« 鳥海山沿岸産の天然岩ガキ | トップページ | 凍らせて飲むお酒とのセット »

緑鮮やかな田園風景

天寿酒造の蔵人は冬期間は酒造りをし、春から秋までは稲作をしている方がほとんどです。蔵人の一人である佐藤博美さんの田んぼをご覧ください。

天寿酒米研究会 契約栽培圃場 品種:美山錦 栽培者:佐藤博美

Img_0301


青々としていて元気にたくましく成長してます。

茎の根元から新しい葉や茎が分けつし、背丈は50cmほどまでに成長しております。あと3週間ほどするともう10~15cmくらいまで伸びますが、背丈の成長はそこで止まり8月上旬になると葉のサヤを割って穂が伸びてくる出穂(しゅっすい)が起きます。そして、8月中旬には稲の花が咲きます。

虫の力を借りて受粉する花は自分の存在を知らせようと大きく目立つ色で自己主張しますが、稲は自家受粉なので、数ミリほどの小さく目立たない花です。ですが、一枚の田んぼでほぼ同時に咲き出しますので、田んぼにうっすらと白色が混じり、霞がかったような光景になります。(その光景は、後ほどご報告させていただきますのでお楽しみに!)

Img_0304

天寿の町は、7月に入っても30℃超えの日は1日しかなくとても快適な夏を過ごしております。ニュースでは、関東以南の猛暑を見聞きしておりとても過酷な夏をお過ごしなのだと心よりお見舞い申し上げます。

暑い日の夕暮は、送料無料!ご贈答にもおススメ~「生詰め合せ6本セットで暑さをリセットしてこの夏を乗り切って下さい。

●本醸造生酒「天寿」300ml×3本

●清澄辛口本醸造「鳥海山」冷酒300ml×3本

3,100円(税別)  送料(クール便)無料

20146

|

« 鳥海山沿岸産の天然岩ガキ | トップページ | 凍らせて飲むお酒とのセット »

冷酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山沿岸産の天然岩ガキ | トップページ | 凍らせて飲むお酒とのセット »