« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

27日、初しぼりしました。

142回目の酒造りの初しぼりが、11月27日行われました。

10月26日が初蒸しでしたので、約1カ月たったこの日に平成27年度産米の新酒が生まれました。

初しぼりとなる醪です。シュワシュワと発酵音がしております。

Img_5837

槽場(ふなば)では、チョロチョロと絞られ出る音がします。

Img_5875

このフレッシュなお酒の香りをお届けできないのが、残念です。

Img_5895

このあと新酒は次々に絞られ、濾過されて生酒として瓶詰され皆様のお手元にお届けになります。

天寿の新酒は、12月8日発売いたします。ただいま、ご予約受付中です。

毎年ご好評をいただいております「しぼりたて生酒セット」はリニューアルして新登場いたします。

720ml 2本のセット商品で2,700円(税別)

初しぼり純米生酒720ml×1本
今年収穫した新米で醸したしぼりたての純米生酒で、華やかな香りとフレッシュな味わいが特徴のお酒です。

初槽純吟生酒720ml ×1本
昨年度のワイングラスでおいしい日本酒アワードにおきまして、最高金賞を受賞いたしました。

Photo

※お届けご希望日は、12月9日以降をご指定願います。希望日は備考欄へご記入いただくことも可能です。

ご贈答にぜひご利用くださいませ。ご予約お待ちしております。

| | コメント (0)

西武百貨店にて試飲即売会開催中

平成27年 11月25日~12月 1日

 

西武百貨店 池袋本店

 

和洋酒売り場にて試飲即売会を開催中です。

Dsc_0130

西武百貨店での試飲即売会か年内最後となりますので、少し早目ですがお歳暮の準備などに御利用いただきたいと存じます。

贈って喜ばれるお勧めのお酒を多数揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

売り場担当は、営業の佐藤博輝です。

よろしくお願い致します。

Dsc_0134

販売中のお酒リストです。

天寿秘蔵大吟醸 

720ml 10,000円(税別)

2013720

大吟醸「鳥海」

1800ml 10,000円(税別)

 720ml 5,000円(税別)

2013720_2

古酒大吟醸

1800ml 10,000円(税別)

 720ml 5,000円(税別)

1800ml_2


純米大吟醸

1800ml 7,000円(税別)

 720ml 3,500円(税別)

720ml

大吟醸

1800ml 5,000円(税別)

 720ml 2,500円(税別)

2013720ml

純米大吟醸「鳥海山」

1800ml 3143円(税別)

 720ml 1,600円(税別)

20157202mover

純米大吟醸「鳥海山」無濾過生原酒(ネット非売品)

1800ml 3,000円(税別)

 720ml 1,500円(税別)

2012

純米吟醸

1800ml 2,700円(税別)

 720ml 1,350円(税別)

P2010_720

純米酒

1800ml 2,300円(税別)

 720ml 1,150円(税別)

1800ml


吟醸酒粕

900g入  600円(税別)

2012_1010_202040pa100047

| | コメント (0)

笑顔いっぱいの「天寿を楽しむ会」でした(Vol.2)

天寿を楽しむ会後半には、マッチングコンテスト大抽選会も行われ、これがまた大盛況なのです。

マッチングコンテストは、各テーブルから1人づつ出ていただきクイズや利き酒を行ってもらいます。

クイズ内容は、「今年天寿の酒造りは、何回目を迎えたか。」など、天寿の蔵元通信をご覧いただけていると知りえることや、日本酒の賞味期限はあるか?などの質問も出ます。ちなみに賞味期限はありません。ボトルに記載されている年月日は、製造年月日です。これもしぼられた日ではなく、瓶詰めされた日となります。

各テーブルからの代表が20名ステージに登壇いたしました。

Img_5556


はて?普段目にしているのは何だったかしら~?などと考えながら回答を重ね。

決戦は3名に絞られ、お酒の種類を決める回答で見事勝ち残ったのが2番を持っている女性の方です。

Img_5582

Img_5598

次は、全員参加の大抽選会!

社長の奥さんがくじを引き当てます。当選賞品は、天寿のお酒です。

Img_5648

Img_5666

一番高価なお酒を当てる大吟醸「鳥海」の抽選は社長が引き当てます。

さて、どなたの手に・・・

Img_5684

見事当たったのは、由利高原鉄道の従業員さんでした。

おめでとうございます(*^ー゚)b この後の一言のインタビューでは、「お帰りの際は、おばこ号をぜひご利用ください。」の言葉に会場はどっと笑いの渦になりました。

Img_5700

大抽選会が終わっても楽しみは続きます。

飲み比べコーナーで、お酒を利き酒していただき御自分の好みを確かめられたり、お酒の製造方法について杜氏と話しこまれたりしておりました。

Img_5616Img_5519

◆大吟醸「鳥海」 720ml 5000円

2015年度 ワイングラスで美味しい日本酒アワード金賞受賞 他

精米歩合35%の山田錦を秋田流低温長期仕込みによって醸した大吟醸酒です。芳醇な味わいと華やかな香りに「天寿」ならではの風格が漂います。

◆古酒大吟醸  720ml  3500円

2015年度 ワイングラスで美味しい日本酒アワード金賞受賞

三年間低温で静かに熟成されたきめ細やかでまろやかな味と穏やかな香りがあります。天寿最高級の風格をお楽しみください。

◆純米大吟醸  720ml 3500円

2015年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銅賞受賞

霊峰鳥海山の万年雪から生まれる伏流水を仕込み水に、天寿酒米研究会が丹精込めて育て上げた、秋田悲願の酒造好適米「酒こまち」を使用し、蔵人がその持てる匠と情熱で懸命に醸し上げた、芳醇な香りと繊細でやわらかな味わいの純米大吟醸です。

◆大吟醸  720ml 2500円

2015年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銅賞受賞

天寿酒米研究会産美山錦で醸した大吟醸酒です。お酒から立ち上がる果実のような吟醸香と、口に含んでから広がる豊かな香味が格別です。

◆純米大吟醸「鳥海山」 720ml 1500円

2015年度 ワイングラスで美味しい日本酒アワード金賞受賞他

契約栽培酒造好適米を使用し。東京農大花酵母で醸し上げた純米大吟醸です。芳醇な香りとジューシーな酸味で料理を引き立てます。

お燗酒コーナーは、2種類の御提供です。

Img_5617


◆本醸造  1800ml  1845円

2015年 スローフードジャパン燗酒コンテスト・お値打ち燗酒熱燗部門 金賞受賞他

◆純米酒  1800ml  2300円

2015年度 ワイングラスで美味しい日本酒アワード・プレミアム燗酒部門 最高金賞受賞他

そしていよいよ、中締めの時間となりました。

株式会社秋田県酒類卸 本店 営業部 第一営業統括課長の鈴木 則様にお願いいたしました。「この会にわざわざ東京からお越しくださいましたお客様がいらっしゃいます。まずはその方々に拍手をお願いいたします。そして、おいしいお酒を提供してくれる天寿酒造さんに感謝しております。今日はおいしいお酒をありがとうございました。では、中締めの乾杯。」

Img_5733

16回目の天寿を楽しむ会もたくさんの笑顔に支えられ無事終了いたしました。

Img_5658

Img_5721

Img_5723


ありがとうございました。

| | コメント (0)

満員御礼の「天寿を楽しむ会」でした(Vol.1)

11月14日に「天寿を楽しむ会」がありました。

多くのお客様にご参加いただき直接お話しをすることができ、社長はじめ従業員は元気をいただきました。

御参加いただきました皆々様には心から御礼申し上げます。

Img_5471

お客様をお迎えし、いよいよ「天寿を楽しむ会」の始まりです。

社長より日ごろの酒造りに対する思いを織り交ぜながらの御挨拶を申し上げました。

『地元で出来る最高の酒を目指し、酒米を作ってくれる農家さんと契約栽培の「天寿酒米研究会」を立ち上げたのが昭和58年です。当時全国でも珍しい契約栽培の組織でした。その努力が実を結び、全国的なコンテストでの受賞酒は数々ありその元になる米は県産米がほとんどです。山田錦を大吟醸に使っておりますが、こちらも兵庫県に秋田村を作り全量契約栽培です。農家のみなさんが丹精込めて作った米を使わせていただき、142回目の酒造りの挑戦が始まりました。ご期待に沿う酒造りに邁進いたしますので、今後もよろしくお願い致します。』

Img_5488

乾杯のご発声は、矢島総合支所長であります佐藤俊一様にお願い致しました。

『本日はプライベートでの参加でありますが、なぜここに登壇したのかと申しますと社長とは矢島中学校時代からの剣道仲間であります。剣道から遠のいていた社長を最近剣道に誘っているところです。さて、由利本荘市の条例でも日本酒で乾杯を制定しております。乾杯だけでなく日本酒を飲み続けていただきたいと思います。それが地酒を盛り上げることになり、天寿さんへの応援にもなります。では、天寿さんの益々のご発展を祈念して乾杯』

Img_5489

Img_5493

楽しい宴の始まりです。

テーブル酒は、

天寿純米吟醸・・・720ml  1350円(税別)

東京農大花酵母・なでしこの花から分離された酵母を使用しまし、天寿自慢の酒米研究会産酒造好適米で醸し上げた、清んで華やかな香りと純米吟醸ならではの心やすらぐ味わいをお楽しみください。

2015年インターナショナル・サケ・チャレンジ銅賞受賞
2015年全米日本酒鑑評会において銀賞受賞

本醸造あきたこまち・・・720ml  1000円(税別)

秋田で開発された良質米「あきたこまち」を用い、ふわりとした優しい味わいのお酒になりました。冷やでもお燗でもおいしいですが、ぬる燗は絶品です。

2011年スローフードジャパン燗酒コンテスト金賞受賞

純米酒・・・720ml  1150円(税別)

天寿酒米研究会産「美山錦」にこだわり、その特性を十分に生かした代表酒です。飲み飽きしない旨口の味わいは、お燗にしてお飲み頂きますと格別です。

2015年スローフードジャパン燗酒コンテスト・プレミアム燗酒部門 最高金賞受賞

 

2014年度ワイングラスで美味しい日本酒アワード 金賞受賞

清澄辛口本醸造「鳥海山」・・・720ml   940円(税別)

豊かな自然の恵みの鳥海山伏流水、そして農大花酵母の日々草酵母で醸しました。清澄でおだやかな香りとなめらかでふくらみのある辛口のお酒です。

■和らぎ水の鳥海山自然水

Img_5473


Img_5476

お料理は、社長の奥さんと従業員が手作りいたしました。

●天寿特製鴨鍋

Img_5521

●肉じゃが

Img_5543

●厚揚げの麻婆風

Img_5475

●しらたきと小松菜のこぶ茶炒め

Img_5542

●自家製香の物

Img_5495

●竹輪の3種盛り合わせ

Img_5494

●柿の粕和え

Img_5545

●抹茶ババロア

Img_5601


天寿のお酒色々をいただき、このお料理でお腹を満たしていただいたら、マッチングコンテストや抽選会が行われます。

そのレポートは次回へ・・・

| | コメント (0)

今年の仕込み1本目を槽口より詰めてお届けします

今年の仕込み1本目を槽口より詰めてお届けいたします。只今、ご予約受付中です。

超限定酒企画Vol.33「今だけ屋」

1800ml 2,900円(税込) ■限定本数100本 

 720ml 1,450円(税込) ■限定本数100本 

純米吟醸酒ならではの華やかな味わいで、アルコール分15℃の軽めの原酒をお楽しみいただけます。


■出荷日/12月9日(水)、12月23日(水)  の2回のみ出荷となります。

ラベルデザイン・ボトル・パッケージにはこだわらず、中身重視の企画ですので、ご贈答品などにお考えの場合は、あらかじめご了承願います。

※出荷日が決まっておりますので、必ず詳細をご確認の上、ご希望出荷日を備考欄へご記入願います。

Photo

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

蔵内は、初仕込から1週間が経ちました。

初添仕込み→踊り(中休み)→仲添仕込み→留添仕込みの三段仕込みで仕込まれた醪タンクは、5日目を迎え醪が元気に発酵しております。

醪タンクの傍にたたずみ中を覗いていると泡ができ大きく膨らんで消え、泡がないところには発酵の小さな泡がはじけて消えてを繰り返してます。活発な発酵はシュワシュワとひっきりなしに聞こえ、耳に心地よく入ってきます。こんな醪を見ていると時間を忘れるほどです。

▽こちらは、4日目の醪です。きれいな泡がいたるところで光ってますね。

4kame

5日目の醪です。なめらかさが出てきて白い泡の光沢が絹のようです。

5kame

▽別の仕込みでは、初掛けが行われ、麹が投入されました。

Img_5310

▽櫂棒でかき混ぜ仕込み水と酒母になじむように撹拌します。蔵人曰く、均等に混ざったら麹が浮いてくるので、櫂棒が軽く感じるのだそうです。

Img_5319

酒造りが始動して2週間が経ちました。

蔵の中は、蔵人が忙しそうにあちこちで働いていて、酵母菌がシュワシュワと発酵する音を奏でています。あと4週間くらい経つと、槽場(ふなば)ではチョロチョロと絞られた音が加わってきます。

142回目の天寿酒造の酒を皆様のお手元にお届けできますのもカウントダウンとなってきました。

お客様の御期待に添えるお酒に出来上がることを信じて、日々懸命に働いている酵母菌や蔵人たちです。

| | コメント (0)

142回目の初仕込みが行われました。

鳥海山は、だいぶ白いところが多くなってきました。

朝日が出ると一気に地表が暖められて、朝もやが立ち込めます。こんなに美しい鳥海山を見ると、鳥海山の麓で暮らせていることに喜びを感じる瞬間でもあります。

Img_5124

美しい朝に、天寿酒造の142回目の初仕込がありました。

9:45 蒸し上った直後、熱々の蒸し米を大きなへらですくい冷ます為の機械に流されます。

Img_5141


Img_5159

受けた蒸し米は、一定の厚さで流れ送風機で冷たい風に当てられ適温まで冷まされます。

Img_5165


Img_5168

適温になった蒸し米は、米が付きにくく米の熱で湿気がこもらない特殊なシートで受け取られ、仕込みタンクへ投入されていきます。

Img_5252

Img_5180

仕込みタンクの中は、麹と酒母と仕込み水が入っており発酵が盛んに行われてます。

Img_5148


そこへ蒸し米を投入します。

Img_5240

全体がなじむようにかきまぜます。

Img_5224

これで初仕込は無事終了いたしました。

今年もおいしいお酒が出来上がることを祈念して、晩酌は「純米吟醸ひやおろし」を飲みたくなりました

晴天になると日中の気温は、20℃とけっこう高くなります。お日様と仲良くした一日は、体をちょっと冷やしたくなります。

純米吟醸ひやおろしは、そんな晩によく合うお酒です。

東京農大短期大学部醸造学科で、撫子の花から採取された酵母を使用し、天寿自慢の酒造好適米で醸しあげました。清んで華やかな香りと、純米吟醸ならではの、心やすらぐ味わいで一日を締めくくるのはいかがでしょうか。

純米吟醸ひやおろし

1800ml  2,700円(税別)

 720ml  1,350円(税別)

720_2

| | コメント (0)

木々は葉を落とし・・・

天寿酒造の裏には公園があり、見事な桜並木があります。

Img_5101

桜の葉も真っ赤に色づき、自身の根元に葉をおとしておりました。

Img_5108

春には満開の花々で人々を和ませ、夏には、青々とした葉を広げ、大きな日陰をつくってくれ、秋には真っ赤な葉となりあでやかに散る。冬はその枝に雪を付け、あたかも満開の桜の木を思わせる美しさ。

桜は一年中私たちの傍に寄り添ってくれているんですね。

Img_5109

この季節になると雪の心配をし、来る冬はどれだけの降雪量があるのかと案じるのですが、そんな心細さを振り払うかのように天寿酒造の蔵は活気に満ちております。

今一番忙しい工程は、精米所です。

30俵ばりですので60袋ずつリフトで運び、精米機へ投入していきます。

Img_5090


Img_5080

順次稼働工程が増えていき、初仕込まであと少しです。

冷え込んできておりますのでお勧めのお酒は、やっぱりお燗酒です。

燗上がり純米酒

1800ml 2,000円(税別)

720ml  1,000円(税別)

スローフードジャパン(SFJ)燗酒コンテスト2013ぬる燗部門において、金賞を受賞いたしました。

マリーゴールドから分離した清酒酵母で醸し上げました。酸に特徴があり、それを程よく熟成させて旨みがのり、美味しいバランスになりました。お燗で是非お試しください。

2012720_2

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »