« 2017年8月 | トップページ

「ひやおろし」好評発売中です

ひやおろしは、厳冬期に仕込んだお酒を一度火入れして貯蔵します。

一定の温度を保つ蔵で暑い夏を越すことにより、まろやかに熟成され穏やかで落ち着いた香りとなめらかな口当たりになります。

蔵内のお酒の温度と外気温が同じくなる頃に、出荷される秋が旬のお酒です。

秋には旨みののった食材が豊富にあります。その食材とも相性抜群のお酒です。

ひやおろし---名前の由来は、通常のお酒は貯蔵タンクから出す際に再度火入れをしますがひやおろしは、2度目の火入れをせずに貯蔵タンクからひやのままおろすので、「ひやおろし」とよばれるようになりました。

天寿のひやおろし 9月1日から発売中です。

旨みののった「ひやおろし」を是非、ご賞味ください。

720ml 1,350円(税別)

1800ml 2,700円(税別)

720

秋の食材を代表するものは、やはり秋刀魚(さんま)ではないでしょうか。

こんがり焼けた皮は香ばしく、身は締まって旨みがギュギュっとつまってますよね。

大根おろしにお醤油をたらし、秋刀魚の上にあげて身をほぐして食べる瞬間!

たまりませんね~

天寿のひやおろしをちびりと口に含むを秋の風が口の中を駆け巡るようです。

Dscn2477

| | コメント (0)

矢島八朔祭りが賑やかでした

9月9日~10日は、矢島八朔祭りがあり天寿のある町なかはとても賑やかでした。

9日の宵宮では、町の高台に鎮座する神明社の祭神の稲をつかさどる倉稲魂(うかのみたま)に豊穣を願い人々の安全を祈願する祭式が行われます。ご神体がお神輿にうつされ、高台から町中の弁財天を祭る宇賀神社へおくだりし神宿となります。翌10日正午、神宿を起ち町を巡行し再び神明社へ着座します。

八朔とは一日のことでかつては八月の一日に行われていたので八朔祭りと呼ばれております。

お神輿の巡行がある町内の家々では神様をお迎えするため、通りに面した座敷にお神酒と海の物と山の物、そして季節の果物などを段飾りにお供えしおもてなしします。

こちらは天寿本宅のお供え物です。

Img_0066


10日の神輿巡行とは別に6丁から趣向をこらした山車と踊りが披露されます。

天寿酒造の前では6丁の山車が止まり、踊りを披露してくれます。

Img_0393

Img_0249

踊り終わると、天寿のお酒がふるまわれます。

Img_0258

Img_0267

Img_0316


本日用意したお酒、気温がたかかったのでキンキンに冷やしてます。

Img_0069

古酒大吟醸720ml

純米大吟醸「天寿

「純米吟醸ひやおろし」720ml

純米大吟醸「鳥海山」

などなど、いろんなお酒を飲んでいただきました。

楽しい祭りを堪能させていただきました。関係者の皆様御苦労さまでした。

そして、ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ