« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

26年度産米の初蒸し

朝晩に冷え込み最低気温が10度を下回る頃になると、天寿酒造は酒造り本番を迎えます。

本日めでたく、141回目の初蒸しが行われました。

蒸し上がり時刻 9:50 

蒸し釜の蒸気がもんもんと立ち上ってくると蒸し上がりまじかです。

Img_3755

酒造りの道具たちは、きれいに熱湯消毒され出番を待っております。

Img_3757

釜から杉の桶に移され、計量器にのせ正確な重量を出します。

Img_3774

Img_3775


Img_3779

そして、適温にするため機械に広げられます。

Img_3788

蒸し上がりを確認する杜氏

Img_3802

60%に磨かれたお米は、一粒一粒がキラキラと輝いておりました。

Img_3806

一定の温度に下がったら、麹室に移され麹菌を振ります。

Img_3808


Img_3815

初蒸しとあって、社長も立ち合いました。

Img_3823

ベテランの蔵人と、今年度の米の性質を確認しておりました。

Img_3824

酒造り本番、蔵内が活気に満ち満ちております。

お客様からの『おいしい』というお言葉を頂く為、気を引き締めて本年度も頑張ります。

| | コメント (0)

秋はおいしいものが、いっぱい♪

天寿酒造の近くを走るおばこ号は、桜並木のあるふれあい公園に平行に走り矢島駅に到着します。

春は桜と一緒に写す撮影ポイントなのですが、秋には桜の葉が色づいて、また風情があっていいです。

Img_3205

実りの秋から収穫の秋になり、最後は食欲の秋ですよね。

秋は、美味しいものがたくさんありすぎて、メニューに困らない季節でもあります。

見た目も美しく食卓を彩ってくれるのが、食用菊の「もってのほか」「黄菊」

Dscn3364

「もってのほか」は正式名称が「延命楽(えんめいらく)」といいますが、この地域では「もってのほか」と呼んでいます。おもしろい名前なので調べてみたところ、天皇の御紋である菊の花を食べるなんてもってのほか。という事で名付けられたとか、または、もってのほか(思ったより)おいしいなどの由来があるようです。

「黄菊」は、見た目で黄色いからだと分かりやすい名前です。

さて、これを一番シンプルなおひたしでのご紹介です。

茹でる時のポイントは、お湯に酢を少し入れることです。そうする事により、茹であがりがよりシャキシャキとした食感に仕上がります。

お醤油だけでいただくのもいいですが、酒の肴にするにはわさびを添えると菊のほんのりとしたほろ苦さが、わさびの香りで柔らかくなります。

菊のおひたしに合うお酒は、

本醸造 あきたこまち (1800ml:2,160円   720ml:1,188円)

秋田の大地で育まれた銘柄米「あきたこまち」の特徴を生かしたふんわりた美味しい甘味がある淡麗旨口の酒です。お燗酒もお勧めですので、この季節は是非お燗してお召し上がりいただけたらうれしいです。

L123

Img_3228

| | コメント (0)

『きりたんぽ鍋』と日本酒

稲刈りが終わってひと段落すると、新米が出回ります。この新米で作る「きりたんぽ鍋」は、収穫の喜びも味わうので、奥深い鍋です。

昔はどこの家にも囲炉裏があって、新米の炊きたてのご飯を少しつぶし、杉の棒に握りながら付けて、きりたんぽを作り炭火で焼いたのでしょう。

今では料亭とかでないと、こういった光景は見られなくなりました。

Kiritanpo

では、秋田の普通の家庭で食べる時はどうするのかというと、こういったパックのきりたんぽがスーパーで売られております。これを使ってきりたんぽ鍋を作ります。

Dscn3305

【きりたんぽ鍋の作り方】

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

材料(5~6人分です)

 

鍋つゆ 

 

昆布 20cm

 

干ししいたけ 3個

 

鶏がら(大きいもの) 1羽分

 

水 約4リットル

 

醤油 100ml

 

塩 小さじ2~味見して加減

 

みりん 100ml

 

酒 50cc

 

 

 

きりたんぽ 10本

 

牛蒡 2本

 

鶏もも肉 2枚

 

せり(又は春菊) 1束

 

舞茸 200g

 

長ネギ 2本

 

糸こんにゃく 400g

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

鍋に水を入れ、干しシイタケと昆布をいれて1時間ほど置き、鳥ガラを熱湯で洗い流してから、入れて一緒に煮てスープを作ります。

 

牛蒡、鶏肉を入れ煮立ったら、糸こんにゃくと舞茸を入れひと煮立ち、セリと長ネギを入れてまたひと煮立ちしたら出来上がりです。

Img_1362


熱々のきりたんぽ鍋をいただきながら飲むお酒は、冷やしていただく

天寿 純米吟醸 (720ml:1566円 1800ml:2916円)

東京農大の中田教授により、撫子の花から採取された天然酵母を使用しております。

契約栽培の美山錦で醸し上げた、清んで華やかな香りと飲み応えのある味ですので、鍋料理にもピッタリです。

P2010_720_3



| | コメント (0)

鳥海山に初冠雪

10月15日に初冠雪を観測した鳥海山ですが、その3日後にはこんな姿になってました。

Img_3071


鳥海山の初冠雪を迎えると活気づくのが、天寿蔵です。蔵人たちも続々と入蔵しており、27日の初蒸しまでの準備を坦々とこなしております。

Img_3197

精米所は、すでに稼働しており、酒米もこんなに沢山積み上げられております。

Img_3186


Img_3181

美山錦、26年度産米です。

Img_3183

精米機が稼働しているということは、飼料用の米ぬかが出ます。髙橋が、おもりを使って計る重量計とにらめっこしてます。

Img_3193

洗米所は、きれいに掃除され浸水用プールの設置を待つばかり。

Img_3194

窯場には道具たちが集まってきました。使い始める前に熱湯で洗浄されます。

Img_3195


Img_3196

蔵人たちが帰ってきて、静まり返っていた蔵内は活気に満ちた音で溢れてきました。

141回目の造りも真心を込めて良い酒を醸すべく励みます。

今宵も天寿のお酒でお楽しみいただけましたら、大変うれしく思います。

おススメは、

天寿 純米酒 (1800ml:2,484円・720ml:1,350円)

契約栽培酒造好適米を使用した、 飲み飽きしない旨口の純米酒です。燗上がりするのも特徴の一つですので、肌寒くなってきた今の時期に最適です。

★ロンドン酒チャレンジ2014 銅賞受賞

★2013年ISC銀賞受賞、

★2011年全米日本酒歓評会:金賞受賞

L45

| | コメント (0)

秋のイベント『天寿を楽しむ会』

☆*:;;;;;;:*☆*:;;; 日頃のご愛顧に感謝を込めて ;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

第15回 天寿を楽しむ会 のご案内です。

日時 平成26年 11月 8日(土)

 

    午後 5時30分~

場所 矢島コミュニティーセンター(日新館ホール)

 

会費  3000円(申し込み時にお願いいたします)

 

定員  220名(定員になり次第締め切らせていただきます)

天寿のお酒が色々楽しめます。

大抽選会は、参加者全員が楽しめておおいに盛り上がるイベントです。

当選の品は、天寿のお酒やグッズなど・・・

その他、クイズや利き酒などもあります。こちらも、勝ち残ると大吟醸クラスのお酒がプレゼントされます。

---- お申込み・お問合わせ先 天寿酒造株式会社----

フリーダイヤル 0120-50-3165

受付時間( 月~金曜日 8 : 00 ~ 17 : 00)

  E-mail 
info@tenju.co.jp

FAX  0184-55-3167  ※24 時間受付中

//////////////////////

昨年の様子

▽220名の満員御礼でした

2013_1109_175012pb090036

▽クイズにご参加の皆様

2013_1109_181020pb090060

▽飲み比べコーナー
2013_1109_172823pb090015

▽出汁がおいしいと好評のカモ鍋
2013_1109_174407pb090026

▽お料理も色々
2013_1109_174419pb090028


2013_1109_174429pb090029

見知らぬ同士が同じテーブルでお酒を酌み交わし、会話が続くにしたがって知人の知人だったりと、人は思わぬ所で繋がっているものです。きっと、楽しい出会いがあるはずです。

参加申し込みお待ちしております。

| | コメント (0)

稲かりが済んだ 「た・ん・ぼ ♬」

黄金色に染められていた田んぼは稲かりを終え、どこか寂しげな景色に変わってしまいました。ですが、これだけの広大な田んぼが一斉に刈り取られ、お米になるということは今年も豊作だったということです。本当にありがたいことだと思います。

Img_2510

無事に刈り取られた田んぼには、落ち穂をついばむカラスなどがおりました。

Img_2503

稲かりの盛んな時期に旬を迎えるのが、里芋です。

初物を一番最初に料理するのは、里芋の味を存分に味わう為に他の具材はいれず里芋だけで煮詰めた「里芋の煮っころがし」

今年も濃厚で大地の旨味をたっぷりと詰め込んだなめらかな里芋でした。

2013_1021_172847pa210010

里芋の煮っころがしに合うお酒は、本醸造天寿が良く合います。

スローフードジャパン「燗酒コンテスト2014」で、金賞を受賞いたしました。

お燗していただくとまた風味が増します。天寿酒米研究会自慢の契約栽培酒造好適米使用し、おだやかで、きめ細かな風味の本醸造酒です。

本醸造天寿

1800ml 1,993 円 (税込)

20141800_2


急に肌寒くなってきましたので、晩酌はお燗酒が心地よく酔えます。

本醸造 天寿 是非ご愛顧くださいませ。

| | コメント (0)

蔵元直接企画「子吉川のモクズガニセット」

川カニの中では大型のカニであるモクズカニは、雌雄とも、初秋から冬にかけて繁殖と産卵のために川から海に下ります。子吉川に生息しているモクズカニも移動行程で捕獲され、お腹に卵を抱えたメスもおります。

モクズカニは、日本の上海蟹とも言われるように同属異種です。ミソは、海カニのミソとは違った甘味や風味があり、濃厚さは一度食べた方はヤミツキになります。味には太鼓判がおせますが、捕獲量が極めて少なく市場にはめったに出なく、ほとんどが地元で消費されており隠れた旬の食材でもあります。

グルメを唸らせる希少なモクズカニを今年も天寿酒造では蔵元直接企画として美味さを引き立たせるお酒とセットに致しました。

限定100セット 全国一律送料・消費税込み価格4,000円です。

子吉川のモクズガニセット

セット内要は、

鳥海山を源とする子吉川産 活きたモクズカニ 450g以上

 

「純米吟醸生酒」 300ml

 

「純米生酒天寿」 300ml

P9180420

300ml

2013300ml2



地元名人が子吉川で獲った活きの良い状態のモクズガニをネットに入れ、安全・簡単な調理レシピを添えてお届け致します。

※獲れ次第に先着順で発送致します。
万が一不漁の為、どうしてもお届け出来ない場合は、お電話かメールにてご連絡させて頂きます。

お申し込みについて

お届け日・・・・・・・・・順次クール便でお届け中です。

商品価格・・・・・・・・・全国一律送料・消費税込み価格4,000円です。

お申し込み・・・・・・「今すぐ購入」をクリックし購入フォームからご注文いただくか、お申し込み書(PDF)にご記入の上、FAX・TEL・E‐mailで直接天寿酒造へお申し込みください。

お支払い方法・・・・クレジットカード(お電話でお受けします) ・代金引換(手数料が別途消費税込み324円かかります。) ・銀行振込(事前振込・入金確認後の発送となります。)

お願い・・・・・・・・・・自然の恵みですので発送日は確約できません。準備出来次第に先着順の発送となります。 限定100セットですので、ご了承ください。

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »