« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

第15回落語と天寿を楽しむ会 ご報告

5月26日(土) 五月晴れの中、満員御礼で落語と天寿を楽しむ会が開催されました。

昨年から14:00~の開演で、社長がお越しいただきましたお客様へと名人芸を披露してくださる三遊亭鳳楽師匠へのお礼の言葉を述べたあと、早々に落語に入りました。

第一話 湯屋番 道楽の末、勘当中の若だんな、居候の身でありながら仕事もせずにゴロゴロしているのを見かねた主人が湯屋へ奉公を勧めると乗り気で行ったはいいが、木くず集めはしないという、湯屋の主人が昼飯に行く間番台に上がったが、女湯はガラガラで男湯には客がたくさんいて暇になった若旦那。空想を膨らまし、芸者といい仲になるまでの一人芝居があり、ここでお客さんは大爆笑!

若旦那のずうずうしさや女好きの人相、また湯屋の客の雰囲気など鳳楽師匠ならではの世界観があり、師匠を見てはいるのですが聞く側の想像も膨らみました。

Img_0321

第二話 芝 有名な人情噺ですが、情のこもった部分では涙もこぼれるという鳳楽師匠のなりきる姿には聞く側にもググっとくるものがありました。何かホッとするいい話を聞いたような心が満足する噺でした。お客様も満足したお顔で会場を出られ、宴会会場へと移動いたしました。

Img_0353

鳳楽師匠と天寿を楽しむ会」

いよいよ宴会です。㈱山脇組・代表取締役社長であります山脇完様の乾杯のご発声で宴の始まりです。

Img_0380

乾杯酒は、純米吟醸スパークリング鳥海山

Img_0411

平成29酒造年度全国新酒鑑評会にて金賞を受賞しましたので、受賞酒で再度乾杯をすることになり、鳳楽師匠が乾杯の音頭をとってくださいました。

Img_0395

/

Img_0402_2

地元の旬の食材を使った折り詰めをつまみながらの宴会です。

Img_0389

~~ テーブル酒 ~~

・霞純米生酒

・純米吟醸生酒「天寿}

・純米酒「天寿」

~~ 飲み比べ酒 ~~

・純米大吟醸「天寿」

・大吟醸「天寿」

   2017年度  インターナショナル・ワイン・チャレンジ 銅賞受賞

・純米大吟醸「鳥海山」

   2017年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銀賞受賞

   2017年度 ”ワイングラスでおいしい”日本酒アワード 最高金賞受賞

   2017年度 全米日本酒鑑評会 銀賞受賞

   2017年度 蔵マスターコンクール 金賞受賞

・生酛純米大吟醸影鳥海山

・鳥海山 爽快辛口

お燗酒

・影鳥海山生酛純米酒

   2017年度 インターナショナル・サケ・チャレンジ 銅賞受賞

   2017年度 全国燗酒コンテスト 金賞受賞

・純米酒「天寿」

2018_2

鳳楽師匠はお客様のテーブルに足を運んでの語らい

Img_0454_2

社長もいい笑顔

Img_0491

飲み比べコーナーでは「これ!おいしい!」のびっくり笑顔も

Img_0449

抽選会で当たった方のほっこり笑顔

Img_0520

Img_0478

Img_0464

楽しむ会を満喫していただき中締めの時間となり、音頭をとっていただくのは㈱秋田県酒類卸本店営業部・第一営業統括課長の鈴木則様

Img_0546

元気いっぱいの中締めで、天寿をこれからも応援してくださるとのうれしいお言葉を頂戴いたしました。

皆様本当にありがとうございました。

 

| | コメント (0)

平成29酒造年度全国新酒鑑評会 金賞受賞のご報告

facebookで先にご報告いたしましたが、改めて詳細のご報告をさせていただきます。
 
平成29酒造年度全国新酒鑑評会とは、平成29酒造年度に製造された清酒を全国的に調査研究することにより、製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、もって清酒の品質及び製造技術の向上に資するとともに、国民の清酒に対する認識を高めることを目的としています。
 現在、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会であり、製造技術と品質の向上に果たす役割は極めて大きいものがあると考えています。(独立法人 酒類総合研究所HPより
-
29年度製造出品点数:850点
 
審査結果
          入賞酒:421点(成績が優秀と認められた出品酒です。)
          金賞酒:232点(入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒です。)
 
このような規定のある中、天寿の酒が金賞を受賞いたしました。
これもひとえに、天寿をご愛顧してくださる皆様の声にお応えすべく努力を積み重ねた結果と感じております。賞にはじないようこれからも益々精進いたしますので変わらぬご愛顧お願いいたします。
Dscn8888
-
本日は祝いの宴となります。
それにぴったりなお酒
 
大吟醸「鳥海」
正統・秋田流ともいえる低温長期仕込みによって
醸された大吟醸。丁寧な自社精米・壜火入れ・冷蔵壜貯蔵など最善の品質管理を施し、華やかな香りと豊麗な味わいの大吟醸「鳥海」が誕生しました。蔵人の確かな技と限りない情熱が育て上げた「天寿」ならではの逸品です。
2013720  
 

| | コメント (0)

5月15日発売!「純米吟醸生酒 天寿」

地元農家でつくる天寿酒米研究会が丹精込めて作った米を使用し、東京農大の「なでしこ酵母」で醸しあげた清らかで華やかな香りと、心安らぐ味わいの「純米吟醸生酒 天寿」が5月15日発売です!
/
「純米吟醸生酒 天寿」(季節限定品)
/
この季節におすすめの生酒です。ぜひご賞味ください。
/
P2015720
天寿の町では稲作作業が本番を迎え、田堀り(たほり)といわれる作業からはじまります。この作業は、雪の下で眠っていた田んぼの土を掘り起こり昨年の切り株をすき込むことと土の中に空気を入れて有機物を分解する微生物や小動物が働きやすい環境を整えることです。
/
昨年の切り株が残ったままの田堀り前
Img_0281
/
耕起し(田堀り後)水を入れ始めたところ
Img_0273
 
 
これが終わると代掻き(しろかき)という作業があります。苗を植える前に田圃の土を水と混ぜて柔らかくし、デコボコを無くします。
Img_0275
水と土が分離し下の土が固くなるまで1日~7日ほど置くといよいよ田植えとなります。
今の時期は、この3種類の作業が一度にみれますが農家にとってはとても忙しい日々となっております。
Img_0279
今年もおいしいお米ができますように(祈)

| | コメント (0)

第15回落語と天寿を楽しむ会チケット発売中!

毎年恒例となりました落語と天寿を楽しむ会の参加者募集中です。
今年も天寿の蔵に三遊亭鳳楽師匠をお迎えし、たっぷりと2時間の独演会が楽しめます。
鳳楽師匠の落語はまったりと落ち着いており、せちがない現代から江戸時代にタイムスリップしかたのような空気感を感じさせる語り口が特徴です。
完成度が高くひきつけられるので、どっぷりと落語の世界に浸ることができます。
笑って笑って落語で心を充填したら、鳳楽師匠と一緒に天寿のお酒で喉をうるおし旬の山菜などでお腹を満たしていただきます
 
平成30年5月26日(土)
会場 天寿酒造株式会社
 
午後 2時~落語
午後 4:20~鳳楽師匠と天寿を楽しむ会
午後 6時中締め
会費 5000円(税込)
※先着100名限定、定員になり次第締め切らせていただきます。
※当日参加はできませんので、あらかじめチケットをお買い求めください。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
お申込み・お問い合わせは天寿酒造株式会社 まで
   
■所在地   〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地 
   
■連絡先   電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167
   
■ホームページ   http://www.tenju.co.jp
   
■Eメール   info@tenju.co.jp
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
 
昨年の様子をご紹介いたします。
 
熱演中の鳳楽師匠
Img_3565
お土産コーナーでは鳳楽師匠のグッズや天寿のお酒の販売
Img_3644
 
鳳楽師匠を囲んでの宴
Img_3668
飲み比べコーナーもあります
Img_3735
皆様のご参加お待ち申し上げますheart04
 

| | コメント (0)

4月25日に皆造を迎えました。

昨年の11月から始まった今季の酒造りは、最終工程を終え計画されたすべての酒造りが終了する皆造を迎えました。
 
このタンクは最終の醪が入ってます。
 
3
上から覗くと出来上がった醪がフルーティーな香りを放ってます。
2
 
圧搾機に流されてしぼられます。
1
生まれたてのお酒が流れてきました。
4
振り返れば酒造り期間中は、様々なイベントが開催されました。
 
・第18回天寿を楽しむ会--地元の方のみならず、県外からもお越しいただき継続は力なりを実感する回となりました。
 
・2月4日の立春朝しぼり---参加いただく酒販店様が増えて立春の朝は天寿の蔵は活気づいておりました。
 
・2月10日 天寿酒蔵開放---予想以上のお客様をお迎えし大変な混雑でお迷惑おかけいたしましたが、多くのお客様のおいしい笑顔を拝見でき更に酒造りへの情熱が湧く日となりました。
 
・4月21日 室氷点熟成純米生酒開封式---開封式にお越しいただき綱を引いていただいたお客様や解禁パーティで室氷点熟成純米生酒に舌鼓をうったりと天寿のお酒があちこちで味わっていただいた日となりました。
 
このように酒造り期間でないと体験していただけないイベントが開催されました。社長が常日頃言ってます「おらほの酒」(自分たちの地域の酒または、自分のお気に入りの酒)と思っていただきたいという気持ちがこれらのイベントに結びついてます。
今回は参加を見送ったというお客様は、お気軽に参加し天寿を身近に感じていただきたいと存じます。
 

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »