« 秋ナスを大吟醸とともに | トップページ | 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました »

水源探索トレッキングのご報告

平成26年9月6日(土)~7日(日)に開催されました水源探索トレッキングは、少人数ならではの楽しみ方ができ、お客様との距離がグンと縮まる有意義なイベントとなりました。

秋田市までお迎え後、最初の目的地の「元滝」に到着し、皆様で記念撮影

Dsc05313

自然が作りだした不思議な滝の様子に感動していただき、マイナスイオンをたっぷり浴びご満足いただけた1ケ所目の元滝でした。

Dsc05312

次は、獅子ケ鼻湿原です。湧水のある「出壺」に出会うまで数十分のトレッキングです。ほとんどが木道を歩くのですが、ほんの10mほどは岩場の歩きにくい箇所がある事。自然保護の為に木道から外れて歩かないことや、植物を折ったり持ち帰ったりできないことなどをお伝えして、スタートしました。

Dsc05319


Dsc05330

「出壺」の湧水池に到着です。この周辺の計4ヶ所から湧き出た水は、約26ヘクタールの湿原を形成しております。湿原から流れ出た水は、白雪川に合流して山麓の平野へ流れ込みますが、水温が年中7~8℃と低く稲作には冷たすぎるので、農業用水路のあちこちに小さなダムのような貯水槽が設けられて水温を上げる施設である温水路を通り田圃へ流れ込みます。

2012_0901_144934p9010109

Dsc05339

みなさんが見上げているのは、「森の巨人たち百選」にも選ばれた

「あがりこ大王」です。幹周りは7.26メートルあり、奇形ブナとしては日本一の太さだそうです。近づくほどに大きさが迫ってくる迫力に、天を仰ぐように見上げておりました。

Dsc05371

木道からは、全容を捉えることができません。

2012_0901_155614p9010198

あがりこ大王をバックに記念撮影~

Dsc05373

一日目のトレッキング2ケ所を無事に終え、宿であるフォレスタ鳥海に到着し温泉に入っていただきました。

トロトロのお湯にご満足いただけたようで、皆様のお顔からトレッキングの疲れが消えておりました。そして、天寿を楽しむ会では、もう皆さんがお仲間という感覚でリラックスした中で終始楽しい会話が弾みました。

Dsc05392


Dsc05411

二日目、最初に訪れたのは日本の滝百選の「法体の滝」です。

Dsc05489

展望台までは、急峻な石段を登らなければいけませんが、健脚ぞろいの方々でしたので難なく登られて一の滝、二の滝、三の滝を眺める事が出来る場所でひと休みです。

Dsc05473

滝の上まで行くと、景色が変わります。そして、大迫力の水が流れる轟を肌で感じていただきました。

Dsc05479

Dsc05482

最後は、天寿酒造の蔵見学です。本宅前で記念撮影。

Dsc05494

社長が、蔵案内をいたしました。

社長の目指す酒造りは、「地元で出来る最高の酒」です。

つい先日、インターナショナル・サケ・チャレンジのコンテストがあり最高得点のトロフィーを獲得した大吟醸 天寿は、原料米「美山錦」の栽培から酒造りまで、すべて蔵人の手により育まれたものです。ですので、社長の酒造りへの方針が認められたようで、蔵案内にも力が入っておりました(^^)v

Dsc05501

窯場を見学中です。

Dsc05505

洗米したお米は水分を含んで重さが変わりますが、コンマ単位で測定する機会があります。これは、米が含んだ水分量まで確認し、出来上がる酒の品質を維持する為の精密な測定機です。ぶら下がるとお客様の体重がでますよ。とのことで測定中です

Dsc05509


Dsc05512


Dsc05521

ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

天寿酒造は、「地元でできる最高の酒」を目指し今後も精進いたします。今後ともご指導の程よろしくお願い致します。

|

« 秋ナスを大吟醸とともに | トップページ | 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋ナスを大吟醸とともに | トップページ | 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました »