« 『年賀の新酒セット』ご予約受付中 | トップページ | 天寿蔵は酒造り最盛期 »

真新しい酒林

酒屋のシンボルとも思われがちな酒林ですが、これは『新酒が絞られましたよ』というお知らせの意味があります。

またの名を杉玉ともいい、杉の葉を差し込み球形に形を整えて作られたものです。

杉を使うのは、お酒の神様である奈良県の大神神社(おおみわじんじゃ)の御神体である三輪山の杉にあやかってのこと。また杉は、抗菌効果があり酒の腐敗を防ぐからともいわれております。

真新しい酒林は緑鮮やかできれいですね。杉の香りが漂ってきそうです。

数ヶ月すると鮮やかな緑色から茶色の酒林へ変化していきますが、この色の変化は、お酒の熟成度を表し、初しぼりからの経過日数が概ねわかります。

Img_6610

まずは今の時期しか味わえないフレッシュなしぼりたてをご賞味いただけましたらうれしく思います。

家飲み用としてリーズナブルな価格でありながら、御満足いただけるグレードの高い味の

初しぼり純米生酒

1800ml 2,300円(税別)

720ml  1,150円(税別)

純米でありながらも搾りたてならではのフレッシュ感も併せ持つ味わいです。


Photo_3


春の酒米の種モミを苗に育て、田に植え、毎日田水の管理、稲の成長過程を見守りながら黄金色の酒米として収穫されるまで酒米農家が丹精込めて育てた米です。その愛情を無駄にすることなく、丁寧に米を磨き麹や酒母にし、仕込んで醸され、丸一年かけて造られるお酒です。

新米が収穫されたよろこびを味わうように、新酒が醸された喜びも初しぼり純米生酒で味わってくださいませ。

|

« 『年賀の新酒セット』ご予約受付中 | トップページ | 天寿蔵は酒造り最盛期 »

初しぼり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『年賀の新酒セット』ご予約受付中 | トップページ | 天寿蔵は酒造り最盛期 »