« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

『呑み切り』が行われました

『呑み切り』とは、冬期間に造られた酒が、夏の暑さを乗り切ったこの時期に熟成具合や火落菌という日本酒が腐敗する特殊な乳酸菌が発生していないか、などの品質検査を行う行事です。

貯蔵タンクのお酒の取りだし口を「呑口」と呼びますが、その呑口の封を切るということからこの名が付きました。

封を切るというくらいですから、貯蔵時点での呑口は殺菌消毒され密封状態で厳重に管理されます。開封時に火落菌に感染したりしては元も子もないので、呑み切りの開封はとても神経を使う作業です。

慎重に丁寧に呑口の封を切り、取り出されたお酒はなんと50本sign03

Img_1323

品質検査を行ってくださるのは、県醸造試験場の審査官4名です。もちろん天寿社長と杜氏も一緒に検査します。

Img_1354

Img_1352


Img_1372


シーーーンとした室内には、利き酒をする際の「ジュルジュル」と口に空気を入れる音、チェックシートに筆記する音、利き猪口をテーブルに置く音だけの凛とした空気が漂ってます。

利き猪口は、本きき猪口と呑みきき猪口があり、本きき猪口はこのような呑み切りの際や品評会などで使用されます。

呑みきき猪口は、普段使いとして居酒屋さんなどで多く使われておりサイズも色々です。天寿のイベントでお配りしているのも呑み利き猪口となります。

正式なきき猪口は同じ塗料で蛇の目を書き、100個セットです。その為欠けても大切に使用し、交換するときは100個すべてを廃棄し新しい100個セットを使用します。同じ釜で同時に焼く事で同じ青に焼きあがる為、お酒の透明度や色のつき方を正確に把握できるのです。現在の品評会では色は評価外となる為、色の分からない茶色のアンバーグラスが使われます。

本きき猪口を実際に見てみると意外に大きく、直径8cm、高さ7cm、容量は1合入ります。

この直径8cmという大きさは、鼻を包むような大きさになっていて香りを確かめる際にちょうどいい大きさとなってます。

また、青の蛇の目模様は、お酒の透明度や色のつき方を確認するためのものです。

Img_3747


こうして厳正な審査を受け、品質に太鼓判をいただきました。

27BYも天寿の酒蔵で徹底した品質管理のもと保管されて出荷の時を待っております。

天寿のイベントなどでお配りしております呑み猪口をお使いいただき、ご自宅でも天寿の利き酒してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

枝豆と日本酒

秋田県では2012年より『目指せ えだまめ日本一』のスローガンを掲げておりましたが、昨年出荷量日本一を獲得しております。出荷量を誇るだけでなく、おいしさや鮮度にもこだわった枝豆作り日本一です。

枝豆は、たんぱく質、ビタミン類、食物繊維やカルシウム、鉄、カリウムなどミネラルを豊富に含んでおり、豆と野菜の両方の特徴を合わせ持った緑黄色野菜なのです。

枝豆を食べながら日本酒を呑む。。。。味ももちろん日本酒と合うのですが、アルコールと相性がいいのは、良質のたんぱく質やビタミンB1、ビタミンCが含まれていてアルコールの分解を促進してくれるので、飲みすぎや二日酔いを防止する働きがあるためです。

Dscn1747


おいしい枝豆をつまみながら呑むお酒は、本醸造原酒がお勧めです。

アルコール度が18~18.9ありますので、ロックや水割りとしても原酒の醍醐味を十分ご堪能いただけます。。

ひとくち口に含むと、華やかな薫りがたちのぼる厳寒期の酒蔵を連想させます。活気に満ちた酒造りの情景がよぎるかのように、濃醇で豊かな香りが広がります。

本醸造原酒  

720ml 1500円(税別)

L51

Img_1266


原酒ロックと枝豆、最高ですよ~

| | コメント (0)

御褒美スイーツ

台風9号で被害にあわれた方へ心よりお見舞い申し上げます。1日も早く普通の生活に戻れることを祈っております。

台風が来る前の残暑の厳しかったこと・・・各地で33℃以上が続きました。このような時は、暑いからといって冷たい物ばかり取っていると体の内側から冷えて腰痛になったり、胃痛をおこしたりと体調管理には細心の注意が必要です。

天寿のスイーツは冷たく冷やしても日本酒や酒粕が材料に入っているので、体の内側はほっこりとさせてくれます。

酒ゼリー酒粕葛餅」セット

5ケ入り  800円(税別)

夏季限定品です。今季は、現在庫の100セット足らずで販売終了となります。

暑い夏でも家事や仕事にと頑張った自分へ御褒美スイーツいかがでしょうか。

06241629_53a928ee6b793

酒ゼリーは、純米大吟醸鳥海山を使用し見た目も涼やかで、キラキラしてて宝石のようです。中には選りすぐりの小豆が入っていてトロッとした食感のゼリーにアクセントを与えています。

Img_1198


Img_1216


酒粕葛餅は、「純米大吟醸鳥海山と吟醸酒粕」で作った口当たりなめらかで優しい甘さの葛餅の中にこしあんが入っています。日本酒の香りが鼻から抜けるときにあんこの甘さが優しく口に広がります。

Img_1192

冷た~く冷やして、つるんとしたのど越しと日本酒の風味のあるほっこりとしたスイーツで残暑を乗り切ってください。

| | コメント (0)

酷暑はひと休み

毎日30℃超えの日々が続きうだるような暑さでしたが、台風の影響でやっとまとまった雨が降り田んぼの稲はすがすがしい様子です。

Img_1117


稲穂は実が膨らみ始めて重さが加わってきているのがわかります。

稲刈りまで大きな台風の襲来がなく、無事に収穫できることを祈るばかりです。

Img_1122

穂が垂れ始めると秋の風が吹くようになります。

そして天寿の町では「八朔祭り」に備えて各町内での祭りの練習が始まり、夜になると笛や太鼓が鳴り渡ります。この音を聞くと夏が終わったんだな~とホッとした気分になります。

日中は暑くても朝晩は涼しくなり、過ごしやすい季節に入りました。

天寿のお酒の中でもオールシーズンお楽しみいただいております精選は、冷でも燗でもおいしくいただけますし、なにしろリーズナブルです。

天寿精選 

1800ml 1611円(税別)

L57

醸造するにあたりすべて県産米を使用しております。

秋田の風土と共に培われてきた淡麗で爽やかな風味が、飲むほどに酔うほどに心地よさを誘います。温かな心を映し出すような趣も魅力のひとつです。

平成25年全国酒類コンクール・レギュラー酒の部門において「第二位」をいただいております。

| | コメント (0)

8月11日は「山の日」

2014年に制定された山の日は、今年から施行され8月11日が山の日の祝日となりました。

この時期は、一番遭難事故も少なく、登山に適したシーズンなので8月になったようです。

地元の山「鳥海山」も雪の少なくなったこの季節に多くの登山客でにぎわっております。

「鳥海山」は、天寿酒造の仕込み水の源になっている山で2236mの独立峰です。

独立峰なので、山頂からの眺めが良くご来光目当てに暗いうちから登山を開始し頂上で朝日を拝んだり、日本海上に鳥海山の影を映す「影鳥海」は独立峰の頂上からの眺めならではのものです。

高山植物も多様で、チョウカイフスマ、鳥海アザミは鳥海山にのみ自生する植物です。他にもニッコウキスゲ、ミヤマリンドウ、イワギキョウなど20種類以上の花々が咲き誇ります。

矢島登山口の車で行ける最終地点は、祓川です。

そこから見る鳥海山です。山肌が鮮明に見えて圧倒感があります。

Img_0999

祓川から登山道に入りますが、龍ケ原湿原を通っていきます。

Img_1014

この湿原はぐるっと一周でき途中には展望台があります。

Img_1050


鳥海山を背にして眺める景色

Img_1047


帰りがけに出会ったのが、アザミに止まったアゲハ蝶です。偶然写真に収めることができました。

Img_1090_2

山の日=鳥海山=天寿

とう図式が思い浮かんだ「山の日」でした。

鳥海山の美しい姿を思い浮かべながら

純米大吟醸「鳥海山」をご賞味いただけましたらとてもうれしく思います。

世界が認めた上質の味わい 純米大吟醸「鳥海山」

720ml 1,500円(税別)箱無

1800ml 3,000円(税別)箱無

20157202mover_2



----受賞歴----
2016年度 インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞
2016年度 ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞
2015年度 ワイングラスでおいしい日本酒アワード 金賞受賞
2015年度 ロンドン酒チャレンジ 金賞受賞
2014年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銀賞受賞
2014年度 インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞

| | コメント (0)

稲の花

弊社社長が、毎朝のウォーキング中に稲の花が咲き始めたことに気づき自身のfacebookで発信しておりました。

見逃せない大切な稲の成長記録ですので、レポーターの私も撮影に行ってきました。

6月には30cmほどの背丈だったのですが

Img_0957

どんどん成長し、50~60cmまで伸びております。
分けつが進むと葉の間から出穂が起こり、2~3日で穂の全体が姿を現します。

Img_0926


穂が出そろい、30℃超えの日が続くと花が咲きます。

花といっても花びらがあるわけでもなく地味な姿ですが、これが一粒一粒のお米になるのだと思うと健気でいとおしく感じます。

もみの先端が割れて雄しべが6本出てきて花粉を飛び散らせ、もみの中に隠れてある雌しべの柱頭に付着することで受粉がおこなわれます。
受粉がおこなわれると胚にどんどん養分が送り込まれ穂が膨らみはじめます。

Img_0898

黄金色の田んぼになるまであと1カ月となりました。

作業を行っている農家の方の御苦労をねぎらい、無事に収穫できることを祈っております。

さて、お盆には親類の家に行ったり同期会があったりと懐かしい方達と語らう機会がありますね。そんなときにお勧めのお酒が、「呑み比べ5本セット」です。互いにお酌をしながら5種類のお酒を呑み比べでき楽しいひと時に華を添えるセットです。

「呑み比べ5本セット」

3000円(税別)

●清澄辛口本醸造鳥海山冷酒300ml×1本

●本醸造生酒「天寿」300ml×1本

●純米生酒「天寿」300ml×1本

●純米吟醸生酒「天寿」300ml×1本

●純米吟醸「雪ごよみ」生酒300ml×1本

20145

| | コメント (0)

ロードレーサーたちで町は賑わいました

天寿酒造も協賛しております30回目を迎える「矢島 Mt.鳥海バイシクルクラシック」が7月30日と31日の二日間行われました。

自転車に付ける番号札に天寿の名があります。

Img_0421

1日目は、1stステージ   
  緩やかなアップダウンコース
   TOTAL 8km(高低差 60m)

Img_0371

スタートした方とゴールする方が一緒に見れます。
Img_0590


2日目は、2ndステージ
 フルクラス TOTAL 27km(標高差1,100m)

1000人以上の方の参加で、スタート前のパレードでは沿道に地元の人たちも応援にかけつけ「行ってらっしゃい~。がんばって~」などど声をかけるとハイタッチしてくれる選手の方もいて交流が深くなってきているんだな。と感じました。

Img_0669


Img_0675

コースは、栩木田スタート→登坂→上原→花立→祓川ゴール 

スタートして1kくらいからすぐに登り坂で、鳥海山の5合目にあたる祓川まで駆け上ります。この日は、祓川も32℃という異常に高い気温で選手のみなさんも相当過酷だったと思われます。御苦労さまでした。また来年もお待ちしております。

Img_0708

疲れた体に染みいるおいしいお酒をご案内させていただきます。
720ml 1350円(税別)
東京農大花酵母・ナデシコの花から採取された酵母で醸し上げた清んで華やかな香りと純米吟醸ならではの心安らぐ味わいのお酒です。
旬の味わいをお楽しみいただけます。
720200









| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »