« 無事「皆造」を迎えました | トップページ | 「落語と天寿を楽しむ会」チケット販売中! »

山菜の美味しい季節

山笑う季節になり、採れる山菜の種類も多くなってきました。メジャーな山菜は、「タラの芽」ではないでしょうか。

今年も天ぷら、から揚げ、ゴマ味噌和えとおいしくいただきました。

地元の人たちは、こんな具合に少し開いたのを好みます。これを天ぷらにすると葉の方が、サクサクとこぼれる様な食感になり茎の部分はほんのりと甘く、一つの食材で二つの食感と味を楽しめるからです。

Photo

もう一品はゴマ和え

ほろ苦さが身体にしみて、冬の間寒さの為に内へ内へと引き込んでいたエネルギーを春の陽気とともに身体の外に出そうとしますが、それを排出しやすく補助してくれるのが山菜の苦みなのです。

Photo_2


そして、この山菜料理に合うお酒は、

霞純米生酒

1,800ml  2,300円(税別)

霞の名の通り春の霞を思わせる、うすにごりのお酒です。
昨年から新たに使用している協会酵母「KT901号」で醸した、爽やかな酸味とアルコール14度の軽快な旨味が特徴の初春を思わせるお酒です。

Photo_3

地元の食材と地酒のコラボは最強ですよ。

お試しくださいませ。

|

« 無事「皆造」を迎えました | トップページ | 「落語と天寿を楽しむ会」チケット販売中! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無事「皆造」を迎えました | トップページ | 「落語と天寿を楽しむ会」チケット販売中! »