« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

初蒸しが行われました

天寿酒造143回目の酒造りが始動しました。

初蒸しの前日の洗米作業からお知らせしたいと思います。

洗米作業は、今年の米の水の吸収速度はどれくらいなのかなど、細心の観察力が必要となる初日です。蔵人の目にも鋭さが光ます。

水の吸い具合を確認するため、黒のプレートに載せて見ます。60%まで研かれたお米は白いビーズのように可愛く美しくなります。

109

洗米された米は、水を切り網の中へ投入されます。

104

網に入れて吊るされてから吸水機で余分な水分を取り、一晩置きます。

115

翌25日の初蒸しです。蒸し上がった米を甑から取りだします。

1

計量し、麹になる蒸米と酒母になる蒸米とに分けられます。

5

こちらは、酒母用の蒸し米です。冷ましてから酒母室へ移動になります。
8


天寿の酒蔵は、これから賑やかになり日中は蔵人の活気が席巻し、夜になると醪が発酵する音が静かに蔵内を包むことでしょう。

新酒の販売は、12月始めになります。

皆さまのおいしいの笑顔の為、社長はじめ、杜氏、蔵人が誠心誠意酒造りに励みますので、どうぞ応援のほどよろしくお願い致します。

Img_20161018_125346

| | コメント (0)

『天寿を楽しむ会』のお知らせ

収穫の秋を無事に終え、稲作農家の皆様やそれに関連する関係各所の皆様がほっとする時期の11月に『天寿を楽しむ会』を開催しております。

地元感覚では、収穫祭のような感じです。

私どもといたしましては本格的に酒造りが始まっている時期になります。お客様の美味しい笑顔を拝見することにより、今季の酒造りへの励みともなる会です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

開催日は、

11月12日(土)

場所:矢島コミュニティーセンター(日新館)

時間:午後5時30分~

会費:3000円(事前にチケット購入いただきます)

定員:220名(定員になり次第締め切らせていただきます)

2016popa4

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

数々のコンテスト受賞酒や地元で愛されているロングセラーのお酒などバリエーション豊富な品ぞろえで呑み比べコーナーも充実しております。

楽しむ会の内容もチケット番号で抽選会をおこなったり、マッチングコンテストを開催したりと盛りだくさんです。

Img_5506

Img_5615

Img_5565


220名の皆様と収穫の秋を一緒にお祝いしたいと存じます。

御参加お申込みお待ちしております。

天寿酒造株式会社
   
■所在地   〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地 
   
■連絡先   電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167
   
■ホームページ   http://www.tenju.co.jp
   
■Eメール   info@tenju.co.jp

| | コメント (0)

全国フットパスで天寿酒造へ

季節は晩秋に向かって速足で進み急な寒さに突入したかと思ったら、小春日和にめぐまれて9月中旬のような陽気になったりのこのごろです。

これからの季節はお日様が燦々と輝く日はめったにないので、ドライブやウォーキングにでかけたりと目いっぱいお日様と仲良くします。

10月16日はフットパス全国大会で天寿の町にも大勢のお客様がいらっしゃいました。

この日は、ご覧のように晴れわたり鳥海山が全容を現し、全国からのお客様を笑顔でお出迎えです。

Img_20161016_074443

矢島街道として古くから使われていた道、本荘藩から南下し峠を越えて矢島藩に入る旧街道を歩くコースです。峠の頂上付近は、鳥海山麓線のトンネルの上になります。

そこからの景色です。

太陽が燦々と輝き子吉川の水面に反射して眩しいほどの絶景でした。

Img_20161016_090750

城下町をめぐり、最後は天寿酒造内を見学です。

Img_20161016_115249

1升瓶だと1時間に3000本を詰めることができる瓶詰工程。

Img_20161016_120211

昔の酒造りの道具に興味津津の方が多数。
Img_20161016_120948

お帰りは、おばこ号に乗って帰路につきました。

おもてなしした市の職員や見どころ案内人のスタッフでお見送りしました。

Img_20161016_135513


この日は最高気温が22℃もあったので、夕方になっても体はもうポッポしてます。

そんな日は、「純米吟醸ひやおろし」が最適です。冷た~く冷やしたひやおろしは、体にす~っと入っていき疲れた体を癒してくれます。

「純米吟醸ひやおろし」

720ml  1350円(税別)

1800ml 2700円(税別)

東京農大花酵母研究会の「なでしこ酵母」を使用し、、天寿契約栽培酒造好適米美山錦・酒こまちで醸しあげた、香り高くふくらみのある味わいのお酒です。

この時期にしか味わえない旬の逸品をご賞味ください。

720

| | コメント (0)

鳥海山に初冠雪です

10月10日に何気なく鳥海山を眺めたら、頂上付近が白いではありませんか!

写真に収めると、初冠雪であることが確認できました。

Img_4587

鳥海山には一足早く冬が訪れましたが、麓の町では、秋の花でもある秋明菊の清楚な白や食用菊のもってのほかの鮮やかな紫が目を楽しませてくれてます。

▽秋明菊

Img_4588

▽もってのほか
Img_4597

花に「もってのほか」という名は珍しいのですが、天皇家の御紋を食べるとはもってのほか。などといわれたのが由来なのだとか。

湯がいておひたしにしていただくのがスタンダードな食べ方ですね。

食用菊には黄色もあります。食用菊はどちらも食感がシャキシャキしてて噛むほどに菊の香りが広がります。

Dscn3364

こちらは鮎の味噌田楽ですが、味噌に菊をみじん切りにして混ぜ込むと風味がよく魚の味も引き立ちとても美味しいです。

Dscn6163

おいしい食材がそろったら、お酒は天寿の本醸造 あきたこまち

この季節に最適な燗酒もお勧めです。

秋田の大地で育まれた銘柄米「あきたこまち」の特徴を生かしたふんわりた美味しい甘味がある淡麗旨口のお酒です。

720ml  1,100円(税別)

1800ml 2,000円(税別)

11720_2

| | コメント (0)

天寿蔵改装中です

天寿酒造の蔵は、改装工事まっただ中です。

酒母室は、きれいに塗装され真新しい床に生まれ変わったところで28年度の酒造りを始めます。

Img_3748


大幅な改装があるのは、釜場です。

社長が長年計画していたことが、モノづくり補助金のおかげで動き出しました。
これまでの連続蒸米機を完全間接蒸気型にしました。放冷機はオーバーホール中です。
建物の改装が間に合わず、今年は仮置き状態ですが頑張ります。

Img_3752

槽場(ふなば)も改装中です。

春先の温度が上がってきたため、品質管理をより厳重に行うため、全体を冷蔵庫化します。

Img_3759

そして精米所には、10月3日に初入荷した天寿酒米研究会メンバーの新米が積まれております。

現在は、三段に積まれたひと山だけですが、これからは続々と酒米が入荷してきて広かった精米所は狭く感じるほどにお米が積まれることでしょう。

Img_3763

品質向上の為の設備投入が行われ、将来的にも対応できる設備を目指しています。

今季も精一杯、酒造りに精進いたします。天寿のお酒をご愛顧くださいませ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

本日お勧めのお酒は、スローフード燗酒コンテストで3年連続金賞受賞

天寿本醸造

天寿酒米研究会自慢の契約栽培酒造好適米を使用し、おだやかで、きめ細かな風味の本醸造酒です。 

1800ml  1,845円

20141800

| | コメント (0)

ロンドン酒チャレンジ受賞のご報告

2016年8月22日に審査が行われ9月30日に結果発表がありました。

天寿酒造が出品したお酒は、すべて受賞となりました。

ロンドン酒チャレンジとは、酒ソムリエ協会主催による、日本酒の品評会です。

『日本酒はいま、ヨーロッパで最高にトレンディなお酒です。和食レストランはもちろんのこと、地元の人々が集まるバーやクラブでも、日本酒を扱うお店が急増中です。
ロンドン酒チャレンジは、そうした日本酒を扱う海外の飲食関係者が、安心して顧客にすすめられる高品質な日本酒の基準を決める品評会です。 

また、海外で認められたという証は、日本でのマーケティングにも多大な効果を発揮。
日本酒離れが進む、若年層からの希求力を刺激するとともに、日本食だけではなく、洋食とも合わせられる新しい日本酒の飲み方をも提案します
。』(ロンドン酒チャレンジHPより)

金賞受賞

純米大吟醸 天寿

720ml 3500円(税別)

1800ml 7000円(税別)

Gold_2  720ml_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


銀賞受賞

古酒大吟醸 天寿

720ml 5000円(税別)

1800ml 10000円(税別)

Silver  2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


銅賞受賞

純米大吟醸 島海山

720ml 1600円(税別)

1800ml 3142円(税別)

Bronze  20157202mover_2






判定項目は以下のようになっております。

 

  • 製品の鮮明度、外観、タイプ、光沢を目で判定
  •  

  • 香りと芳香を鼻で調べる
  •  

  • 風味と味を口で確かめる
  •  

  • 鼻と口内滞留時間の協調で日本酒の最終的な全般的評価を行う
  •  

  • 洗練度と包装を審査

 

評点は以下の基準に従って0~5 の星の数で示されます。

 

  • 星0 (コンペの基準に達していない)
  •  

  • 星1つ (悪くない)
  •  

  • 星2つ (よい)
  •  

  • 星3つ (たいへんよい)
  •  

  • 星4つ (素晴らしい)
  •  

  • 星5つ (抜群によい)

主催者側から、受賞した酒の瓶に貼ることができる金賞、銀賞、または銅賞のシール(ステッカー)が贈られますので、天寿のお酒にも受賞のシールがつけられ皆さまのお手元にお届けできることと思います。

ぜひ、ロンドン酒チャレンジで受賞したお酒をご賞味くださいませ。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »