由利本荘ひな街道

え”~~今頃お雛様!?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、矢島は4月3日にお雛様をしていたのです。子供頃に聞いた記憶では、3月はまだ寒いからだとか・・・大事な娘を寒いお座敷でお祝いするのが可愛そうということだったのでしょうかね。

何はともあれ、『矢島地域のおひなさま』 と題して2/24~5/6まで、矢島郷土文化保存伝承施設で矢島の城下や旧家に伝わる、古い雛人形展が開かれております。

Dscn4799 藤田家(矢島町羽坂)の享保雛です。江戸時代の享保年間(1716~1736)に流行した雛人形。
男雛の冠が金色で女雛・男雛ともに装飾が金・錦を用いたのが特徴で、この頃は段飾りではなく、毛氈を敷き雛人形の前にお供えのごちそうなどを並べたため比較的大きく作られてましたが、だんだんと大きく豪華になり、「奢侈(しゃし)禁止令」(贅沢禁止)が幕府から出るほど一般町人の間まで浸透し商業化された。とされております。

Dscn4802 須貝家(矢島町田中町)の古今雛です。

江戸時代の明和年間(1764~72)頃。、「古今雛」の名称は、古式の雛と現今の雛の要素を折衷させて作ったことでこの名で呼ばれています。この頃から段飾りをするようになり、現代の雛人形もこの系統を継いでいます。

Dscn4803 熊谷家(大川原)の古今雛です。

昭和30年に栄町大火があり、熊谷家も被災し残ったのが男雛と女雛、五人囃子だけとなったようです。

Dscn4804 冨田家(豊町)の古今雛です。

すべて揃っていて、見るも豪華なお雛様です。

*

Dscn4805 佐藤家(新ラ町)の芥子(けし)雛です。

「奢侈禁止令」(贅沢禁止令)に反動し極小の雛人形が作られるようになり、芥子粒ほどの大きさ(約3cm)であることから、この名がつけられたそうです。

*

花より団子の私は、こういうのが目に付いてしまいました。

  ↓ ↓     ↓  ↓     

Dscn4796 Dscn4823

矢島町で明治38年創業原田栄泉堂さん(矢島町城内八森)が作った現代の雛菓子です。

左が男雛と女雛の菓子です。可愛くって食べられない。

右は矢島名産の虎の子まんじゅうを小さくしたのや、色とりどりに一口大に作られていて見ていて楽しくなりますね☆

昭和30年代後半までは、赤いいらこ付き丸餅(白い大福状の丸餅の上に、赤く染めて細かくした餅米(いらこ)を丸くのせて日の丸状にしてお雛様にお供えしたそうです。

今日はいいものを拝見できて幸せだな~~

Dscn4824 ということで、天寿:壱花蔵!!ふんわりとした優しい香りで夢ごこちへ誘います。

そして、口に含むとさっぱりした感覚の味で、酸味が利いた旨みがおししいのです。

地元の歴史ある雛人形をみて、地元の歴史ある蔵元のお酒をいただいて、矢島を満喫しております。ありがたいことです。 

ヾ(☆▽☆)

にほんブログ村 酒ブログへ ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。ワンポチいただくとランキングがご覧になれます。現在20番代~10番代をいったりきたりです。あなたのワンポチが1番あげます。(^^)↓m よろしくです。

| | コメント (3)

ご要望にお答えして『鳥海の雫』720ml

『鳥海の雫』は、今まで1.8Lしか販売しておりませんでしたが、ご要望が多いので720mlを6月5日より販売しております。(¥5250)

720ml 100本限定ですので、ご注文いただいた先着順での販売になります。

なぜ、人気が高いのかというと、金賞受賞した出品酒と同等の造り。つまり、同じレベルのお酒です。繊細で柔らかく、絹の咽越し、香りはお米と米麹とのバランスが絶妙!

技と手間暇かけて作られていて、上品に繊細に感じさせるからではないでしょうか?

お料理と一緒というのではなく、私は食後酒として楽しみたいお酒です。

チビリ・チビリと、城下町である矢島の歴史を紐解きながら、太古の昔に思いを巡らせ呑むというのはいかがでしょうか?

天寿酒造仕込み年と同じくらいの年月が経っている武家住宅をご紹介です。

続きを読む "ご要望にお答えして『鳥海の雫』720ml"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

落語と天寿を楽しむ会の報告(その3)

今回は、天寿色々とお料理の報告です。

P1010060 ←鳳楽師匠を囲んでの1コマ。手作り料理がた~~くさん(美味しそう)

Dscn1235 Dscn1238 中央が、豚の紅茶煮サラダ 紅茶の香りがするお肉がさっぱりしていておいしいので、純米大吟醸をちびり (にんまり)

右が、鶏肉の唐揚げ甘酢あんかけ 酸味の利いた鶏肉と日本酒の相性バツグン (お猪口でグビッ)

この他にも、お味噌汁を出すところの裏舞台をパチリ★

Dscn1242 100人分なので、スタッフも大忙し!

だけど、いつも笑顔で接してくれ、ホテルの従業員並の接待には、社長の人づくりの信念が浸透してます (=^_^=)

次は、いよいよ天寿色々です。

続きを読む "落語と天寿を楽しむ会の報告(その3)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

落語と天寿を楽しむ会の報告(その2)

今回は、落語のお話を・・・

(この写真は、天寿酒造の柴田さんが撮影したものです。撮影禁止だったので、イメージ写真としてお借りしました)

Photo なんと、落語を楽しむ時間は2時間も設けてあって、鳳楽師匠の完成された落語を堪能することができました。

初めの噺は、『味噌蔵』で、ケチな味噌蔵の主人がいない間に使用人たちが、どんちゃん騒ぎをする様子でした。

さすが師匠!酔い姿が一瞬のうちに作り出され、話の中に吸い込まれていくように聞き入っておりました。会場は、笑い声が酒蔵いっぱいにに響き、あっという間のひと時でした。

2番目の噺は、『唐茄子屋』という、大きな商屋の息子が親から勘当され、遊ぶ金を使い果たし行くあてがなく身投げをしようとしていた処を叔父に助けられ、その叔父から生きて行くすべを教わるという人情ものでした。

初めて商いに行く甥の姿を見送る叔父さんが、見えなくなるまで見送るというシーンで、叔父を師匠が演じたのですが、師匠の目線や表情から、見送られた甥の姿がこっちでも見えてくるような、噺ぶりは、さすが!でした。ここは、ほろりとさせられた場面です。 (;_;)

身投げを止められ、引っ張り倒れるシーンは、扇子を使って『バシッ!』と、大迫力 w(°o°)w 

落語って、音響!?も重要なんだなぁ~と感心。

目と耳の世界で、心いっぱいに落語に浸れた時間を作ってくださった『天寿』さんに感謝です。

次の写真は、師匠と社長です。

続きを読む "落語と天寿を楽しむ会の報告(その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語と天寿を楽しむ会の報告(その1)

楽しかったぁ~ 楽しい時間は、アッという間に過ぎるものですが、時間の経つのがこれほど早いと感じたのは、久々でした。 (◎_◎)

蔵見学から始まって、落語で笑い、鳳楽師匠との一献でした。

まずは、蔵見学の様子をご報告です。

Dscn1205 第一号蔵です。(案内してくれたのは、杜氏さんです)

ここには、古酒と呼ばれるものが静かに寝ているそうです。温度管理の関係上、中を覗くことはできませんでしたが、荘厳な面持ちの蔵は歴史を感じさせられ、この蔵から出されるお酒を今度飲んでみようと思いました。

Dscn1221 でっかい、精米機!!

昭和40年代のもので、『この精米機が一番いい」と、おっしゃってました。

何がいいのかと言うと、米が壊れないように丁寧に削ってくれる仕組みになっている。現代の精米機はというと、時間を削減することだけを考えて作られているので、お米がきれにに削れないと評してました。

ふむふむ、なるほど、お米一粒。一粒。から、お酒ができているので、丁寧な仕事をしているのだなぁ~と、感動!!!

途中工程は、仕込みがすでに終了しているので、省略です(^^;)

Dscn1216 仕込まれて、熟成されるタンクです。(下から覗きました)

ひとつのタンクで25日間、蔵人と杜氏が交代で24時間温度や熟成具合をたしかめる場所です。少しでも温度が上がり過ぎた場合は、腹巻のようになっている部分に水が入るようになっていて、冷やされるそうな。。。

酒造りって、本当に大変だなぁ~、とつくづく感じた場所です。

Dscn1218 昔、酒造りに使った道具を展示しておりました。

歴史を刻んできた、道具たちもこんなに大事にされてます。

次回、落語と天寿色々の味をご報告させていただきます。

にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)