秋田県子吉川の天然鮎は、香りバツグン

またまた、鳥海山の恵みの記事になります。

秋田県南部には鳥海山の雪解け水を運ぶ一級河川の子吉川があります。

流路延長61kmと一級河川としては、短いとお感じでしょうが、これも鳥海山が海に近い場所に鎮座しているためです。

Dscn00012

子吉川は4本の支流を持ち、鳥海山の麓の鳥海町笹子地区にある笹子川と法体の滝からなる鳥海川が、旧鳥海町で合流し子吉川となります。

そのまま、矢島町を流れ本荘市で、初めに石沢川が合流し、最後に芋川が合流し日本海へと流れつきます。

笹子川と鳥海川の山間部の渓流には、主にイワナ、ヤマメなど生息し、合流し子吉川となった辺からは、鮎、サケ、サクラマスなどの回遊魚が生息しています。

子吉川でも、上流から中流、下流と生態系が変化し、天寿の里、矢島を流れる子吉川には鮎、鮭、サクラマスが生息しております。

特に人気の高いのが、鮎で山間部から流れてくる清水には、たくさんのミネラルが含まれており、川底の石には清流を好む良質な苔が生えます。

その、苔を食べて育つのが鮎です。

子吉川の鮎は、香りがいいと評判なのですから、清流が育んだ森の香りのする苔は、鮎の体内でも森の香りが残るので香りがいい鮎となるのでしょう。

矢島町坂の下橋からの子吉川

2011_0720_131555dscn8996*

7月8日 獲れたてたての子吉川の天然鮎です。

Nmemonoya523


天寿酒造では、蔵元直接企画 『んめものや』

◆子吉川の天然鮎(約200g)

 

◆純米吟醸生酒 300ml 1本

 

◆純米生酒 300ml 1本

セット販売を企画いたしました。

Ayupro
純米吟醸生酒 300ml

東京農大短期大学部醸造学科の中田久保教授が、撫子の花から分離した花酵母と、「天寿酒米研究会」自慢の「美山錦」を100%使用して醸した、香り豊かで芳醇な味わいのお酒です。

純米生酒 300ml

「天寿酒米研究会」契約栽培米の美山錦を100%使用した天寿こだわりの純米生酒です。
新鮮でキレの良い味わいをお楽しみ下さい。

7月7日から発送を開始しております。

子吉川の清流が育んだ鮎は、食通をうならせる香りと風味を兼ね備えています。
釣果に限りがございますので、限定50セットのみの販売となります。

鮎が釣れ次第、お申込み順にお送り致します。

| | コメント (0)

若鮎セット

天寿 『天然若鮎セット』 100セット限定

Ayu_1 子吉川で育った天然の若鮎です。

釣れたその日に発送してくれますから、新鮮さこの上ないのですが、発送日が指定できないのが、玉に瑕・・・

天然なので、香りが良く、身が締まっていて、塩振り焼きや、甘露煮なんかが、うまいですよね。意外とお刺身もいけます。ふぐのようなシコシコした歯ざわりが、なんとも魅力的!☆

Dscn1742 天寿『純米生酒』『清澄辛口:鳥海山』をセットにしてのお届けになります。

『純米生酒』は、心地よい酸味と清々しさがあり、鼻から抜ける精米した時のお米のふわっとした香り(私の好きな香り)のようなものがありました。お米の味とおいしい水のハーモニーですね☆☆☆

『清澄辛口:鳥海山』は前回の記事でご案内してますので、ご参考にしてください。

鳥海山から流れる雪解け水が、Dscn1829 子吉川になります。

子吉川の鮎釣りが、7月1日解禁になりまして、鮎釣りを楽しむ方です。県外ナンバーの車でいらしてました。

何匹釣れたのかな~~♪

にほんブログ村 酒ブログへ←酒ブログ:ランキングに参加しております。ワンポチ応援宜しく御願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)