« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

酒蔵開放のイベントご報告

蔵見学を終えた皆様は、イベント開場へと入っていただきます。

10:30頃にはすでに多くの方にご来場いただきました。

Img_7596

限定酒、天寿の麹のみでつくった優しい甘さの甘酒や、

Img_7591


試飲即売

Img_7645


グッズ販売

Img_7660


ショット販売(有料試飲)

Img_7880

酒粕の1分間詰め放題

Img_7851


猿倉人形芝居は2回の上演でしたが満員御礼

Img_7673


お餅をついておしるこにするコーナーでは、お子様連れに大人気!

Img_7754


Img_7802

佐川急便さんも大人気!

Img_7839

満員御礼となった社内では、社長も御挨拶に奮闘しておりました(*^^)v

Img_7949


Img_7954


Img_7959


本当に多くのお客様にお会いでき、いい笑顔をいただき感謝感激でした。

これを糧に酒造りに励みますのでご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

今年も盛況でした酒蔵開放!

毎年2000名以上をお迎えする酒蔵開放は、天寿従業員のみでは対応できませんのでボランティアスタッフに応援いただいております。

ボランティアの皆さんからは開場1時間前にお集まりいただきました。

連絡事項や注意点などを確認した後、記念撮影をしました。

Img_7374


Img_7412

10:00からの開場でしたが、100名以上の方々が並んでおり少し早目に開場いたしました。

Img_7424

この蔵開放の一番の目的は、お酒についてお客様に説明する機会を設け、天寿酒造の酒造りへの思いをお伝えする為でもあります。今では多くのお客様にお越しいただき大変ありがたく思っております。そして来ていただくには楽しんでいただきたいので、企画も試行錯誤しながら開催しております。

まずは、お酒の説明を蔵見学とともにさせていただきました。

蒸し米に麹菌をかけてつくる麹の作り方の説明からはじまります。

Img_7442

酒母には県内で二蔵しか使っていない花酵母を使用していること

Img_7451

窯場では、新しい甑を入れ効率化を図ったことや洗剤を使わず熱湯消毒で造りの道具を洗浄すること

Img_7928

醪室では、醪を試飲していただきました。

Img_7465

洗米工程では自動洗米機も使って洗米していること

Img_7479

精米工程では、天寿酒米研究会といういわゆる契約農家があり、この研究会で造った酒米はすべて天寿酒造で酒に加工されることの説明。

Img_7493

精米所を出ると、雪室が作られており中にはしぼられた新酒が入ってます。氷温で約80日間熟成させることにより、とろりとした生酒に仕上がり、ゴールデンウィーク前には開封されます。

Img_7497

槽場(ふなば)ではしぼりたてを試飲していただきました。

Img_7505

みなさんいい笑顔になります。
Img_7512

これで蔵見学は終了し、蔵開放でしか販売しない限定販売へ~

Img_7578

次回イベント会場の様子をご紹介させていただきます。

| | コメント (0)

「立春朝しぼり」無事に出荷いたしました

今年も立春の朝にしぼったお酒をその日のうちにお客様にお届けするという、超レアなお酒の出荷がありました。

この企画は、日本名門酒会という「良い酒を 佳い人に」をスローガンに、全国約120社の蔵元が丹精こめて造った良質の日本酒を、全国1,700店あまりの酒販店を通して流通させてきた組織の特別なイベントです。

天寿酒造「立春朝しぼり」は、2月4日未明からしぼられました。見た目も美しくマスカットのようなフルーティな香りが槽場に漂ってます。

Img_7130

槽場からビン詰め工程まで長いホースで送ります。

Img_7106

外観検査をし、ラベルが貼られます。

Img_7094

6:30 本部の岡永の臼蔵様はじめ加盟店様が入蔵します。

7:00 開会式を執り行いまして弊社社長から清々しい朝にお集まりいただき、皆さまと共に節目の祝い酒をお客様にお届けできます喜びを分かちあい、このイベントを盛り上げていきたい。とのごあいさつ申しあげました。

Img_7167

   日本名門酒会の本部が置かれております(株)岡永の臼倉様からも多くの方にご指示いただいていることに感謝もうしあげ、恒例の(株)岡永の代表であります飯田様からのメッセージを代読いただきました。『20年目を迎えた立春朝しぼりは、1620店舗様が同じ時間にしぼりたてのフレッシュなお酒をお客様に届けるという同じ目的で参加いただいております。これはひとえにお客様一人一人に丁寧な対応し得られた信用の賜物と思います。待っているお客様の為にも事故の無いようお願い致します。』

Img_7170

 酒質の説明として杜氏から天寿酒米研究会の契約栽培米の美山錦を100%使用し醸しあげました。アルコール分15.3 酸度 1.5 アミノ酸度 0.9 日本酒度 +0.8 精米歩合50% 使用酵母 ND-4 となっております。なるべくお客様目線での感想をお伝えしようと思います。香りはマスカットのような爽やかさがあります。しぼりたてをすぐにビンに詰めたので多少の炭酸を感じます。全体的にはきれいな酒にできたと思います。

Img_7178

と各人からのあいさつがありました。

このあとラベル貼りの作業の注意点などを説明させていただき、作業に入りました。

Img_7217

Img_7221


Img_7234

作業が終了し、女子職員が用意した味付けご飯とカモ鍋で朝食タイム

Img_7256

Img_7260

8:40 鳥海山大物忌神社の宮司さんによる祈祷です。

Img_7267


Img_7274


滞りなく神事が済み、それぞれの酒販売店さまが荷物を積み込み出発です。

Img_7330

社長が心を込めてお見送りしました。
Img_7344

ご予約いただきました皆さまありがとうございます。

今夜は、立春の日を天寿の「立春朝しぼり」と共に祝ってください。

皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

Img_7251

| | コメント (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »