« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

「ひやおろし」 9月1日発売です!

「ひやおろし」という秋が旬のお酒は、その昔、大桶から樽に「卸(おろ)して」出荷したので、冷のまま卸(おろ)すから「ひやおろし」と呼ばれるようになりました。

厳冬期にしぼられたお酒は、一度火入れをし天寿の蔵でまったりと熟成を重ね猛暑でも一定の温度で管理された涼しい蔵で夏を越すことによって、まろやかさが増し更に美味しくなります。

その「ひやおろし」が9月1日に発売になります。

お近くの酒販店もしくは、天寿酒造の常設試飲場にてご購入くださいませ。

720_2


まだ8月なのに9月下旬並みの涼しさがあり、一気に夏が終わり秋が近付いた感があります。秋になると美味しいものがたくさん出てきますが、秋というと一番に思い浮かぶのがサンマですよね。

焼いても美味しいのですが、獲れたてのサンマはお刺身でもいけます。

しっとりとした食感は、マグロにも似ており口の中でとろけていきます。

Dscn0530

秋の味覚を存分に楽しんでいただくには、天寿の「ひやおろし」も是非お供にしてくださいませ。

| | コメント (0)

呑み切りが行われました。

呑み切りとは、蔵内で熟成中のお酒の品質検査です。

検査内要は、主に下記の3点を重点的に行います。

※貯蔵中の酒質に変化はないか。

 

※火落ち菌の有無。

 

※熟成の進み具合。

などを利き酒によりチェックします。

ですので、蔵元にとっては緊張する重要な行事です。

呑み切りという名前の由来は、貯蔵タンクの底の方には、酒をタンクから出す部分の呑み口というのがあります。そこの封を切るということで、「呑み切り」という呼び名がついたようです。

Img_3761

酒販店、飲食店の方などがチェックシートを持ち品質を確かめてくださいます。

Img_3722

社内からは、社長、杜氏、営業部長、営業担当が立ち合いました。

Img_3725

杜氏への質問もどんどん寄せられます。

Img_3729

もちろん猪口は、「きき猪口」です。

蛇の目の入ったきき猪口は、唇に触れる部分のエッジが薄くできており、お酒が唇から舌に流れるように入っていき口あたりが良くなってます。

そして、この蛇の目模様ですが、青い線がハッキリ見えるお酒が「青冴え」がすると表現します。また、お酒の色具合を見るには、磁器の白と青のコントラストを使いますので重要となります。

Img_3747


酒販店、飲食店を通じ天寿のお酒が多くの皆様にお届けされることを祈っております。

Img_3731

| | コメント (0)

古酒大吟醸がリニューアルいたしました。

2015年のワイングラスでおいしい日本酒アワード金賞を受賞

2015年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞

2014年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞

など、さまざまなコンテストで受賞歴が続いております 
古酒大吟醸「天寿」ですが、高級ギフト対応のため、桐箱入りとなりまして価格も改定し、リニューアルいたしました。

古酒大吟醸「天寿」

720ml  5,000円(税別)

1800ml 10,000円(税別)

Kuramoto2015_07002


全国新酒鑑評会出品用として山田錦を磨き、正統秋田流ともいえる低温長期仕込みの大吟醸を蔵内で冷蔵熟成させました。

昭和47年から販売しているロングラン商品で皆様からも大変ご好評をいただいております。

大切な方への贈り物として、お祝いの席への手土産として、御用命いただけましたら幸いでございます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

天寿の里は、猛暑のためかトンビマイタケの高級きのこが豊作で、直売所には所狭しとばかりに並んでおります。盛夏に草丈が1mほどまでに伸ばした下に生えるきのこで、このきのこを探し当てるのは名人でなければ見つかりません。

地元ではトビダケと呼ばれており、夏のきのこでお盆の最高のおもてなし料理となります。高貴な香りで、噛むとサクサクとした食感も心地よく、一度食べたら忘れられない味に魅了されます。

写真の右側に斜めによそってある先の黒いのが、トンビマイタケです。山の中で見つけた時は、白く生えているのだそうですが、収穫するとどんどん黒くなっていきます。

Img_3662


鶏肉の上品な出汁に醤油で味付けし、トンビマイタケと一緒に茄子も煮込みます。

出汁にトンビマイタケの風味も加わって、汁までおいしくなります。

高級きのこである トンビマイタケと古酒大吟醸「天寿」 との相性も抜群です。

| | コメント (2)

お盆期間中の試飲即売会&天寿蔵元試飲場営業

お盆期間中に、2か所の会場にて試飲即売会を行います。

家飲み用やお土産、ご贈答用にオススメの商品を沢山そろえて皆様のお越しをお待ちしております。

お近くへお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

●8月14日(金) 道の駅「ねむの丘」(にかほ市)
http://nemunooka.jp/

●8月14日(金) 秋田ふるさと村(横手市)
http://www.akitafurusatomura.co.jp/

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

お盆休みは天寿酒造の常設試飲場のみ

8月8日(土)~8月9日(日)と 

8月13日(木)~16日(日)の

午前8時から午後5時まで
営業
致します。

蔵の店舗でしかご購入いただけない限定商品もございます。

お近くにお越しの際は、是非お気軽にお立ち寄りくださいませ!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今年はこれでもか!と猛暑が続いておりますが、そろそろ食欲も落ちて来る時期ではないでしょうか。そんな時は、見た目にも涼しさを感じる料理で食欲をそそりましょう。

夏サラダ

紫玉ねぎ、キューリ、大根、ニンジンをスライスしたものです。

シースルーな見た目が涼しげで食欲も出ます。

さっぱりと和風にショウガ醤油でもいけますし、こってりと胡麻ドレッシングでもいいです。

その日の気分に合わせてドレッシングを変えると別の味が楽しめます。

Img_3637

お酒は、「全米日本酒歓評会」吟醸の部において、
銀賞を受賞いたしました天寿 純米吟醸はいかがでしょう。

720ml   1450円(税別)

1800ml   2700円(税別)

P2010_720

東京農大の中田教授により、撫子の花から採取された天然酵母を使用しました。

契約栽培の美山錦で醸し上げた、清んで華やかな香りと飲み応えのある味です。

夏を乗り切るには、夏野菜を食べて冷え過ぎて縮んでしまった内臓を日本酒で和らげて下さい。きっと元気が出てきます。

| | コメント (0)

スローフードジャパン「燗酒コンテスト2015」

日本酒を温めて飲むと、温度によって香りや味が微妙に異なります。そういった事を古来より伝統的にやってきた日本人の感性の豊かさを象徴するかのような風習のお燗酒ですが、7月31日に燗上がりするお酒、いわゆるお燗することによって香味や旨味がどれだけ際立つかを確かめる

スローフードジャパン「燗酒コンテスト2015」 開催されました。主催:スローフードジャパン・酒文化研究所)

223社から633点の日本酒が出品され、天寿 純米酒は、プレミアム燗酒部門の720ミリリットル1100円もしくは1.8リットル2200円(税別)を超えるものの中で、審査員の評価スコアの上位5%に入り
最高金賞を獲得しました。

天寿 純米酒

1800ml  2,300円(税別)

1800ml

契約栽培酒造好適米を使用した、 飲み飽きしない旨口の純米酒です。

燗上がりするのも特徴の一つです。

過去の受賞歴は、

・2014年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞

 

・2014年 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銅賞受賞

 

・2014年 ロンドン・サケ・チャレンジ 銅賞受賞

 

・2014年 全米日本酒歓評会 銀賞受賞

 

・2013年インターナショナル・サケ・チャレンジ銀賞受賞、

 

・2011年全米日本酒歓評会:金賞受賞

となっております。

精米歩合:65%

原料米:契約栽培酒造好適米

アルコール度数:15.0〜15.9

使用酵母:協会9号

日本酒度:+1.0〜+3.0

酸度:1.4〜1.6

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

また、お値打ち燗酒熱燗部門では本醸造 天寿」が金賞を受賞いたしました。

天寿酒米研究会自慢の契約栽培酒造好適米使用し、おだやかで、きめ細かな風味の本醸造酒です。2011年には当時の首相お気に入りの酒としても話題になりました。

本醸造 天寿

1800ml  1,845円(税別)

20141800

夏真っ盛りですが、エアコンで冷え切った体をいたわるにはお燗酒もいいです。

是非、天寿の受賞酒をご自身の舌でお確かめくださいませ。

| | コメント (0)

稲の花が咲きました。

天寿の里の田んぼは青々とし、稲は日々成長しております。

今年はすでに梅雨明けしたようですが、この地域では滅多にない空梅雨でした。鳥海山の万年雪のお陰で田んぼは水不足に陥ることなく稲は順調に成長し、本日稲の花が咲いたのを捉えることができました。

田んぼ1枚、1枚が品種も成長も違うのですが、花が咲く田んぼはこのように一斉に咲きます。

Img_3374

稲は自家受粉なので、籾殻になる部分がきれいに二つに割れて、小さな白い雄しべがひとつの花から6本出てきます。

雄しべの先端には花粉が付いていて、乾燥すると下にある雌しべに振りかかり受粉となります。受粉が終わると1~2時間もしない内に花は閉じられます。そして40~50日かけてふっくらとした実になり一粒のお米となって収穫となります。

Img_3387

はかない小さな稲の花を見て、27年度産米も豊作でありますようにと祈るばかりです。

さて、8月に入るとお盆が近いこともあり、どことなく気ぜわしくなりますね。

お盆といえば、親類や同窓会など久しぶりの再会が増えます。

そんな時にお勧めなのが天寿の

「呑み比べ5本セット」

税別価格 3,000円

ワイワイ楽しく利き酒しながらの宴会も一層盛り上がる事と思います。

●清澄辛口本醸造鳥海山冷酒300ml×1本

●本醸造生酒「天寿」300ml×1本

●純米生酒「天寿」300ml×1本

●純米吟醸生酒「天寿」300ml×1本

●純米吟醸「雪ごよみ」生酒300ml×1本



20145

大勢の皆さんと一緒に語らう場に天寿の「呑み比べ5本セット」 ご愛顧くださいませ。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »