« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

初しぼりご予約受付中です。

初槽(はつふね)純吟生酒

12月9日に新発売いたします。

今年収穫した新米を使って仕込んだ、香り華やかでフレッシュな味わいが特徴の純米吟醸酒です。 純米吟醸を手軽に楽しんで頂けるよう、家飲みに最適なリーズナブルな価格で新発売です。

初槽(はつふね)純吟生酒 1800ml  2,400円(税別)

初槽(はつふね)純吟生酒 720ml  1,200円(税別)

 

Photo_2

いつもの初しぼり生酒も12月9日に発売開始です。

純米吟醸「雪ごよみ」生酒

1800ml  2,700 (税別)

 720ml   1,350(税別)

なでしこの花から分離した清酒酵母の香りと、美山錦のうすにごりの味わいがやさしく体をつつみます。


201218_2




初しぼりにごり本醸造生酒

1800ml  2,000(税別)  

720ml  1,000 (税別)

秋田県産米の本醸造酒です。その米を活かした旨口の酒をしぼりたてにごり酒とし、よりフレッシュで味わい深いお酒となりました。

2_5




蔵内は初しぼり発売に向け、懸命に頑張っているところです。

仕込み8日目を迎えた醪タンクは、小さな泡が大きくなって弾け、また小さな泡が大きくなって弾けてを繰り返しておりました。

Img_4499


こちらは、13日目の醪です。発酵が落ち着き、なめらかな絹をまとったかのような表面です。

Img_4501


槽場では、これらを搾る為の圧搾機に酒を濾す布がセッティングされておりました。

Img_4512


洗米所も明日のふかしになる米とぎです。

Img_4503


Img_4502


稼働してない工程は槽場のみとなってきており、来月の初しぼり発売まであと一歩です。

蔵内の活気がお酒にも現れ、天寿の初しぼりを飲んで元気になっていただけたらと思います。

| | コメント (0)

西武百貨店にて試飲即売会を開催いたします。

平成26年 11月 26日~12月 2日まで 

西武百貨店 池袋本店

和洋酒売り場におきまして 試飲即売会を行います。

西武百貨店での試飲即売会は、年内最後となります。

少し早目のお歳暮準備等におススメの商品を多数揃えておりますので、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。売り場担当は、営業の佐藤博輝です。よろしくお願い致します。

Photo

持参致しますお酒のご案内をさせていただきます。

純米大吟醸「鳥海山」生原酒

1800ml     3,240円

 

720ml   1,620円 

2012


純米吟醸無濾過生原酒(西武限定)  new

1800ml    2,808円

 

720ml   1,458円 
    
大吟醸「鳥海」    

1800ml  10,800円

 

 720ml   5,400円

2013720


                     
                         
純米大吟醸    

1800ml  7,560円

 

 720ml   3,780円

720ml


                        
                           
純米大吟醸「鳥海山」カートン入         

1800ml  3,394円

 

 720ml  1,728円

720ml_2



      
大吟醸    

1800ml  5,400円

 

 720ml   2,700円

2013720ml


                            
                              
秘蔵大吟醸   

720ml  10,800円

2013720_2

                         
天寿「燗上がり純米酒」         

1800ml  2,160円

 

 720ml  1,080円

201218





      
               
吟醸酒粕パック詰 (900g)  648円

Photo_3
                        
天寿 大吟醸ケーキ 1,620円

Photo_4


 
                   
米から育てた純米酒

1800ml    2,808円

 

720ml   1,458円 

Pb

| | コメント (0)

「平成26年東北清酒鑑評会」で受賞いたしました。

東北清酒鑑評会の開催目的は、仙台国税局管内の清酒製造業者の技術基盤強化を図り、もって酒類業の健全な発達に資することを目的として、管内で製造された清酒の品質評価及び製造技術研究会等を開催する。(国税庁HPより)

吟醸酒の部140場269点の出品があり、10月上旬の品質評価の結果、55場が「優等賞」に選ばれ吟醸の部で天寿酒造も優等賞 をいただきました。

26

全体の講評では、『優雅で華やかな香りと、熟成による味のまろやかさが調和した格調高いお酒が揃っていた。』との評価をいただいております。

大吟醸「鳥海」 

 1800ml 10,800円

   720ml  5,400円

正統・秋田流ともいえる低温長期仕込みによって醸された大吟醸。丁寧な自社精米・壜火入れ・冷蔵壜貯蔵など最善の品質管理を施し、華やかな香りと豊麗な味わいの大吟醸「鳥海」が誕生しました。

蔵人の確かな技と限りない情熱が育て上げた「天寿」ならではの逸品です。

◆2014年、ロンドン・サケ・チャレンジ GOLD MEDAL

◆ISC(インターナショナル・サケ・チャレンジ)GOLD MEDAL

◆全米日本酒歓評会にてGOLD MEDAL

2013720

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

出荷の様子をちょっと、ご紹介させていただきます。

瓶詰めが終了した1升瓶を一気に8本持ち上げ、ケースに入れているところです。

この機械があることにより、手間が省け短時間でケースに収納することができます。

Img_3909

こちらはケースごとを持ち上げ、スノコの上に積み上げて、車へ移動となります。

Img_3921

昔は、1升瓶の運搬は骨の折れる作業でしたが、機械の導入により楽になってきております。

| | コメント (0)

「天寿を楽しむ会」ご報告 その2

会場は、鴨鍋を楽しむ方や飲み比べで自分の好みを探す方など、企画した内要を楽しんでいただいてる様子に、社長も御機嫌でお客様の元を訪れてはご参加頂いた事に感謝の意を伝えておりました。

Img_4291


Img_4297


Img_4372


そして、恒例のマッチングコンテスト~~

各テーブルから一人づつ出ていただきました。

Img_4294


最終戦。さて栄光はどなたにsign03

Img_4311

じゃ~~~ん

大吟醸を手に、満面の笑顔です。おめでとうございます。

Img_4333

次のお楽しみは、全員参加の大抽選会heart02

Img_4377

次々と天寿のお酒の当選者が決まっていき

Img_4386

最後の大吟醸「鳥海」を手にしたラッキーな方は、こちらの方です。おめでとうございます。

Img_4390


お楽しみいただいた時間は刻々と過ぎ、たくさんの笑顔が花ひらく会場でしたが中締めの時間となりました。

中締めのご発声は、株式会社秋田県酒類卸本荘支店長 佐藤義之様よりいただきました。

「天寿を楽しむ会が今回15回ということは、20回目の時に天寿の社長が還暦となります。それまで、みなさんで天寿のお酒を飲んでいただき応援してまいりましょう。では、一本締めのご唱和お願いします。」

せーの!『パン』と、めでたく決まりました。

Img_4395

今回はかつてない、盛り上がりを見せた「天寿を楽しむ会」でした。

きっと参加する皆様が、知らぬ同士でも気兼ねなく天寿のお酒を通して繋がりあってくださったからではないかと感じました。

皆様からいただきましたパワーを141回目の酒造りに注ぎたいと思います。ご参加いただきました皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (2)

「天寿を楽しむ会」ご報告 その1

第15回 天寿を楽しむ会が去る11月8日に開催されました。

続々と会場入りする大勢のお客様です。

Img_4217


満員御礼の会場は熱気ムンムンでした。

社長より、開催のご挨拶をさせていただきました。

『本日は、楽しむ会にお越しくださいまして、誠にありがとうございます。私が社長に就任してからの日本酒業界は、低迷の時期が長く続きましたが、昨年よりちょっといい感じかな。という感触を持っております。

県内最年少杜氏の一関が蔵人とともに力を合わせ数多くの賞をいただいており、天寿を応援してくださる皆様に大変喜ばしいご報告ができます。

インターナショナル・サケ・チャレンジコンテストにおきまして、大吟醸部門で二つの金賞を受賞するという稀な事が起き、その上最高賞であるトロフィーを「大吟醸 天寿」が受賞いたしました。

この酒は、天寿酒米研究会産の美山錦で醸した大吟醸です。地元で出来る最高の品質を目指してまいりました弊社の姿勢が認められたようで、大変うれしい受賞でございました。

本日はテーブル酒を4種類ご用意いたしましたが、飲み比べコーナーでも受賞酒などを準備しておりますので、そちらもお楽しみ下さい。本日はご参加いただき本当にありがとうございます。私と社員一同、真心込めて御接待させていただきます。』

Img_4244

続いて、乾杯のご発声を由利本荘市矢島支所長、佐藤晃一様にお願いいたしました。

『天寿酒造さんからは、大変おいしいお酒を造っていただきお客様を代表いたしましてお礼申し上げます。

首都圏でも秋田の食の売り込みに奮闘しており、先日「由利本荘うまいもの酒場」がオープンいたしました。そこの玄関に天寿の酒樽がおいてあり、大変うれしく拝見してきました。

最近は外国人が酒蔵ツーリズムに感心をもっており、酒蔵体験が人気です。矢島の町並みも城下町の風情が残っており、これとタイアップして天寿さんを盛り上げていきたいと思います。おいしいお酒を前に長話は禁物です。それでは、乾杯』

Img_4247


では、ここでテーブル酒のご紹介です。

天寿 本醸造 あきたこまち(1,188円:カートン入り)

Img_4229

天寿 精選 (1800ml  1,740 円)
Img_4230

純米吟醸 天寿  (1566円)

Img_4232

純米酒無濾過生原酒65

天寿酒米研究会産「美山錦」で醸した純米酒です。本日は、無濾過生原酒でお楽しみいただきました。

Img_4234

お料理は、鯖の甘酢あんかけ
Img_4237

竹輪の三色盛り合わせ
Img_4238

自家製香の物
Img_4239

天寿特製鴨鍋 山芋そばトッピング
Img_4270

肉じゃが
Img_4273

春雨中華風酢の物
Img_4275

柿の粕あえ
Img_4271

飲み比べコーナーでは、たくさんの美味しい笑顔に出会いました。

Img_4251


Img_4252


Img_4265

一関杜氏の口癖は、「お客様に飲んで頂くまでが酒造りなので、おいしいと言っていただける酒を造る」たくさんのおいしい笑顔に出会えて御満悦の杜氏です。
Img_4281

長くなりましたので、エピソード1はここでおしまいです。

| | コメント (0)

141回目の初仕込み

麹が出来上がり、酒母が出来上がり、いよいよ初仕込みを迎えました。

タンクの中には、麹と酒母、仕込み水が入っており、蒸し上がったばかりの掛け米が投入され、初仕込みとなります。

Img_4132

蒸し米は、特殊な布で受け取られ

Img_4139

仕込みタンクへ、投入されていきます。

Img_4166


Img_4169

投入されたら、下に沈んで固まらないよう、丁寧にしっかりとかき混ぜられます。

Img_4160


蒸し米の投入が終了したら、醪担当のベテランである土田がチェックをし、かき混ぜた状態やポイントなどの指導を受けておりました。技の伝授ですね。

Img_4176

今日の蒸し米は、次の酒母にも使われますので、酒母室にも運ばれました。

Img_4141


Img_4144


Img_4156


各工程が動き初めてきており、全工程がフル稼働するのもあと少しとなりました。蔵内は蔵人たちの元気な掛け声で活気づいてきております。

天寿酒造内だけでなく、こうやってそれぞれの方が、一日元気に働いてます。

家に帰ってホッとするひと時である、家飲みのお酒は、リーズナブルでなければいけません。ですが、味にはこだわりたいですよね。

その条件を満たしてくれると、お墨付きをいただいたのが、

本醸造 天寿(1800ml:1,993円)

スローフード燗酒コンテスト2014 お値打ち燗酒:熱燗部門で金賞を受賞いたしました!!

20141800_2

天寿酒米研究会自慢の契約栽培酒造好適米使用し、おだやかで、きめ細かな風味の本醸造酒。2011年には当時の首相お気に入りの酒としても話題になりました。


お疲れさんの晩酌は、ホッとするひとときですね。その時間を天寿のお酒と供に過ごしていただけたら嬉しく思います。

| | コメント (0)

着々と酒造りが進んでます

鳥海山の初冠雪から約2週間後です。鳥海山が雪景色になると酒造りは本番を迎えます。

Img_3846


前回は、麹を造る為の蒸し米の出来上がりを見ましたが、本日は酒母造りのため

の蒸し米です。

酒母とは、酵母を培養して大量に増殖させたものです。酒の元を造る大切な工程で酒母のことを「もと」とも呼びます。

酒母は、麹、仕込み水、酵母、蒸米によって造られます。

適温になった蒸米は、機械から出できて専用の布で受け

Img_3876

計りに掛けて重量を厳密に測定し、酒母室へ運ばれます。

Img_3877

受け取った酒母室の蔵人が、タンクへ投入します。

Img_3889

丁寧にかき混ぜられ、酵母菌の発酵を促します。

↓蔵人撮影(酒母室へは蔵人以外入室禁止なのです)

Img_3898

こうして、酒母が出来上がるのを数日間待ちます。

酒母が出来上がると、いよいよ仕込みになります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

秋が深くなってきましたが、サンマはまだまだ美味しいですね。

焼き立てのサンマにレモンを絞って、大根おろしをつけて、パリパリの皮と一緒にほおばると恵の秋の味がします。

2014_0821_174713p8210006

お酒は、SFJ燗酒コンテスト2013金賞を受賞いたしました

燗上がり純米酒 天寿』がおススメです。

マリーゴールドから分離した清酒酵母で醸し上げました。

酸に特徴があり、それを程よく熟成させて旨みがのり、美味しいバランスになりました。

お燗で是非お試しくださいませ。

Photo_2

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »