味噌が絡んでとっても美味しいんです。さしぼの味を堪能するのは、このお料理がおススメgood

Dscn5103

お酒は、天寿「本醸造 あきたこまち」のお燗酒が合います。

夜はまだ冷え込んで、暖房が必要ですので日中温まったお日様の温度を身体から逃がさない為にもお燗酒を飲んで、ゆるりとしていただいき元気復活し疲れを吹き飛ばしてください。

1800ml  2097円(税込)

720ml   1153円(税込)

秋田の大地で育まれた銘柄米「あきたこまち」の特徴を生かしたふんわりた美味しい甘味がある淡麗旨口のお酒です。お燗酒もお勧めです。

L123

Photo_2 

| | コメント (0)

25BYの皆造を迎えました

25BYのBYとは、Brewer Yearの略で、お酒を作る暦の事です。

酒造りは、秋に収穫された新米から始めますので必ず新年をまたぎます。製造年を分かりやすくするため、7月1日から翌年の6月30日までが1酒造年度となり、25BYとは、平成25年の秋から26年の春までに仕込んだお酒。ということになります。

また、皆造とは、その年のお酒を皆(みな)、造り終えた。という意味で、最後の醪がしぼられた日です。造りを締めくくるのにふさわしく最終のしぼりは、天寿を代表するお酒であります純米大吟醸「鳥海山」です。

Img_0225

Img_0215

槽場では、前日に搾り終えたもう一台の圧搾機から、酒粕をはがす作業をしております。

Img_0221

この板粕は、そのまま食べてもおいしいのですが、さっと炙るとお餅のように膨らんで焦げめが付きます。熱々をいただくのも、また美味しいんです。

Img_0219

そして、この米袋に入れて一時保管し、最終の板粕をはがす作業が終えたところで、留め粕用のタンクへ入れて押し固め、更に発酵させ、トロトロの留め粕になります。

Img_0235

酒造り最盛期には、一仕込み分の精米を50%に磨く為に72時間働動させたりと、フル稼働でしたが、今では精米所は静寂につつまれてます。

Img_0237

洗米所も、自動洗米機や浸水用プールなど、きれいに洗浄し片づけられております。

Img_0240

醪室....全ての醪タンクが綺麗に洗われて真っ白い空っぽのタンクが並んでおります。

Img_0246

こちらは、純米大吟醸「鳥海山」 の醪が入っていたタンクです。

空っぽになると、深さが一目で分かるのでどれだけ多くの量が入っていたのかわかります。

Img_0229

今季も心を込めて酒造りをさせていただきました。道具たちにもありがとう。

天寿の商品で人気の高い純米大吟醸「鳥海山」も順調に醸し上げられお客様のお手元に届くのを待っております。今季も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

純米大吟醸「鳥海山」 

2013年ISC(インターナショナル・サケ・チャレンジ)金賞受賞、

2012年“ワイングラスでおいしい”日本酒アワード:最高金賞、

2012年度IWC銀賞、IWSC金賞受賞など、多数受賞しております。

天寿酒米研究会が、丹精込めて育て上げた美山錦の特上米を100%使用し、杜氏と蔵人が、その米との対話と伝統の技とで醸し上げた逸品です。

華やかな香りと穏やかな口あたりです。冷蔵して頂き、15℃前後でお楽しみ下さい。

13720ml_2

| | コメント (0)

天寿酒造の町の桜もあと少しで開花

天寿酒造本宅向かいには、地元の方々によって「天寿坂」と名付けられております小学校へ続く急峻な階段の坂があり、その登り口には1本の桜の木があります。

蕾をズームで覗いてみると、だいぶ膨らんでいるのが確認できました。花を咲かせてくれるのも今月末か、それまでの気温が高ければもっと早く咲くかもしれません。

2014_0407_132219p4070060

天寿坂を見上げると、ふきのとうが咲き誇っておりました。雪が溶け、枯れ草の合間を縫ってふきのとうの若緑、萌黄色が春の芽吹きの時期が始まった事を知らせてくれております。

2014_0407_131940p4070053

春が来ると、今季の酒造りは終わりを迎えます。

蔵内では、道具のかたづけや掃除の作業になっております。

2014_0407_133643p4070084

醪室には、最後の仕込みである2本の醪タンクがあり、17日目を迎えておりました。近づくと、バナナのような甘い香りが漂います。

2014_0407_133537p4070083

シュワシュワと発酵する音を聴けるのもあとわずかとなり、蔵人たちが4月下旬には造り作業を終え今秋まで蔵には来なくなり寂しくなります。でも、自然界では春の芽吹きでエネルギーが上昇し、太陽や風が優しく体を温めてくれる季節になります。寂しさに負けず、心を弾ませて春に乗っていきたいと思います。

春の風のような爽やかなお酒が、心を和ませてくれるはずです。

純米吟醸「壱花蔵」 720ml  1,566 円 (税込)

Photo_2

麗峰鳥海山の麓で百四十年、地元で出来る最高の酒を目指し、二十年の歴史を誇る天寿酒米研究会が育てた酒造好適米とアベリアの花から分離された新清酒酵母で醸した、艶やかな香りとまるく膨らみのある味わいをお楽しみください。

旬の食材の「ひろっこ」は、最盛期を迎えております。

酢味噌和え、かき揚げ天ぷらと、ひろっこの旨味が引き出せる料理と純米吟醸「壱花蔵」は、相性抜群です。是非、春の味を引き立たせる純米吟醸「壱花蔵」をお楽しみください。

Dscn4944

| | コメント (0)

東急東横店にて試飲即売会を開催中です。

平成26年 4月3日~9日

東急百貨店 東横店にて

試飲即売会を開催中です!

関東は、桜が満開の時期となりお花見シーズン到来ですね。

ご試飲いただき、ご自身がお気に召した天寿のお酒を宴会のお供にしていただけましたら、とってもとってもうれしいです。

では、さっそく試飲即売のお酒をご紹介させていただきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・ONLY TOKYU 純米大吟醸「鳥海山」
720ml

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・大吟醸雫酒「鳥海の雫」
720ml 5400円(税込)


蔵元にとって、鑑評会への出品は、最も緊張する一つです。「鳥海の雫」はその出品酒と等しく加圧せずに酒袋から滴り落ちる雫のみを集め静かに低温熟成した超限定の大吟醸の最高峰となります。

Photo_5 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・大吟醸「天寿」
1.8L  5249円(税込)
720ml 2624円(税込)


原料米「美山錦」の栽培から酒造りまで、すべて蔵人の手により育まれたものです。秋田の風土と共に生きる「天寿」の粋を極めた大吟醸。
豊かな味わいの中に宿るほのかな含み香が魅力です。

2013年 IWC(銅賞受賞)

Photo_6   

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・純米酒「天寿」
1.8L  2376円(税込)
720ml 1296円(税込)

契約栽培酒造好適米を使用した、 飲み飽きしない旨口の純米酒。燗上がりするのも特徴の一つ。
2013年ISC銀賞受賞、2011年全米日本酒歓評会:金賞受賞。

1800ml

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・純米大吟醸「鳥海山」生原酒 
1.8L 
720ml

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・おおっにごり 
720ml  1404円(税込)

どろりとした濃厚なにごりの純米生酒。特殊な手法で風味はそのままで活性を抑制した扱いやすい生酒です。

Photo_8 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・純米無濾過生原酒65 
720ml 

65720ml_2 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

・ミルシュ 300ml 450円(税込)

ジャージー牛乳を原料にしたヨーグルト風味のシャンパンタイプのお洒落な発砲酒です。

Photo_9

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

売り場担当は、営業の千島です。

鳥海町出身ですので、地元の近況を聞かれても即答できます。郷里出身の方ですと秋田弁での会話も弾むことでしょう。皆様のお越しをお待ちしております。

2014_0208_130236p2080257

| | コメント (0)

雪室開封のお知らせ

天寿酒蔵開放前日に、雪室に封印いたしました

雪室氷点熟成純米生酒を開封する時が近づきました。

雪室開封式は、

平成26年 4月 26日

時間 AM10:00~

天寿酒造精米所付近(矢島駅を背にして右手駐車場奥)

雪室氷点熟成純米生酒 720ml 1,300円(税別)

今年の雪室は、どれだけ溶けないでその日を迎えるのかハラハラものですが、いざという時は鳥海山まで雪をとりに行き補充しタンクの温度は±0の氷温で保たせます。

4月1日の鳥海山は、真っ白で雪はたくさん抱えておりますので心強い味方です。

2014_0401_082120p4010004

天寿酒造で準備する空き瓶の720mlに、開封したての香り高い純米生酒をご自分で手詰めできます。低温でじっくり熟成させる事により、とろりとした丸みのある生酒となっております。

2013_0427_101148p4270077

お花見の季節と重なるこのお酒は、友人知人と花見をしながらいただくという方もいらして、まとめて3本~5本とご購入いただく方もおります。

ゴールデンウィークを早めに取るという方は、4月26日からお休みというパターンもありそうですね。

お休みの方は、是非とも秋田の天寿酒造雪室氷点熟成純米生酒を酌みにいらしてください。

また、開封イベントといたしまして開封当日に雪室解禁パーティーを開催いたします。

当日、天寿酒造の蔵には酌みに行けないけど、夜だったら空いてるよ~。という方のご参加お待ちしております。

開催日 4月 26日(土)

時間 18:00~20:00

場所 *ホテルまさか[Tel0184-58-2188]由利本荘市鳥海町猿倉字湯の沢52
     会費4000円 郷土芸能の上演もあります。
    

    *酒讃家(シュサンカ)[Tel018-811-2972]秋田市三王一丁目6-7淀ビル1F
     会費5400円

    *金浦温泉:学校の[Tel0184-38-3883]にかほ市大竹字硫黄谷地31-2
     会費4000円

    *寿司竹[Tel0184-22-0753]由利本荘市表尾崎町6-10
     
会費4000円

前売りチケット制ですのでお申込みは、各会場もしくは天寿酒造株式会社へお願いいたします。

天寿酒造

TEL 0184-55-3165

FAX 0184-55-3167 (24時間受付)

E-mail info@tenju.co.jp (24時間受付)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

また、由利高原鉄道 おばこ号に乗って

宴会列車(テーブル付) 雪室解禁パーティーも開催いたします。
     

運行日時 4月 26日(土) 

羽後本荘駅発 17:43 往復

お申し込みは、由利高原鉄道 0184-56-2736

列車に揺られながら、旅情あふれる酒宴をお楽しみいただけますtrain...。oо○**

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

上記いずれにもご参加できない方へ

ネット販売も致します。

《予約受付中》室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 1本) 
         販売価格(税込): 2,700 ・・・クール料金も含みます。 

《予約受付中》雪室氷点熟成 純米生酒 蔵元直送便(720ml 2本)
         販売価格(税込): 3,780 ・・・クール料金も含みます。

(写真はイメージです)

Photo

発送予定日は下記の通りです。

出荷日=4月26日・5月2日・5月9日

※ご注文の際は必ずご希望の出荷日を備考欄にご記入ください。

※クール便でお届けいたしますが、天然の鳥海山の残雪の為、まれに溶けることがあります。ご容赦ください。

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »