« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

『今だけ屋』の超レア商品のご案内

東京では3月21日開花宣言がなされましたが、秋田はまだまだ底冷えする日が続いております。

3月23日は、ちらちらと雪が舞っておりました。桜の季節はほど遠く感じるこのごろですが、楽しみはとっておくことにします。

さて、今季の酒造りも終盤にさしかかっております。しぼりたての生酒はフレッシュさがあっておいしいのですが、-5℃で1年間熟成させた生原酒が出荷の時をむかえました。

今だけ屋

Imadakeya_sp41

◆純米大吟醸 無濾過生原酒1年熟成

100本限定 1800ml  3,000円
23本限定  720ml   1,500円(残り8本のみとなりました!)

契約栽培の美山錦と酒こまちで醸した純米大吟醸無濾過生原酒を-5度貯蔵で約1年間熟成させました。-5度熟成の生原酒はその独特のやわらかさで味わい深く、新酒との比較がとても楽しいお酒です。

原料米:契約栽培酒造好適米 美山錦・酒こまち

精米歩合50%

アルコール 17度

日本酒度±0

酸度 1.5

アミノ酸度 1.1

製造年 平成 27年

使用酵母  ND-4

~~~~~~~~~~

◆純米吟醸 無濾過生原酒1年熟成

100本限定 1800ml  2,700円
100本限定 720ml    1,350円

契約栽培の酒こまちで醸したアルコール分15度の純米吟醸無濾過生原酒を、-5度貯蔵で約1年間熟成させました。厚みがありながらも生熟成らしいやわらかくスムースな味わいです。

原料米:契約栽培酒造好適米 酒こまち

精米歩合55%

アルコール  15度

日本酒度 +1

酸度 1.7

アミノ酸度 1.0

製造年 平成 27年

使用酵母  自社保存株

~~~~~~~~~~

いずれも出荷日は、3/28、4/11、4/25 となっております。

お申込みは、3日前で締め切りとなります。

※ラベルデザインにはこだわらず中身重視の企画ですので、ご贈答品やプレゼントとしてお考えの方は御了承下さい。

Img_7986

 2017.2.28撮影 鳥海山

| | コメント (1)

雪室氷点熟成純米生酒、予約受付中です。

2月11日の蔵開放イベントでしぼりたての純米生酒をタンクまるごと雪の中に封印し、雪室で氷点熟成を行いました。

雪に囲まれたタンクは、氷温(±0度)でじっくり熟成されることにより、とろりとした丸みのある風味になります。

Img_7490

4月22日に開封式(10:00~)を行い、その日の夜には解禁パーティなどがございます。

ご都合のつかない方、遠方にお住まいの方には予約販売を受け付けております。

とろりとした生酒にはめったに出会えません。この機会に是非ご賞味ください。

雪室氷点熟成純米生酒

720ml 2,500円(税別)送料込

720ml 2本入り 3,500円(税別)送料込

Yukimuro_2


Yukimuro2_2



4月22日の開封式にご参加いただいた方はご自分でビン詰めできる企画もございます。

また解禁パーティー会場は下記4ヶ所とおばこ号宴会列車です。

前売りチケット制となっており、好評発売中ですので売り切れの際はご容赦願います。

時間は、18:00~20:00

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ホテル まさか

会費 4,000円 定員80名

由利本荘市鳥海町猿倉字湯ノ沢52 

TEL 0184-58-2188

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

酒讃家(しゅさんか)

会費 5,400円 定員15名

秋田市三王一丁目6-7 淀ビル1F

TEL 018-811-2972

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

たつみ寛洋ホテル

会費 4,000円  定員50名

にかほ市象潟町後田116-5

TEL 0184-32-5555

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

寿司竹

会費 5,000円  定員 20名

由利本荘市表尾崎町6-10

TEL 0184-22-0753

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

おばこ号 宴会列車

会費 3,900円 定員 36名

羽後本荘駅発 17:55 往復

TEL 0184-56-2736

/////////////////////////

お申込みはご希望の会場または天寿酒造までご連絡下さい。

天寿酒造株式会社
   
■所在地   〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地 
   
■連絡先   電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167
   
■ホームページ   http://www.tenju.co.jp
   
■Eメール   info@tenju.co.jp

| | コメント (0)

「由利本荘ひな街道」始まりました

3月11日から20日まで開催される「由利本荘ひな街道」イベントに天寿酒造も参加しております。

築190余年の本宅に飾られるお雛様は、明治初期の古今雛です。

お内裏さまの美しい顔立ちや、古い人形台から察するにお内裏様の次に古いと思われる五人囃子、繊細で美しい雛道具の数々何度見ても飽きないと毎年来て下さるお客様もいらっしゃいます。

お内裏様が入っている箱書きには、明治2年2月吉日と記されています。148年もの間大切に保存し、ひな祭りのたびに飾られてきたものです。

Img_9157

お雛様の後ろに立ててあるのは、真牛という金嶺山龍源寺(地元の寺)の17代住職を務め、草書の三大傑人と犬養木堂により褒め称えられた人物です。

書は、白居易(白楽天)の漢詩です。

玄関に入ると現代雛と昔の一升徳利や火ばちが飾られております。

一升徳利は、これに一升入るとは思えないと驚かれるお客様が多くいらっしゃいます。
Img_9164

玄関の左手には立ち雛を飾ってます。

Img_9163


この「由利本荘ひな街道」を記念して、特別限定酒も常設試飲場にて販売しております。

2012_0315_165907dscn0497


この機会に常設試飲場へ是非お立ち寄りくださいませ。

| | コメント (0)

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017受賞のご報告

ワイングラスで日本酒を飲むという新しいスタイルを提案し、発見したのは「香り」と「見る楽しさ」でした。

ワイングラスで飲むことで、口に注がれる前に鼻を包みこみますので香りを一層感じやすくなりました。また、おちょこでは感じづらかった見た目の美しさも淡いグリーンから黄金色、はたまた輝く透明さなど見ても楽しめる日本酒に気付かせてくれました。

その美しい日本酒を「世代」を越え若年世代にも親しんでもらおうと啓蒙活動を行い、「業態」の間でも壁をなくし和食以外でも相性のいい料理があることの発見を広め、「国」の境界を超えて日本酒を世界へ広げることを目指すというコンセプトのもと開催されている、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017は、7年目となりました。

審査員のお一人大久保様感想を一部掲載させて頂きます。

『ワイングラスはカメラのフォーカス機能のように、それぞれのお酒の個性を際立たせます。

 

お猪口で飲む時は鼻とお酒の距離が近いので、ダイレクトに香りを感じることが出来ますが、繊細な芳香はすぐに揮発してしまいがちです。ワイングラスの場合、香りをグラスの中でためこみ、落ち着かせて、隠れていた繊細で複雑な香りも感じることが出来ます。同時に欠点があった場合はそれが増幅されてしまいますので注意が必要です。

 

その他、いくつかの日本酒はワイングラスでは一度に口に含む流量が多すぎると感じるものや、アルコールの揮発感、グラスに残る麹や乳酸の香りが気になるものもあり、酒蔵の方がどの酒器をゴールとして酒質を設計しているのか等、ワイングラスで飲む際の細かいポイントを再考するよい機会になりました。

 

入賞した日本酒はどれもワイングラスでで飲むことで個性を引き出し、バランスを崩すことなくより魅力的になる日本酒です。』

242蔵元から過去最高の673点のエントリーがあり、このような審査を通過したのは、最高金賞34点、金賞160点でした。

天寿酒造では、大変ありがたいことに下記4点が最高金賞金賞を受賞という誉に授かりました。

メイン部門とは、1.8L 2600円 または720ml 1300円(税別)以下で中容量の商品があるもの

【メイン部門】初槽純吟生酒 最高金賞

2014720ml

 

【メイン部門】純米酒天寿   金賞

L45_2

大吟醸部門とは純米大吟醸を含む部門で、中容量商品をラインナップしているもの

【大吟醸部門】純米大吟醸鳥海山 最高金賞

20157202mover

 

【大吟醸部門】大吟醸鳥海      金賞

2013720

あえて商品説明はいたしません。

受賞酒の香りと見た目の美しさを手にとって、お試しいただけましたら大変うれしく存じます。

今後ますます精進いたしますことを誓います。

 

ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »