« 第18回 天寿を楽しむ会 参加者募集中! | トップページ | 楽しむ会ご報告 »

百八十八回目の酒造り

前社長の六代目が古文書研究会で本家文書「本末親類帳」を読み解いたところ、文政十三年分家し、矢島藩御用達の酒屋だった本家で学んだ技で濁酒と麹の製造を生業にした。とあり、今までは清酒免許を取得した明治七年を創業としてきましたが、文政十三年(1830)創業であることが判明し、今年で188回目の酒造りとなります。

今年は窯場を大規模改修し、新品の大型の甑(蒸し釜)が備え付けられ、窯場はステンレスの釜へと生まれ変わりました。

窯場を右から順に撮影してみました。

Img_4284


Img_4285


Img_4286


新しい釜

Img_4354

煮沸消毒に使われており、酒造りの道具が入ってます。
Img_4351

大型の甑(こしき)

社長も作業の様子を見守ってます。

Img_4291_2

2台の甑から上がる湯気はすさまじく、大型の換気扇3台がフル稼働してます。

Img_4289

今までは甑の中に入って、すくい上げていた蒸米は大型の網のまま持ち上げられ蒸米放冷機へ一気に移されます。

Img_4297


Img_4341


Img_4345


蒸米放冷機から出てきた蒸米は、酒母へとなるため酒母室へと運ばれます。

Img_4312

酒母室で受け取った二人は息を合わせ
Img_4318

酒母タンクへ投入します。
Img_4329

こうして蔵内は一気に活気を取り戻し、平成29年度産米での酒造りが始まりました。

新しい窯場で心新たに、酒米農家さんから引き継いだ米を美味しい天寿のお酒に仕上げるべく酒造りに邁進いたします。今季のお酒も皆様を笑顔にできるよう頑張りますので応援のほどよろしくお願い致します。

|

« 第18回 天寿を楽しむ会 参加者募集中! | トップページ | 楽しむ会ご報告 »

造り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第18回 天寿を楽しむ会 参加者募集中! | トップページ | 楽しむ会ご報告 »