« 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました | トップページ | 燗酒コンテストで金賞を受賞の本醸造天寿 »

「矢島の八朔祭り」厳かで賑やかでした

9月13日~14日は、矢島神明社お祭りでした。

八朔祭りと言われる由縁は、朔日とは一日のことを意味し旧暦の8月朔日に祭りを行ったことからきています。

祭神は、稲をつかさどる倉稲魂(うかたま)に豊穣を願う祭りで、天寿酒造も豊作であることを願わずにはいられません。

13日の宵宮にお神輿に乗った神様が、町へ御下りし宇賀神社(弁天様)に一泊します。

お供する神楽太鼓が六町から出て、裃を着た祭員と子供たちの田楽灯篭やほおずき灯篭、企業提灯などがお神輿にお供します。

天寿酒造からも渡御行列に参加いたしました。弊社社長は、祭りのある町内で育ち祭りに参加して楽しんだ思い出がたくさんあります。ですので、「祭りは参加してこそ面白い!」との思いがあります。社員にもその思いを味わってもらいたくて自社の提灯持ちは従業員が交代で参加します。今年は、柴田と髙橋が提灯持ちをしました。

Img_1762


Img_1763

Img_1770


翌日の14日、神輿は宇賀神社(弁天様)から出発し町内をくまなく巡幸し、神明社へ帰ります。

Img_1965

祭日の巡幸のお供に社長が裃姿で参加いたしました。

Img_1987

その頃町内では、山車と踊りで大賑わい

Img_1843


Img_1852


天寿酒造もこの山車が通過するのに合わせて準備に大わらわ

これは、山車について歩く若衆や踊りの若衆に振る舞うお酒です。

純米酒天寿=2014年のインターナショナル・サケ・チャレンジ(ISC)で銅賞受賞

燗上がり純米酒=フローフードジャパン(SFJ)燗酒コンテスト2013ぬる燗部門において、金賞を受賞

清澄辛口本醸造 鳥海山

雪室氷点熟成純米生酒 などなど、を振る舞わせていただきました。

Img_2005

準備が整いホッとしたところへお神輿が通り、天寿酒造本宅前で一旦止まり、六代目と御家族が拝礼します。

Img_2026


Img_2028


無事に神明様を見送って社長が行列からはずれて、ちょっと自宅に寄ったところで記念撮影しました。この後、大急ぎで行列を追いかけたのでした。(引き止めてゴメンね社長)

Img_2036


晴天に恵まれて、厳かで賑やかな祭りが終わり田圃は黄金色に輝き初めております。

稲刈りが終わると天寿酒造の精米所にたくさんのお米が入荷して、今年の酒造りが始まります。どうぞ、稲をつかさどる倉稲魂(うかたま)様無事に収穫が終えるまでお見守りくださいますようお願い申し上げます。

|

« 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました | トップページ | 燗酒コンテストで金賞を受賞の本醸造天寿 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「純米吟醸 ひやおろし」 発売になりました | トップページ | 燗酒コンテストで金賞を受賞の本醸造天寿 »