呑み切りが行われました

今年造ったお酒全ての品質チェックであります「呑み切り」を行いました。
-
「呑み切り」とは、冬にしぼられたお酒が春から梅雨、そして夏の一番暑い時期を過ごしたタンクの吞み口の封を切り品質検査する作業です。
貯蔵中の酒質の変化、火落ち菌が発生してないか、熟成の進み具合、などきき酒によってチェックします。
 天寿では品質向上のために「吟醸」と付くお酒と生酒は全て冷蔵瓶貯蔵の為、製品毎の全ての瓶貯蔵商品も品質検査を行います。
その他、新規開発・一部改善を図ったもの・ロットの大きい物はそのバッチごとの比較検討も同時に行います。
39814268_2187433254827439_968299148
-
社長も杜氏も緊張する作業になります。
39926352_2187432564827508_257759466
-
県醸造試験場の審査官とて同じこと、酒造りの大変さを知り尽くしているからこそ秋田の酒質を管理する立場での真剣さです。
検査室内は、しーんと静まり返り利き猪口を置く音、チェックシートに記入するペンの音だけ響いてます。
39926971_2187432608160837_197910804
-
2時間近い審査の結果、すべてのお酒において品質に太鼓判をいただきました。
皆様のお手元に届くまで、大切に熟成させおいしいお酒に仕上げます。
平成30年度のお酒も楽しみにお待ちください。
-
今年の酷暑にも微動だにせず品質が安定していることに安堵いたしました。
ということで本日のお酒は、昨年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞したお酒で祝い酒。
-
-
720ml  5,000円(税別)
平成29年全国新酒鑑評会にて栄えある金賞を受賞したお酒です。
兵庫県多可町秋田村産「山田錦」を100%使用し、天寿の蔵人の技術の粋を集めた逸品です。
祝いの席にいかがでしょうか。
-
数に限りがございますので、先着順で品切れ次第終売とさせていただきます。
お早目にどうぞ!
06281303_5b345dfbbc5bd

| | コメント (0)

4月25日に皆造を迎えました。

昨年の11月から始まった今季の酒造りは、最終工程を終え計画されたすべての酒造りが終了する皆造を迎えました。
 
このタンクは最終の醪が入ってます。
 
3
上から覗くと出来上がった醪がフルーティーな香りを放ってます。
2
 
圧搾機に流されてしぼられます。
1
生まれたてのお酒が流れてきました。
4
振り返れば酒造り期間中は、様々なイベントが開催されました。
 
・第18回天寿を楽しむ会--地元の方のみならず、県外からもお越しいただき継続は力なりを実感する回となりました。
 
・2月4日の立春朝しぼり---参加いただく酒販店様が増えて立春の朝は天寿の蔵は活気づいておりました。
 
・2月10日 天寿酒蔵開放---予想以上のお客様をお迎えし大変な混雑でお迷惑おかけいたしましたが、多くのお客様のおいしい笑顔を拝見でき更に酒造りへの情熱が湧く日となりました。
 
・4月21日 室氷点熟成純米生酒開封式---開封式にお越しいただき綱を引いていただいたお客様や解禁パーティで室氷点熟成純米生酒に舌鼓をうったりと天寿のお酒があちこちで味わっていただいた日となりました。
 
このように酒造り期間でないと体験していただけないイベントが開催されました。社長が常日頃言ってます「おらほの酒」(自分たちの地域の酒または、自分のお気に入りの酒)と思っていただきたいという気持ちがこれらのイベントに結びついてます。
今回は参加を見送ったというお客様は、お気軽に参加し天寿を身近に感じていただきたいと存じます。
 

| | コメント (0)

甑(こしき)倒し

4月8日に天寿酒造の甑倒しを迎えました。
-
甑倒しとは、酒造りが始まると毎日のように甑で米を蒸す作業があります。今期の造りの最終の酒米を蒸す作業が終了し、甑を洗浄し立てることです。
故障することもなく、毎日、毎日、熱湯を沸かし大量の米を蒸していた窯、巨大な蒸し器(甑)よく働いてくれました。ありがとう。
-
写真は今期最後の蒸米です。
Fbkosiki
-
 
蒸米を冷却させる機会も洗浄中です。
Img_7850
-
-
 
そして、蒸し米を乗せた台はササラ(竹のハケ)で熱湯をかけて洗浄します。
Img_7851_2
-

Img_7853
-
蔵人の道具への愛情を感じられる作業です。
造りは前工程から終了していきますので、蔵人も少しづつ減っていき蔵内は閑散としてきます。
皆造まであと少しです。蔵人に感謝するとともに造ったお酒は火入れされたり、ビン詰めされたりと次工程に託されます。こちらの作業は従業員に引き継がれます。受け取った従業員は、おいしく造られた酒をおいしいまま、いえもっとおいしくなるように酒にあわせた熟成をさせます。
丁寧な作業の中で生まれたお酒はおいしくなって皆様の元に届けられます。
天寿のお酒を呑むとき、このような作業風景を思い出していただけましたら幸いです。
 
-- お知らせ --
-
今週末4月21日(土)は、雪室氷点熟成 純米生酒の開封式10001200の時間で開催します。
午後からは、天寿の常設試飲場(店舗)でも販売いたします。
この季節では珍しい生酒をご堪能くださいませ。
-
720ml  1,300円(税別)
Yukimuro_2
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
 

| | コメント (0)

新酒の発売予定

紅葉があっという間に終わってしまいました。

11月3日撮影ですが、鳥海山を源にする子吉川の紅葉の絶景ポイントを見つけましたのでご紹介いたします。

ここは、新しい道ができた川辺橋の下流です。人工林が植えられておらず、川からせりあがった小高い山は綾錦をまとい水面に赤や黄色を映しだし揺らぐ紅葉が見れます。

Img_4265

その2週間後・・・

天寿の町は、雪景色になりました。

Img_4773

天寿の向かいにある通称「天寿坂」の桜の木もすっかり葉を落とし、来るべき冬に備えてます。

Img_4768


そして蔵内はといいますと、醪タンクが順次満タンとなってきており、中を覗くと醪が元気に発酵中です。

9日目の醪です。とってもフルーティーな香りがしてます。

Img_4711


ズームすると米が溶けてきているのが分かりますね。

Img_4727_2


そして、7日目の醪は気泡が大きくなっていて発酵が盛んなのが分かります。

Img_4732

12月初めには皆様のお手元にお届けできる予定です。

おいしく仕上がるよう愛情込めて造っております。ぜひ、今期の天寿の新酒をご賞味くださいませ。

新酒、ご予約承り中です。

雪ごよみ(12月7日発売予定)

720ml 1350円(税別)

1800ml 2700円(税別)

201218


初しぼり純米生酒(12月5日発売予定)

720ml 1150円(税別)

1800ml 2300円(税別)

Photo

初槽(はつふね)純吟生酒(12月5日発売予定)

720ml  1400円(税別)

1800ml 2400円(税別)

2014720ml

| | コメント (0)

百八十八回目の酒造り

前社長の六代目が古文書研究会で本家文書「本末親類帳」を読み解いたところ、文政十三年分家し、矢島藩御用達の酒屋だった本家で学んだ技で濁酒と麹の製造を生業にした。とあり、今までは清酒免許を取得した明治七年を創業としてきましたが、文政十三年(1830)創業であることが判明し、今年で188回目の酒造りとなります。

今年は窯場を大規模改修し、新品の大型の甑(蒸し釜)が備え付けられ、窯場はステンレスの釜へと生まれ変わりました。

窯場を右から順に撮影してみました。

Img_4284


Img_4285


Img_4286


新しい釜

Img_4354

煮沸消毒に使われており、酒造りの道具が入ってます。
Img_4351

大型の甑(こしき)

社長も作業の様子を見守ってます。

Img_4291_2

2台の甑から上がる湯気はすさまじく、大型の換気扇3台がフル稼働してます。

Img_4289

今までは甑の中に入って、すくい上げていた蒸米は大型の網のまま持ち上げられ蒸米放冷機へ一気に移されます。

Img_4297


Img_4341


Img_4345


蒸米放冷機から出てきた蒸米は、酒母へとなるため酒母室へと運ばれます。

Img_4312

酒母室で受け取った二人は息を合わせ
Img_4318

酒母タンクへ投入します。
Img_4329

こうして蔵内は一気に活気を取り戻し、平成29年度産米での酒造りが始まりました。

新しい窯場で心新たに、酒米農家さんから引き継いだ米を美味しい天寿のお酒に仕上げるべく酒造りに邁進いたします。今季のお酒も皆様を笑顔にできるよう頑張りますので応援のほどよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

蔵人の朝

酒造りが佳境に入っており、蔵人は朝からきびきびとした動きで蔵内を移動しております。

まずは、醪の櫂入れ。このは、仕込みから16日目です。

櫂を入れ底からかき混ぜると溜まっていた炭酸がシュワシュワと吹き上げてきます。

Img_6843

こちらは、洗米された米です。

Img_6872

大きなネットに入って水が切られております。
Img_6889

それを機械で吊り上げベルトコンベアーに乗せて甑まで送ります。
Img_6895


Img_6873

投入が終わったら、蒸し上りまで別の作業です。
Img_6875

こちらは酒母室担当の仕事。

これは「抱き樽」といわれるものです。麹菌や酵母菌の増殖に勢いを付けるため酒母の温度を上げるための道具です。この中にお湯を入れて酒母タンクに沈め、酒母の温度を上げます。温度が上がりすぎる時は氷水を入れることもあります。

Img_6903

Img_6909


Img_6912

蔵人たち真剣に酒造りに向き合ってます。

社長が、新年の蔵元通信に「吟味して醸す」という自信の思いを書いてましたが、それを実践している蔵内です。

大寒が近づき寒さが厳しくなってきております。

体の中から温めて厳しい寒さを乗り切っていただきたいと存じます。

お燗に最適な天寿のお酒

燗上がり純米酒

1.8L  2,000円(税別)

720ml 1,000円(税別)

2012720

| | コメント (0)

謹賀新年

昨年の御愛顧に感謝申し上げますとともに本年もよろしくお願い致します。

皆さまにおかれましてはどんなお正月を過ごされたでしょうか。

天寿の町は、久々に三が日に雪が降らなくてのんびりとお正月を過ごすことができました。

元日には雨が降るという暖かさだったのですが、5日朝には10cm以上積もってて久々の雪かきでした。この日は日中も降り帰宅時にはマイカーの積雪も10cm以上ありました。

Img_20170105_131347

こうなってくると蔵内の気温も安定し、外気からの空気も澄んでくるので酒造りにはうってつけの環境となります。

こちらは、粕はがし作業です。

もう一滴も絞れないところまでしぼると酒粕は板のようになります。

お店にも並んでいる袋詰めの板粕を見たことがあると思われますが、その原形ですね。

Img_6670

蔵人が専用のヘラできれいにはがします。

こうやって一枚一枚丁寧にはがし作業をして酒造りは最終工程となります。

Img_6674

年初めに最適なお酒

「ワイングラスでおいしい」日本酒アワード2016(WGO)のメイン部門で『金賞』を受賞したお酒初槽(はつふね)純吟生酒

 720ml 1200円(税別)

1800ml 2400円(税別)

新年会で、家飲みとしてフレッシュな味わいが新年を彩ってくれます。

天寿の生酒お楽しみください。

2014720ml_2




| | コメント (0)

天寿蔵は酒造り最盛期

蔵人たちの仕事は、朝一番に自分の担当部署の点検、検査をします。

それが終わるとだいたい9:30~10:00くらいに米が蒸し上り、当日の仕込み作業となります。

Img_6624

この日は、「純米大吟醸鳥海山」をしぼりる日でした。

吟醸蔵の第四号蔵です

Img_6683

サーマルタンクが4基並んでます。
Img_6115

ふつふつと浮いては消える気泡を眺めていると、ふんわりと優しい香りに包まれます。

Img_6118

満杯だった醪タンクは、あともう少しで空になります。

Img_6706

槽場では、しぼられた「純米大吟醸 鳥海山」がシャラシャラを音をたて流れ込んできております。

Img_6707



このほっとする優しい香りと、歴史ある蔵内の佇みに身を置き日本酒の歴史に心をはばたかせてみてはいかがでしょう。

ご予約いただきますと、蔵見学ができます。お越しをお待ちしております。

天寿酒造株式会社
   
■所在地   〒015-0411  秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117番地 
   
■連絡先   電話:0184-55-3165(代表)  FAX:0184-55-3167
   
■ホームページ   http://www.tenju.co.jp
   
■Eメール   info@tenju.co.jp

| | コメント (0)

初仕込が行われました。

前夜は霰が降る音がして朝起きて外を見るのが怖かったのですが、積もってなくて安心しました。

雪が降る前の冷たい雨の季節に入ると酒造りも本番を迎えます。

11月4日は、初仕込の日でした。

蒸し上りを見守る杜氏の背中・・・

Img_5927

いつも背中なので横顔だけちょっと・・・・貫禄が出てきましたね。

Img_5935

新しい設備のバッチ式間接蒸気型蒸米機で蒸されたお米は、完全オーバーホールを行った蒸米放冷機に流されます。

Img_5934

Img_5971

放冷機からでてきた蒸米は、適温に冷まされております。
Img_5943

すぐに初仕込の初掛けとなるタンクへ投入されます。

Img_5950


Img_5952

櫂棒でかき混ぜるとすでに甘酸っぱい香りがしてきます。
いつ見てもこの白さにはうっとりです。美味しそう~
Img_5959

新酒が絞られるまで、元気に発酵してくれることでしょう。

フツフツと元気に発酵している姿をご覧いただけるのもあとわずかです。

天寿の新酒おいしく出来上がります。楽しみにお待ち下さいませ。






| | コメント (0)

活気づく天寿蔵

初蒸しから5日ほど経ち天寿の蔵内はすっかり賑やかになっております。

この日も10時には酒米が蒸し上り、大量の湯気が立ち上って蔵内を包みこんでおりました。

Img_4782

こちらは窯場です、酒造りに使う道具は一切科学洗剤を使用せず熱湯だけで洗いますから、大量のお湯が常に準備されております。
Img_4781

酒米が蒸し上りました。適温に冷まされ、最初に酒母室へ運ばれます。

Img_4799


Img_4802

酒母室で受け取った蔵人は、酒母を培養するためのタンクへ投入します。
Img_4806


Img_4812

次は、麹室へ・・・麹室は蔵人意外入室厳禁なので、できあがった麹で雰囲気を感じていただければと思います。

一粒、ひとつぶが白い菌糸に覆われてふっくら、ふんわりとした麹にできあがってます。

こんな優しい麹の姿を見たら醸し上がるまで幾多の手間はあるのですが、おいしいお酒に出来上がるのは間違いないと自信が持てます。

Img_4798

秋の深まりと共に天寿蔵は酵母菌たちが元気に麹室、醪室で活動し始めます。

酒米農家さんから天寿の蔵に米が山積みになり、「いい米を作ったから、いい酒を作れよ」とバトンを渡されました。

良質の米を活かし、美味しい酒に出来上がるよう今季も精一杯励む所存でございますので天寿酒造へ激励をよろしくお願い致します。

Img_4841

| | コメント (0)

より以前の記事一覧